モラハラとサヨナラする方法

モラハラ男と別れるつもりの方は読まないで下さい。
ここでは、モラハラ夫との上手な付き合い方を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

類は友を呼ぶ

2016-10-25 06:33:39 | モラハラ対策
さぁ、今までは考え方のお話をしました。


ここからは、実際にやってみてほしいことを書いていきます。




まずは、


「被害者も加害者もやめる!」


と声に出して宣言することです。
(ちなみに私は半年間くらい毎日ブツブツ言っていました。)


前回、光と陰のお話をしました。


それと一緒で、被害者が存在する限り加害者はいなくならないのです。


モラハラの場合、被害者が加害者に仕立て上げられるような場面が見受けられます。

例えば、おまえのせいだ!お前に傷つけられた!とかね。
どう見てもイチャモンにしか見えないやつです。

それもそのはず、モラハラ男は自分が被害者のつもりなのですから。
彼らから見たら被害者側が加害者であり、被害者側からみたら、彼らが加害者なのです。


被害者と加害者はセット
どちらも傷付いている者であります。


「いやいや、あなたがこう言ったからこう言ったんじゃん。」という理論的な返しをしても、モラハラたちには通用しません。

もはや、鶏が先か卵が先かの世界です。

あなたから見て、たとえモラハラ男が絶対にも悪い!と思っていても、どちらかが終わらせなければならないのです。


大切なのは、被害者意識にも加害者意識にもならないこと


被害者・加害者という舞台から、あなたが先に降りるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありのままの自分を愛するには | トップ | 真実の数 »

コメントを投稿

モラハラ対策」カテゴリの最新記事