ムシマルの高知うろうろグルメReturn~広島想い出も添えて~

2020年4月こちらのブログに一本化します。
高知も広島も記事あってややこしいですが、慣れると良いかもです。

「こいくち家」広電本社近くでハーフ&ハーフお好み焼きほか飲み

2017年03月09日 23時42分53秒 | 広島・お好み焼き・粉もの

「こいくち家」に行く。

電車通りからは少し奥。


 

こいくち家

広島県広島市中区千田町3-11-24

火~土、祝前日: 11:30~14:00 (料理L.O. 13:30 ドリンクL.O. 13:30)
17:30~23:00 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
日、祝日: 17:30~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)

定休日:月

082-247-1750

 

 

カメラを持たずに一度行ったことがある。

 

これは、ここは良いんではないか。

そういう思いが生まれた、生まれてからの2回目。

入店してビール。

店内はあんまり広くない。

お客さんがたくさんいらっしゃるので人口密度高め。

 

ぐび。おいしい。

5連勤の最後の日だから、欲していたお酒を。

 

メニューを見るとビール380円だった。

やすぅい!

 

 

紙メニューのほかに黒板メニューもあり、メニュー数はもう数えきれない。

ムシマルが日本野鳥の会に入っていれば、入っていれば。

肉みそギョーザ!?そいつに決めた。

あとハーフ&ハーフのお好み焼きをください。

 

待ち時間にワンピースを読む。

 

よし、来た。餃子。

こういうのかー。

どういうタイプかと思ったら、餃子にon!肉味噌という形式か。

 

こってりしてそう、がじり。

ああ、ビールに合う。

 

餃子自体はパリパリ。

どろっと肉味噌。

 

濃いけれど濃すぎない、こびりついているけれどお湯や洗剤で洗い流せるような後腐れのない味残り。

食べた後にさっぱーーああ!

 

味噌がかっている、かもされている。

 

 

そうしているうちに、お好み焼きのハーフ&ハーフ。

なんと、ソース味と塩味が半分半分。

そーすがはんぶんはんぶんがしお。

 

まるで、お好み焼き界のあしゅら男爵だ!

 

塩味のお好み焼きって、初めてだ。

どうなんだろう、お好み焼きってソース味があって初めて成立するようなというか、ソースのないお好み焼きってイメージがつかない・・・・・・・

 

厚さはそれほどでもない。

がぶ。

うん、こっちの半分は食べなれた味。

 

麺はパリパリ系だけれど、全パリパリじゃない比率。

好みの味。

 

そして、塩。

右面をいただいたとき、ムシマルの感性がささやいた。

ありだ!

割と大声で囁かれたもよう。

 

 

塩味っていってもいろんなイメージがあって焼き鳥のしお味の塩とかしおラーメンの塩とか。

こいつは塩焼きそばのしおだ、酸味と油感ののちょっとあるタイプの。

 

ムシマルが塩焼きそばが好きなこともあって、するっと入る。

小麦粉の香ばしさがストレートで来て、塩味がじゅわーっと広がって、

フットワークで翻弄しようとしたら正拳突きでまっすぐ撃ち抜かれたみたいな敗北感。

 

ひょっとしたら20年後にはお好み焼き界はソース味と塩味に二分されているかもしれない、ハーフ&ハーフされているかもしれない。

 

次に来たら塩分100%で頼んでみよう。

 

 

ビール二杯め。

終わろうかどうしようか悩んで、もう一品くらいいっても大丈夫だと計算。

狙うは人気ランキングの上位ランカー、「ホルモン焼き」。

 

もやしも一緒にいたまってくださって、かたじけなく思う。

 

 こってりのなかにぷるるんとしている。

ゼラチンでできたお相撲さんみたいな比喩が浮かぶ。

お相撲さんだからきっと浮かびやすいんだろう。

 

ビールが進むなー、でも今日は2杯でやめておこう。

けっこうお客さんがムシマル着&食後も来られて、人気だ人気だと思ってしまう。

 

 

お会計、2,500円くらい。

やすい!

お好み焼き一枚食べたせいもあるけれど、お腹いっぱいでこのお値段。

 

さらにスタンプも押していただく。

これが10集まったらお好み焼き一枚無料。

 

やったぜ。

 

 

もしよろしく思われましたら、下の変なカツオマスクにクリックよろしくお願いします。

クリックいただけるとムシマルが喜びます。

 

 

広島ブログも参加しました。

広島ブログ

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 晩酌セットでノーうどん!「... | トップ | ポーラーベア 広島の有名巨... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

広島・お好み焼き・粉もの」カテゴリの最新記事