レポピ - Piano Lesson Report

埼玉県上尾市&桶川市にある「たかすぎ音楽教室」(ピアノ・声楽・ソルフェージュ・楽典)のレッスン風景をつづります。

ギロック「秋のスケッチ」

2022年05月02日 | レッスン
Nさんのピアノ・レッスンにて。
ギロックの「叙情小曲集」から「秋のスケッチ」をさらっています。

現在、絶賛譜読み中。
ですが数回のレッスンでも、まだ曲の把握が足りないようです。
こうしたタイプの曲はあまり弾いてこなかったせいかもしれません。

たいへん美しく、センチメンタルな叙情曲です。
メロディはため息をつくように、2音がスラーでつながっては切れるリズムの繰りかえしです。
手のポジション移動が多いため、戸惑っているようです。

まずは右手の主旋律をしっかりとらえましょう。
メロディは、人でいうなら顔の部分です。
クラスメイトひとりひとりの顔をおぼえるのは、友だちづくりの基本ですね。

調号としてシャープが2つ付きます。
シャープの調号が付く順番は決まっています。「ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ」です。
2つのシャープが付くということは、かならず「ファ♯」と「ド♯」になる、ということです。

ため息の旋律は、右手の「2→4」の指づかいで弾くことがたびたびです。
この「2」の指、「4」の指が黒鍵を弾くケースがとても多いことに気がつくでしょう。
黒鍵は白鍵よりもピアノの奥のほうにありますので、白鍵を弾くポジションに手をかまえていては音を弾きそこねる可能性があります。
すこし黒鍵寄りにかまえ、いつでも黒い鍵盤が出てくるものだ、と準備しておきます。

とくに「1」の指で黒鍵を弾く場合があるので、よく注意しましょう。
こうした箇所は特徴があるので、おぼえようと思えばぎゃくにすぐにおぼえられるものです。

メロディは実際には切れぎれですが、心のなかではどの音もつながっているものとしてイメージし、手のポジションの移動とあわせてとらえていきます。
音楽ですから、「歌をおぼえる感覚」を大切にして、鍵盤の位置をおぼえるような作業にしないほうがよいのです。

まずは曲の最後まで。
右手の旋律がすこしでもかたまりになり、つながりが生まれ、親しみが出てくると、左手をのせる余裕も出てくると思います。

ちなみに左手は、「5」や「1」の指で頻繁に黒鍵を弾くことになるので要注意です。
でも、これもほかにない特徴だと思って、ぎゃくに記憶の助けにしてください。
次回はどこまで進むでしょうか。

レッスン日 2022年4月28日(木) 19:30(こうき)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シューベルト「楽興の時 第3番」

2022年04月28日 | レッスン
宮さんのピアノ・レッスンです。
ピアノ名曲集から、シューベルトの「楽興の時 第3番」をさらっています。

左手は「バス+和音」で2ビートのリズムをきざみ、伴奏はパターン化されているとはいえ、手が比較的いそがしく動きまわります。
右手は主旋律の下で、寄りそうように動く副声部や、独立して動くパートがあって、これをぜんぶ片手が担当しています。
つまりは、わかりやすいわりに、けっこう弾きにくい曲です。

左手の伴奏部はずいぶん弾きなれて、手が跳ぶ箇所もあまり鍵盤が気にならなくなりました。
伴奏はいわばエンジンですから、これがスムーズにまわれば音楽は流れはじめます。

右手は重音で動くので、ピアノ弾きにとっては難しく感じますね。
だいぶ、さばけるようになりました。

3度の平行進行は音の重なりが密なので、主旋律と一体となって聴こえてきますが、6度の重音になると響きが分かれて、より独立した声部として意識できるようになります。
慣れてきたら、ぜひ下の声部の動きや音に注目して、耳をかたむけて聴きましょう。
旋律だけでなく、ほかのパートも味わえるようになることは、ピアノの醍醐味のひとつです(とはいえ、弾くのは難しい!)。

ずいぶん曲らしく仕上がってきました。
近ぢか、マルがつくでしょう。

レッスン日 2022年4月25日(月) 19:00(こうき)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーツァルト「幻想曲 ニ短調 K.397」

2022年04月25日 | レッスン
ひさしぶりの更新です。
あいだがあいたのは、とくに理由があったわけではなかったのですが。
ゴールデン・ウィーク目前の週末、生徒のみなさんも新学期・新年度がスタートして、そろそろ新しい生活にも慣れてきたことでしょう。

さてHさんのレッスンです。
モーツァルトの「幻想曲 ニ短調 K.397」をさらいはじめました。

よい演奏は、上手な譜読みから。
まずは譜読みを確認しました。

譜読みで最初にすることは、できるだけ両手で、曲の最後までひと通り弾いてみることです。
曲の難度・規模にもよりますが、数回とおして弾いていくと全体のイメージはつかめると思います。
これがむずかしい場合、楽譜を見ながらほかの演奏例を聴いてみるのもよいでしょう。
いまはレコードやCDをそろえていなくても、ネットで手軽に演奏が聴けるので便利な時代になりました。

はじめに両手で譜読みができない場合は、耳から曲を知って、片手ずつさらうことになります。
その場合、曲の最初から最後まで片手で弾きとおすよりも、ひと区切りとなる短い部分ごとに右手→左手の順で音を確認して、あるていど弾けるようになったら、できるだけその部分ごとに両手であわせることにチャレンジしたほうがよいのです。

Hさんのレッスンでは、上記のような短い部分ごとに右手、左手を片手ずつさらい、すぐに両手にあわせていく練習をしました。

あわせるのが難しい箇所、まだよく弾けていない箇所もたくさん出てくるでしょうけれども、最初は細部を気にしすぎないで、ざっと鉛筆で下書きをとる感覚で、どんどん進めていきましょう。
難しい部分は、譜読みのあとで取りだして練習すればよいですし、そもそもそうした練習には時間がかかるものです。
いまはそうした部分練習に時間を割かず、全体のイメージを把握することに努めます。
そうすれば、練習に時間のかかる箇所や、ぎゃくに比較的弾きやすい箇所がわかって、全体の練習計画が立てやすくなります。

モーツァルトの短調の曲はどれも、ふかい感情に満ちていてとても美しいです。
着実に譜読みを進めながら、幻想曲のすばらしさを味わってみてください。

レッスン日 2022年4月23日(土) 16:00(こうき)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無事、仕上がりました。

2022年03月31日 | レッスン
Kくんのレッスンです。
今日は仕上げの約束をした日。

曲はクレメンティの「ソナチネ ヘ長調 Op.36-4」から第1楽章です。

まず左手で、主音「ファ」が1オクターヴの幅で堂々と鳴らされるなか、第1主題が奏でられます。
ここはまさしく立派に弾くところ。
音楽の雰囲気にあわせて、曲想を考えます。

第2主題はハ長調に転じて、第1主題とはぎゃくに下行形の音型です。
リズムに軽さがあり、第1主題との対比を意識して音楽を組みたてます。

音楽は時間の経過とともに味わうものなので、前の音楽がこうだったから、つぎはそれとは変わってこうなります、というような「対比」を意識した構成が多いものです。
コントラストを生かした演奏は音楽の基本ですし、ソナチネではとくにそのような方針はピタッとはまるでしょう。

展開部の入口は構成上、部分が大きく変わったことを聴き手に知らせ、つぎになにが起こるのか期待を持たせるように「p 弱く」から開始します。ドキドキします。
ニ短調に転調して、これもハッとさせる展開ですし、さらに減7の和音からはじまるパートで、緊張感を積みあげていきます。
これもドキドキします!

「ソ・シ・レ・ファ」の和音が鳴ってようやく先の光明が見えてくる箇所は、迷路の出口が見えたように明るく弾きましょう。やがて再現部にいたります。

再現部は第1主題が原型のまま戻ってきますが、表現は「p ピアノ」に変わっています。
これも構成を意識した、典型的な音楽的表現です。
前がこうだったから・つぎはこうなりました、というわけです。

再現部の第2主題も、1オクターヴちがいで繰りかえされるときには表現を変化させて工夫します。
2回めはいくぶんやわらかく弾くと、表現のちがいが自然に出せます。
おなじ旋律で表現上のコントラストをつける時は、「表と裏」の関係をイメージしましょう。

立派に仕上がりました。
パチパチ。
約束どおり、よく練習して弾ききってくれました。
いいソナチネでした。
おめでとう、マルです!

レッスン日 2022年3月25日(金) 16:15(こうき)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

乙女の祈り

2022年03月28日 | レッスン
菊さんのピアノ・レッスンにて。

クラシック音楽にかぎらず、さまざまなジャンルのスタンダード曲をやさしく編曲した作品集を使ってレッスンを進めています。
今日のお稽古は、パダジェフスカの「乙女の祈り」でした。

原曲は、左手がバス+和音の刻みによる伴奏で、右手が大きく動く分散和音のメロディを奏でる有名曲ですが、今回の編曲版では、左手と右手の両方を使って分散和音のメロディを担当させています。

菊さんはとても上手にピアノを弾くことができるのですが、それはいつも片手であって、両手で同時に弾くことに課題があります。
でも今回の「乙女の祈り」は左手を使うといっても、分散和音のはじめを左手で弾きはじめ、途中で右手にメロディを受けわたす、という弾きかただったので両手で弾くことができました。

いったん音楽が流れはじめれば、すらすらと弾くことができます。
上手に最後までおさらいできました。
ちょっと音を引っかけたくらいでは止まりませんし、音楽をこわさずに最後まで奏でることができます。
抜群の安定感。

僕も連弾で参加させてもらい、抜けている和音の刻みを担当して、ふたりで美しい「乙女の祈り」を完成させました。

菊さんはとても明るい方で、よく笑います。
たとえうまくいかなかったとしても、笑います。
レッスンではいつも、笑顔が絶えません。

「乙女の祈り」は1回でマルになりました。

レッスン日 2022年3月23日(水) 16:00(こうき)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする