ムシマルの高知うろうろグルメReturn~広島想い出も添えて~

2020年4月こちらのブログに一本化します。
高知も広島も記事あってややこしいですが、慣れると良いかもです。

ディアミスターエフシリーズ:四万十町『風流茶房 淳』

2020年10月28日 21時42分03秒 | 高知のカフェ・喫茶

ディアミスターエフシリーズとは、『F』で始まるお店に行くムシマルの適当企画。

Fって「フ」が付く店ってことではないか?

 

もとは『ずっと真夜中でいいのに』の「ディアミスターエフ」にハマっただけですが。

 

 

閑話休題、2020年1月訪問。


風流茶房 淳

住所/高岡郡四万十町茂串6-4

電話番号/0880-22-0080

営業時間/8:00~19:00、

定休日/火曜

パーキング/6台

場所/「JR窪川駅」よりR381へ南下し右折。「武田医院整形外科」手前を左折して20m右手

https://www.kochike.pref.kochi.lg.jp/column/2476/


もじゃハウス『空から日本を見てみよう+』、

『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』掲載店。

 

日本一美味しいともいわれるコーヒーがある。

 

 

店の前で女の子3名が撮影したりされたりしている。

インスタかなあ、にしてはスマホじゃなくて一眼カメラだ。

 

なんか構図やらも気にされているよう。

映りこまないようにしなくちゃ。

 

入店そそくさ。

入口は二つあるから注意!どっちでもいいらしいですが。

 

風流茶房だったのか。

 

席に着く。ベテラン夫婦二人でされているっぽい。

ここでいいですか?すいません狭い席で。

言ってくださるがムシマルは隅っこが割と好き。

 

なかなかのパラダイス感。

脳内みたいに雑然としていて、でも脳内みたいに指向性がある。

いろんなものはだいたい珈琲の資料と、世界のなんかかっこいいものだ。

 

 

メニュー見分。

マスターが「ブレンドコーヒーが人気ですよ」と。

じゃあそれを。400円。

 

あとあと甘味。

ケーキ各種400円台、コーヒーゼリーにプリンにアイス・・・・・・

よし、よし!

コーヒー名物の店で出すコーヒーゼリー、たぎる響き。

 

ブレンドとコーヒーゼリーにした。

 

待ってると、お外で撮影されていた女性3名組が来られる。

ムシマルを追ってきたのではない、雰囲気。

(ムシマルより先にお店前にいたし…でも寒いのにけっこう長いことお店前で撮ってたな)

なんか取材されとる!

あのウーメンは取材の方々か!華やかグループ、オシャレ雑誌とかかな?

礼儀正しくコーヒー飲むとこも撮影されるよう。

 

 

モデルさんがウインナーコーヒー頼んでる。

聞き漏れるに、女性にはウインナーコーヒが人気らしい。

 

コーヒー。

シックですねえ。

灰皿付近にある「淳」のマッチがたまらないなう。

宣伝用マッチって今は昔っぽくなっちゃったけれど、ムシマル自身にも無用度は高いけれど、ああ、まだあるのか!って嬉しくなる、この気持ちは恋ではないし愛な気がする。

 

コーヒーは、好きだけど味覚鋭くない身としての感想となる。

引き込まれるそれを感じる。

深くて3次元、ディメンションC(コーヒーのC)!

 

うまさが肺まで達しそう(誤嚥になるので注意)!

雰囲気もあって、時間感覚を失いそう。

 

地下三階くらいまでの深さがあるコーヒー。

それも駐車場が車でぎっしりくらいの深さ。潔い。

 

コーヒーゼリーがワンテンポ遅れて到着。

アイス乗ってる!

 

へー、珍しい気がする、多いのはホイップクリームとかですよね?

 

隣りの客の話声「デザートのロマンプリンって気になりますね」にそうだロマンって何だ!と賛同する。

ロマンプリン、多分ロマンチックにデコってるんだろうなあと空想する。答え合わせできる日は来るのか?

 

 

粘り気があって、ややがっしりしたコーヒーゼリー。

ミルクがかり部分とアイスかかり部分でコーヒーゼリーの味わいが微妙に変化する。

 

コーヒーゼリー本体は甘さがストイックなタイプなので、かかった乳製品でいい具合に変わる。

 

涼やか、

ムシマルは甘いものを食べるときはコーヒーが必須の男であるが、

これはひょっとしてコーヒーいらずかもしれない。

コーヒーゼリーが珈琲役を務めている、勤め上げている。

 

 アイスクリームとコーヒーゼリーのクラッシュしたものとが食感の魔物。

 

いい時間だった。

 

カメラお嬢さんがモデルお嬢さんに「眼鏡をかけてもインテリ風にならない角度で」とか撮影オーダーされている。

インテリ眼鏡珈琲まどろみ美女?それは刺さるなー。気になる。

 

お茶も出していただく。

 

 

1,000円未満。

 

 

今回の一番面白かったところ。

右側壁際に商品推し文句が書かれていて、

ずっと「ピザがモチモチ」って書いてるんだと思って40分くらい過ごしていたけれど、突然気づく。

『イタリアンピザがモテモテ』って書いていた!

 

まさかのモテアイテム!

 

いいなあ!俺はもてたい。

 

 
もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
クリックするとムシマルが喜びます。
 


人気ブログランキング

 


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南国市緑ヶ丘『ありときりぎ... | トップ | 『HACHIYAカレー』で... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

高知のカフェ・喫茶」カテゴリの最新記事