控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

江戸時代の街並み残る「宿根木集落」

2017-08-24 14:35:00 | 佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)
レポート20


車の通行を想定していない 江戸時代ならではの街並みが保存されている「宿根木集落」


人が通れる程度の細い路地の横には 小川が流れ、その周りを 古い木造の家屋が肩を寄せ合うように建っている。




小木港から 徒歩で宿根木を目指す事1時間半、
寄り道しなければ、1時間程度で到着したと思われる。


かつては 港町でもあり、船大工など 船にかかわる人が多く暮らしていた集落だそうです。



集落の南側は すぐに海(宿根木海岸)が広がっていて、集落を散策した後、ランチタイムの始まる11:00まで 海を眺めて過ごす。




つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« バスがない!! | トップ | 小民家カフェでパスタランチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

佐渡島 1泊4日のバス旅 (旅レポ版)」カテゴリの最新記事