ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

鉄とアルミの音質の違い2

2012-08-18 | オーディオ部品のうんちく

鉄とアルミの音質の違い1の続きです。

『オーディオアンプはケースの材質によって音が変わる』を検証します。

2台のiris50の音質ですが、

鉄・・・しっかりとした低域が特徴。全体的に歪は多い。スピード感はあるが余韻が少なめ。

アルミ・・・ナチュラルでクリアな音質。出力ノイズは鉄の半分。特徴がないのが特徴的。

irisの場合はアルミの方が相性が良く感じられましたので、量産品はアルミになっています。

ただし、鉄の低域も捨てがたく、

アンプによっては鉄の方が良い結果が出る場合もあるかとおもいました。




Iron and aluminum vol.2

It is a continuation of "Iron and aluminum vol.1"

"As for audio amplifier, sound changes with the quality of the materials of a case."

This proposition is verified.

The sound quality of two sets of iris50 is as follows.

Iron / Low frequency with a feeling of existence

Many distortion, high speed, few reverberations

Aluminum / clear and natural!

An output noise is a half as compared with iron.

It is the feature that it is featureless.

In iris, it was thought that aluminum was better.

Therefore, a product is aluminum.

However, iron low frequency is attractive.

With the amplifier of other kinds, iron may be good.
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 鉄とアルミの音質の違い1 | トップ | 日本一の夏 / 世界一の冬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。