武蔵野市軟式野球連盟公式ブログ

【武蔵野市軟式野球連盟の情報をお伝えします】

7.軟式野球大会特別規則

2011年07月01日 12時00分00秒 | 7.軟式野球大会特別規則

1.試合は7回戦とし、1部の決勝戦のみ9回戦とし、2・3部の決勝戦は7回戦とする。ベンチは若番が1塁側とし、先攻後攻は代表者が試合開始20分前に審判が立会いジャンケンで決める。

 

2.1)コールドゲームは3回以降10点差、5回以降7点差とする。ただし、1部の決勝戦は5回以降10点差、7回以降7点とする。

2)試合時間は1時間45分を目安とし、制限時間1時間30分経過後は新しいイニングには入らない。ただし、決勝戦はこの限りではない。なお決勝戦の延長は9回(1部は12回)までとする。勝負がつかない場合は、特別方式により勝敗を決定する。

3)日没、降雨等により試合続行不可能となった場合には、その時点で5回を終了しているとき、または1時間を経過しているときは試合成立とする。それ以外の場合は再試合とする。

4)前2項で同点の場合は特別方式で決める。

 

●特別方式

継続打順とし、前回の最終打者を一塁走者とし、二塁、三塁の走者は順次前の打者(投手は除いてもよい)として、一死満塁の状態で1イニング行い得点の多いチームを勝ちとする。

なお、勝敗が決しない場合は、その時点で出場している選手9人のジャンケンにより決める。

(ルール上正規に登録されている選手の交替は認められる。)

5)その他のルールは公認野球規則による。選手9人だけでの試合参加はできません。(最低10人)

6)イニングごとのボール回しは捕手から2塁への送球のみとし、アウトごとのボール回しは禁止する。

 

3.各チームは塁審を必ず出すこと。(出さないチームは、次の試合から棄権とみなす。)

各チームからの塁審は、必ず当該球場に試合開始20分前までに集合し、出席を主審に申し出ること。

 

4.試合時間(別紙日程表に記載)

 

5.試合時刻に遅れたチームは棄権とみなす。

 

6.雨天等によりグランドコンディション不良の場合は、順延とする。

 

7.棄権する場合は、できるだけ早くチーム責任者が連絡すること。

 この場合、相手チームの棄権による不戦勝チームは塁審を2名出すことになります。(この時、事務局より事前に連絡します。)

 なお、事前に棄権連絡のあった試合は、雨天等でその日の全試合が順延(中止)になった場合には、棄権扱いを取りやめ、試合を復活する。

 

8.審判ローテーション(1部・2部・3部共通)

★1日2試合の場合

 第1試合の審判は第2試合のチームが担当

 第2試合の審判は第1試合のチームが担当

 

★1日3試合の場合 

 第1試合の審判は第3試合のチームが担当

 第2試合の審判は第1試合のチームが担当

 第3試合の審判は第2試合のチームが担当

 

★1日4試合の場合(1日2試合の場合)

 第1試合の審判は第2試合のチームが担当

 第2試合の審判は第1試合のチームが担当

 第3試合の審判は第4試合のチームが担当

 第4試合の審判は第3試合のチームが担当

 

9.当日雨天の場合の問い合わせ等

★連絡時間 雨天当日 8:00~9:00、試合が行われている日 8:00~当日試合終了時

★雨天のため、当日の試合が中止となり、そのまま(試合時間の変更が無い場合)順延の場合には、事務局から各チームへの連絡はいたしませんので、各チームの代表者一人が、上記時間内に審判員控室へ日程確認の問い合わせをしてください。

なお、大幅な日程変更(試合時刻の変更)がある場合には、事務局から各チームへ連絡いたします。

 

10.大会当日以外(棄権等)の連絡先

 武蔵野市軟式野球連盟事務局

 連絡時間 月曜日~木曜日の17:00 18:00 (時間厳守)

*試合日程についての確認は、グランド及び体育館に掲示されている「トーナメント表及び日程表」及び「公式ブログ」により確認願います。事務局への電話での確認は遠慮ください。