ムシマルの広島うろうろグルメ~3年目の広島ともなればそこそこウロウロし慣れました~

高知県から来て(主に)広島県でグルメ放浪というか食べ歩きというかウロウロしています。
お好み焼きも牡蠣も好き。

柳井・岩国一人旅⑤自然薯『Jinenjyo.bro』で柳井名物を

2018年09月16日 11時34分08秒 | 県外旅行

『柳井は自然薯も名物』、そう情報を仕入れた。

 

自然薯は、好き。

 

歩いてみるフラフラと。

 

 駅の方に出た。

 

なんか自然薯出す店があったような。

 


 

住所  柳井市中央2-16-8 地図を見る
電話番号 電話番号を表示する※お問い合わせの際は「MOTTEKEを見た」とお伝え下さい。
ネット予約問合せ ネット予約問合せ
営業時間 18:00~不定時(最長翌5:00)
オーダーストップ
定休日 月曜
収容人数 最大30名(カウンター6席、4名×2席、2名×2席、最大12名の個室)
平均予算 3,000円

 

https://mtke.jp/gourmet/3836/

 


なにやらオシャレな建物。

ちょっとスポーツバー的な雰囲気がある。

 

入り口にはピ〇チュウがピカピカッと日本代表スタイルでお迎え。

 

メニュー。

自然薯を揚げたり丼にしたり玉子と混ぜたりリゾットにしている。

 

リゾットで。

さっきの店で炭水化物未摂取であったから、必要としている。

 

そういえばーーーーーーーー回想シーン。

途中で見た店もおいしそうであった。柳井名物って書いてあったけど中華な何かも柳井名物なのか?

 

柳井恐るべし、ムシマルの知らないグルメがいっぱいある。

プレミアムな柳井で、プレミアムなモルツ。

 

自然薯の生春巻き800円。

見た目は一口サイズの生春巻き。

 

自然薯はいずこ?

ぱくガシュ。

短冊切りの自然薯の確かな歯ごたえ。

春の陽だまりの中で発見されそうな爽やかさ。

 

それをゴマペーストでおかず業界に落とし込んでいる。

(なるほど、そういう手法ね)

 

自然薯の持つ食感のいろいろ(切ったり摺ったりで変わる)と、とろみと味の邪魔しなさ、それでいろいろなことができるというのか!

 

 

うん、なかなか。

肉料理はあったけど肉料理に自然薯まざったものは無かった。自然薯と肉は合わないの?

 

登場!

自然薯リゾット。900円だったかな。

 

チーズのどろりを足しているのか?

どこか濃厚なにおい。

 

あーうむ。

 

もぐもぐ。

自然薯は正直チーズの香りととろみで、そんなにわかんない。

しかし、クリーミーで濃厚で、旨いことは間違いない。

 

まいうー。

ムシマルは石塚さんではないのであまりマイウーとは言わないが、言う、これはいう。

 

ナッツが入っているのかこれが食感いいよいいよ流動食になりがちで流されがちなこの俺を確固たるナッツががきがきいって良い。

 

自然薯感よりも、何か別のものをうまさとかを選択した一品という感じ。

チーズととろろだと、濃厚度の差で負けちゃう、いや負けてるんじゃない縁の下で力持ちってるんだ。

 

本を読みながら、食べました。

 

 ほかに自然薯ブリュレやら自然薯とろろ揚げといったよそであんまりなさそうなものがありました。

 

お腹いっぱいになったかも!

 2,000円台。

 

ふう、柳井を出るぜ、21時半超えだけど、今なら帰れるのでは?

 

 

折からの雨で、7月7日くらいの大雨が記憶に残ってるけれどその前週も大雨で・・・・・・・あと事故かなんかあって・・・・帰れる便がない!

ええ!岩国までなら帰れる。

 

じゃあ岩国泊?

とりあえず岩国まで。

 

どうなるの、どうなっちゃうの?

 

 

もしよろしく思われましたら、下の変なカツオマスクにクリックよろしくお願いします。

クリックいただけるとムシマルが喜びます。

 

 

広島ブログも参加しました。

広島ブログ

 


 

『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 柳井・岩国一人旅④『季節料理... | トップ | 柳井・岩国一人旅⑥『いろり山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

県外旅行」カテゴリの最新記事