歌うようにコミュニケーション♪

歌いたい歌を練習するように、コミュニケーションも練習して声に出して身につくもの♪コミュニケーション上手のヒントを伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分基準のキレイ

2007年10月09日 | Weblog
女性が好きな『憧れの女性』は?
なんて聞かれると、答える人によって意外に答えが違う。
自分とどこか同じニオイのする人をあげる人もあれば、
まったく真逆の生き方をする人だったり、
一生自分の手には入りそうにないものを得た人だったり・・・

しかし、
そこに潜んでいる共通ワードは『共感』ではないだろうか?

同じニオイはそのまんま共感だし、
真逆に生きてても「私もあんな風にできたら良かった」と感じる共感、
一生自分の手に入りそうに無くても、同じものを欲しいと感じる共感。

『憧れ』と言っても、相手の中に
自分の気持ちを投影してくれる行動が見えた時に感じる感情で、
自分がまったく共感しない行動なら憧れの対象にはならない。
今、雑誌やテレビで見る女性の場合、
・ 美しい、表情がイキイキ(若さ)
・ 仕事が充実(生き甲斐)
・ 自立できている(収入の安定)
の3つの要素が重要なのだと感じる。
この3条件がベースになることで『カリスマ主婦』や『セレブ婚』と呼ばれる象徴が輝きを増している。

もちろん、こんなマスコミに乗りやすいスタイルよりも堅実で確かな幸せを好む女性もたくさんいるから(たぶん大多数)、結局はマスコミの使い易いスタイルなのかもしれない。
しかし、意外と30代以上の女性にこのスタイルを好む人が多いのも事実。
そこに、その年代の「美しさの基準」を感じる。
『キレイで生き甲斐のある仕事があって、自立できる収入がある生き方』なのだ。そこが満たされた上で、結婚や子どもや家庭の幸せを加えていこうと考える人と、先に家庭を持ってから生き甲斐ある自立した人生を送ろうとする人がいそう。どちらを優先順位の先に持ってくるかは個人差だが、世代の価値観は同じだ。共感できる憧れの姿に向かって走り続けている。

私もそのひとりなのだと感じている。
『自分基準のキレイ』な人になろうと日々悩んだり、もがいたり、笑ったり・・・。
その中で言えるのは、
「そんなじたばたしてる時が、実は充実してるのかも?」と思うこと。
手に入れてしまったら、輝きは消えてしまう。
手に入れようと必死の時は、それは輝き続ける。
輝きを見ている時間は幸せな時間だ。
夢があるから。

夢は手に入れるためにあると言うけど、
手に入らない時間も宝物だ。
今、手の中にある宝物を見つけてみよう。
必ずあるから。



いづみ   HP:コーチングミュゼ


ブログランキングに入っています。
最後にコチラ!をクリックしてくださいマセ。よろしくお願いします!







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 揺れる洗濯モノ | トップ |   

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事