足立直義の丹沢・大山山麓だより

生き物との出会いを楽しみに今日も山麓を歩いています

No.1311 ~ ウグイスの さえずり方 ~

2015年04月05日 | 野鳥

観 察 月 日  2015.3.31.晴 25℃

観 察 場 所  厚木市 広沢寺

 不動尻へ向かう林道を歩き出すと、左右の山から遠く近くウグイス

のさえずりが、聞こえて来る。雄は200m程の縄張りを持っていると

言われるが納得する。だが、声は良く聞くが、姿を見るのは難しい。

それは繁殖期には、ササの茂みで行動しているからだろう。

 こんな事を頭の中で巡らせていると、急にすぐ近くから「ホー ホケ

キョ」と声がした。勿論姿は無い。綺麗に刈り込まれた茶畑の向こう

に3~4本のサワラの木があり、下はササ藪だ。

 立ち止まり、Rさんと耳を立ててウグイスの鳴いている位置を絞ろう

としたが、付き止められない。その時突然、サワラの幹を素早く登り始

めた黒い影があった。「アッ!鳥だ。登り方からしてコゲラ?」と私は口

ずさむ。それは一度幹の中程で停止し、再び登り始め、幹が細くなっ

た頂上近くで止まった。

 白い眉班、茶褐色の過眼線が見え“ウグイス”と解った。そして「ホー」

と声を引っ張り、口を思い切り開けて「ホケキョ」と啼いた。

 それに合わせて、カメラのシヤッターを切らないと、口を大きく開いて啼

くウグイスの写真にならない。その上口を背一杯開くだけでなく、喉を膨ら

ませ、髪をではなく?羽毛をかき乱して力を絞って啼いている。絵本にあ

るウグイスは、細身でスマートな啼き方をしているが、今日写した生のウ

グイスからは、命を繋ぐための泥臭ささえ感じた。

 サワラの木の頂上辺りは、見晴らしが良い。そこでウグイスは上下に

、東に西に、北に南に、全方向を向き、鳴いていた。

 テリトリーを守り、花雌候補を得る懸命さを感じ、何故かウグイスの行

動から、モズの高鳴きが頭を過った。

突然 近くからウグイスのさえずりが聞こえた。

黒い影が 幹を登りだした。 「登り方からして コガラか?」

頂上近くまで登った。 「ウグイスだ!」

上に向かって 「ホー ホケキョ」

斜め上に 「ホー ホケキョ」

右に向かって さえずる。

左に さえずる

ウグイスに 見えますか

サワラの木の頂上は 見晴らしがいい。

当たり一帯に ウグイスの呼びかけが流れる。

       * ウグイスのさえずりは いつまで達ても止まない。仕方なく先を急いだ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  No.1310 ~ Rana卵... | トップ |  No.~ 春だ ビロウドツ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥の鳴き方 (かのん)
2015-04-05 15:45:07
こんにちは。
いつもお世話になっています。

羽毛を逆立てて囀ずるウグイス、その必死さが伝わってきました。

鳥の鳴き方を観察するだけでも面白いですね。
キジバトなどは喉が思い切り膨らんでいるし、カラスは鳴きながらお辞儀のように頭を振っているし…。

きれいな声で囀ずる小鳥の鳴き方も、機会があればじっくりと見てみたいです。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事