Musiker Geist ~音楽家魂~

Makkyのギター教室&音楽魂、ゆるいライフ

JAZZのインプロヴィゼイション(アドリブ)

2016-08-28 16:54:25 | 役立ちギターレッスン(無料)
JAZZでインプロヴィゼイション(即興演奏)を
するというと、曲のコード進行に基づいて
アルペジオとコードスケールで、メロディを
組み立てなければならない。
コードスケール一発ものやフリーJAZZに
なると話は別だが、スタンダードな曲をやるとき
にはコード進行と、アベイラブル・ノートスケール
(使用可能な音階)の知識が必要だ。

で、ここからが本題だが‥

それらをあまり考えず、ショートカットでインプロが
出来るかと言うと、例えばJAZZブルースなら、
マイナーペンタトニック(及びそれに半音を加えた
所謂『ブルース・スケール』)で割と大過なく
ソロを弾くことが出来る。
但し、そればかりだと
(ははあ‥スケールを知らないな)
と、周りにバレる可能性がある諸刃の剣
(笑)。

〈後半に続く〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうやって自分の個性を確立する?

2015-10-10 08:50:04 | 役立ちギターレッスン(無料)
世の中の著明なミュージシャンには、
強力な個性、自我の持ち主が多い。
マンガでいうところの、
「キャラが立ってる」
というやつだ。
際立った才能を持った人物が、強い
個性を持つことはある意味自然な成り行き
なのかもしれない。

僕ら一般人が、音楽を一生の友として
いくとき、ではどう個性を確立したら
良いのだろうか。

世間一般の人間は、たいがいそこまで個性的
には生まれ育ってないのが普通なはず。

だれか1人好きなアーティストを決めて
その人をロール・モデルとしていく
のも一つの方法だが、これは側から見ても
あまり感心・お勧め出来ない。

ノーベル大村教授のお言葉にあるように
人真似をしていては、絶対にオリジナルを
越えられないものだし、自分はその
コピー元と違う可能性を持っているかもしれ
ないのだから。

アメリカのプロレスラーは、プロレスも
またキャラ立ちが勝負な世界だが、
自分のキャラを考えるとき、自分に
影響を与えた3人のレスラーをまず
考え、それらをミックスして、3で割る
→自分のキャラが出来上がる、という
ことをよくやるのだという。

「自分の個性」

と言われても、本人にも他人にもよく
わからないことが多い。

自分をインスパイア(鼓舞)する人物の
中には、何か隠された自分を反映するものが
あるというのは、想像に難くない。

また、影響を受けた対象をあれもこれもに
広げてしまっては、収拾がつかなくなって
しまう。
そこで、
「一番影響を受けた、3人!(或いは3組)」
と絞り込んでいくのは、なかなか賢いやり方
だなと思うが、いかがでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単に弾けてハロウィンっぽい曲

2015-10-03 08:27:04 | 役立ちギターレッスン(無料)
この季節、
「なんか簡単で、ハロウィンっぽい曲ない?」
と探している方もいるでしょう。

(そんな人はいないかもしれませんが、ここは居る
ものと強引に仮定して。)

そんな貴方に、The CranberriesのZombieという曲など。

動画はやや閲覧注意ぎみ


コード進行はずっと、

Em  Cmaj7   G6  D(add9)/F#

のオープン(開放弦あり)コード4つという分かりやすさ。

途中のソロ時もしばらく1弦の開放弦を絡めて、
和音で重厚感を出しています。

ハロウィンのイベントでやるにも良さそう、
派手にモンスター・コスプレを決めたりなんかして。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単でカッコいい今日の1曲

2015-09-28 09:55:27 | 役立ちギターレッスン(無料)
ディズニー映画「カーズ」より、
「Real Gone」
by シェリル・クロウ。



4度重ねのリフ→B / D / A / E のサビが出来れば、もう弾けちゃうという
素晴らしさ。
これもシンプル・イズ・ベストの一例ですね。

今日もあなたの音楽家魂に、火が灯りますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初級者向け。簡単おすすめ曲

2015-09-27 12:44:28 | 役立ちギターレッスン(無料)
ポピュラーやロック、ジャズの曲を、体系的に順序立てて
レッスンしていくのは結構難しい。

ギター初心者の生徒さんには、クラシックの練習曲
も取り入れつつ、ポピュラー系のスタンダードや
映画音楽もレッスンに使っている。

映画音楽のスタンダードなどは時代によって変わる
もので、今の若い子たちが「禁じられた遊び」や
「鉄道員」などむかしの定番曲を知らないのは
仕方のないこと。

彼らの好きなハリーポッターやロード・オブ・ザ・
リングスのシリーズなど、近年の映画音楽を聴くと
なるほど優れた曲も多く、感心させられることも
たびたび。
(ジョン・ウィリアムス作曲強し!)

しかし伝える立場にある者は、継承していくという責任
がある。古くなったからといって昔の良いものを
そうそう捨てて良いというものではない。

生徒たちには食わず嫌いも多いのだから、お客様とは
いえ媚びるばかりでなく、良いものは
尻込みせず積極的に伝えて行きたいものだ。

自分はエンニオ・モリコーネ、モーリス・ジャール。
あとディミトリー・ティオムキン等の映画音楽作曲家
が好きでした。

この曲なんか、わりと好評です。

生徒さんとカノン形式で練習できます。

古い酒もYoutubeという新しい革袋に入れると、蘇ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギタリストの気持ちになって、耳コピー

2015-08-30 15:42:04 | 役立ちギターレッスン(無料)
きょう、体験レッスンで来られた方は
わりとやりたい曲がはっきりしていたので、
携帯プレーヤーをミニ・スピーカーでお好みの
J・ロックを聴きながら一緒にコードのコピーを
した。

(E  G#m  F#m   G#7  C#m ) ×2

F#m    E   F#m     E
F#m   E C#7     A    B

と取ったところで、さてサビだ。

コードの上声部は変化が無いが、
全体のコード・クオリティは変わり続けている。

暫く聴くと、1・2弦の解放弦を鳴らし続け
ながら3・4弦は移動。
その内声部にベースがついて行っている。

つまり、1・2弦ペダル(持続音)有りの

C#m7   A(add9)   G#m7(#5)  Bsus4

という流れ。


もしペダルが無ければ、

C#m   A   G#m7  B

と分かり易いコード進行になる。

ギタリストが作る曲のサビやイントロには、
弾き易くて響きも格好良いものを持ってくる
ことが多い。
開放弦やその他の持続音を使ったコード進行も
そういう効果のひとつ。

コード・ネームなどの理屈が分からなくても、
ギターを弾き慣れていると感覚的に
コピーできたりする。

他ならぬミュージシャン達自身も、
『コード名とかはよく分からないけど、これ
 カッコいいだろ?だから使っているんだよ。』

とか言ったりしてるものです。

ギタリストの気持ちになってみれば、
意外とコピーもし易いかもよ?

という話でした。^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱初級クラス~中級が面白い件

2015-08-27 15:41:57 | 役立ちギターレッスン(無料)
アイリッシュ音楽を聴いたり、セッションに出入り
していると、まあ曲数の数限りなくあることよと
感心、そして気が遠くなってしまう。

しかし何度か通ったり、海外のセッション動画を
チエックしていると、やはり何百曲かの定番
レパートリーがあり、そのうえでセッションでは
何か目新しいものに一部の人がチャレンジしたり
他の人は休んで聴き役に回ったりしていると
気づく。
ジャズで言えば、枯れ葉とかオール・ザ・シングス・
ユー・アー、サテン・ドールやイパネマの娘みたい
なスタンダードを仕込んでないと始まらないような
もので。

若かった頃はそんな定番レパートリーをやらされる
のがいろんな意味で億劫だったのだが、それを
先ずやらないと次には進めない。
それに、いろいろやってみると定番スタンダード
が結局、最高の曲だったと気づいたりする。

要は、習い事は基礎の仕込みをしている時が
一番大事なもので、次々新しいものに気を
取られず、現在やっていることを楽しまないと
損なのだ。

それを楽しめる人は、中~上級に進んだとき
ますます一層の愉しみを得ることが出来る
はず。

初級止まりと言えば、筆者は数年前まで
合気道を習っていたが、曜日がどうしても合わず、
一級を頂いたところまでで現在中断している。

またいつか改めて始められたら、今度は
初段に上がる前の立ち位置をじっくり楽しんで
みたいと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初級者でも弾ける。簡単なJAZZ曲

2013-11-16 14:24:53 | 役立ちギターレッスン(無料)
初級者でも弾けるジャズ・ギターの曲を考えました。

簡単で、コンサートでも使える良い曲というのは意外と少ないもの。
でも探せば見つかります、きっと。

そんな曲のひとつだと思います。
ジャンゴ・ラインハルトの「Tears」。



後半部分で長調に転調するところが良いですね。
ロマン派の作曲家/ギタリストであるターレガの「ラグリマ」
も同じく「涙」という意味のタイトルで、また中盤で短調に転調するという
類似点は偶然にしては面白い。

ひょっとしたらジャンゴ自身が「ラグリマ」から着想を得て
出来た曲なのかも?と想像が膨らみます。

完コピしなくても、まずこの譜面のように単音弾きで十分です。

余裕で弾けるようになったら、ジャンゴのように重音・和音を加えていけば
いいでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージシャンとハンディキャップ

2013-10-30 21:09:20 | 役立ちギターレッスン(無料)
楽器を弾くには、身体が健康であるに越したことはない。

しかしながら、体にどこか故障を抱えながらも楽器奏者を
続けている人も世の中には大勢いることだろう。

わたしも11歳のときナイフで左手の人差し指を半ば切り落とし、
若かったのでほぼ元通りに再生したものの、その指の感覚はやはり
右手の人差し指とは少し違ってやや鈍い。

みんな口にはださないが、何か不具合・不都合を抱えたまま音楽に
身を捧げているひとは沢山いるに違いない。

 電車に乗っていると、自分の前に座っているこの人も
口を開けて寝ているあの人も、きっと

「自分はこれだけは絶対にひとに負けない」

という何かの特技とか自負と、また

「これさえ無ければ…」

という人に言えない苦しみを持っているのだろうなと思ったりする。

欠点は無理に補おうとしないで、それに慣れてしまえば
良いのではないだろうか。
怪我や病気をしたらしたで、そのときだからこそ何か出来ることがあるのだ。

ジャンゴ・ラインハルトが大火傷のハンデを乗り越えて
人差し指・中指だけでフィンガリングしたように。
武道家でも、体格の小ささや隻眼(片目)といったハンデを
乗り越えて名人となった人は数多い。

何かの縁でここを読んで下さっている方は、たぶんギターや楽器に
興味がおありの方だと思う。
そんな人がもし何かのハンデや欠点を自覚していても、本当に
真摯に取り組めばきっとあなたの楽器は相応しい道を教えてくれるだろう。

現代最高の武術家の一人といわれる佐川幸義先生は

「どんなに追いつめられても、ずっと考え続ける。
 そうすれば必ず何か抜け道があるものだ。」

とおっしゃった。
あの佐川先生が実感の無い嘘やでたらめを言う筈があるまい。

私を勇気づけてくれる名言の一つなのだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金言(?)直伝いたし申す。

2013-09-07 00:44:26 | 役立ちギターレッスン(無料)
プロレスの神様、カール・ゴッチには名言が多い。

そのひとつに曰く。

「いいレスラーになるには”3つのT”
――トレーニング(training)、テクニック(technique)、タクティクス(tactics)
がなければだめだ。」

これを知ったときは驚いた。
自分もバンドを始めたての人に取っておきの秘訣を教えるときには
まず「3つのT」を教えていたからだ。

それは

tuning ~いつも完全なチューニングで弾く

tone~可能な限り良い音色で弾く

time~正確なリズムで弾く~


この3つである。
これらが守れれば、まず大きな失敗は無いという基本的な
心構えを考えたのだ。

しかし今後、上記のゴッチ先生の3つのTを追加して、
「6つのTの掟」にするのも、アリかもしれませんなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加