ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

ロスがないラインケーブルは?vol.9

2017-09-05 | オーディオ部品のうんちく

『ロスがないラインケーブルは?vol.8』の続きです。

これまで

RCAケーブル、バランスケーブル、ヘッドホンケーブル等で

ロス(損失)をピックアップして

ケーブルの良し悪しを考えてきました。

次にデジタルケーブルについて考えてみましょう。

そもそも、デジタル伝送の存在意義とはなんでしょう。

デジタル伝送のメリットのひとつに

理論上ですが伝送時にロスが発生しないという点があります。

デジタル伝送の仕組みを考えてみましょう。

100m先に友達のM君が立っていて

こちらに向かって何かを大声で叫んでいます。

何を言っているのかだいたい判りましたが

一部分だけ聴き取れないところがありました。

でも大部分は聴こえたので大きな問題にはなりませんでした。

この聞き取れなかった『一部分』がロス(損失)に相当します。

別の方向を見ると、100m先には別の友達K君が立っていました。

K君は声の内容ではなく、声を出すか、出さないかという

モールス信号を使って意思の疎通を図ろうとしました。

・で3秒だけ声を出し、-ではその9秒間声をだします。

Aは・-、Bはー・・・、Cはー・-・。

文章を伝達するのはたくさんの時間が必要でしたが

声の内容を聞き取るのではなく

声が出ているか、出ていないかを認識することで正確に意志が伝達できました。

そこでK君は考えました。

どうしたらM君のように早く伝えることができるのだろうか??

M君は・で1秒だけ声を出し、-ではその3秒秒間声を出すように変更しました。

3倍の速さで伝達できるようになりましたがまだまだです。

M君は・で0.5秒だけ声を出し、-ではその1.5秒秒間声を出すように・・・。

デジタル伝送ではアナログデーターをより正確なデジタルデーターに置き換えて

伝送するために多くの時間がかかります。

アナログ信号を20KHzまで伝送することは左程難しいことではありませんが

デジタル信号ではサンプリング周波数を44.1KHzにする必要があります。

これを16bitで伝送しますので

最小でも44.1×16=705.6KHzの矩形波になります。

矩形波にはその10倍以上の高調波成分を含みますので7.056MHz

実際には、スタート信号やストップ信号、ベリファイ用の信号等々

より正確に伝送するための信号が必要となり

その周波数は10MHzを超えてしまいます。

20KHzと10MHzをケーブルで伝送させるとどのくらい差が・・・次回に続きます。



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!



≪ムジカ夏のキャンペーン≫

期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター

コメント