Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

ギターシンセの意外な使い道

2011-10-04 11:28:40 | 楽器の世界
昨日今日は気持ちのいい日和。

足鍵盤の練習を再開した。

正式名称は、
HAMMOND MIDI PEDAL BOARD XPK-100 。

足鍵盤/フットペダル/ペダル・ボード/
ペダル・シンセサイザー・・・。

呼び名がいろいろあって困る。
足鍵盤でいいだろう、やっぱり。^^

AURASIAでMariが使っていたものだ。

音源には、筐体シンセ音源をつないでこれ専用に
使っていたのだが、この音源ボックスがメチャ重い。
もう製造中止になったそうで、いまでは貴重な物
らしいが。

ハッと思いついたのが、10年以上前に買って最近
使ってない

「ギター・シンセサイザー」

だ。

これの音源側のみを足鍵盤につなぐと、シンプルで
ポータブルなペダル・シンセ・セットが出来上がった。


トーン、音色のチョイスは筐体音源よりは限られるが
これで移動やセッティングがだいぶ簡単になった。

古いものも活用してみるものだ。

ストリングス等、定番の音源パッチに設定して自分なりに
練習再開してみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 黒姫高原の思い出 | トップ | アメリカ人が思い出す「俺の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器の世界」カテゴリの最新記事