川崎市中原区の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です。」

日々のあれこれを記してみようかと、
思い立ったが吉日で始めたブログ。
更新は気まぐれ。
どうぞ、よろしく。

都合のいいときだけ「世論が」などと言うなよ。

2016-02-26 | 弁護士業務
法曹人口問題。


日弁連執行部は、ことある毎に、


それでは世論が納得しない、などと言う。


都合のいい時だけ世論とか言うなよな。


それじゃあ、死刑は世論の多数は賛成だぞ。


刑事弁護の方法だって、批判承知で、やってるわけで、


それも世論重視なら、やってられないだろ。


毒にも薬にもならない、きれいごとで済む話には世論に立ち向かうポーズをとるけど、


こういうセンシティブな話には、びびって世論を言い訳にする。


ほんとに、●立たずだな。


強制加入制度に賛成の私でも、しまいにゃ、任意加入論に転向しますよ。


K.T

この人、弁護士なんだよなあ

2016-02-21 | 世の中
日本がアメリカの51番目の州になる可能性とか、


オバマ大統領が、奴隷の子孫だとか、


まあ、居酒屋のヨタ話じゃあるまいし、それを国会で…


しかも、猛烈な批判を受けても、不条理な批判だとおっしゃる。



ああ、しかも、この人、弁護士なんだよなあ。


なんつうか、論理的思考が…


憲法審査会で出てくるネタではない。


K.T

ああ、またこのネタか。

2016-02-14 | Weblog
また、このネタの季節到来。


花粉…


まだ、本格的ではないですが。


鼻だけでなくて、目もかゆいし。


それから、メガネが曇るのが意外とうっとうしい。


その一点だけでレーシックを考えてしまう。


ま、本気じゃないですけどね。
(レーシックはさすがに怖くてね。)



K.T

うちの会も世代間闘争?

2016-02-09 | 弁護士業務
メーリスでの投稿内容を見ていると、

うちの単位会も世代間でかなり考え方に齟齬がある気がする。

弁護士にとって古き良き時代を生きてきた人たちと、

これからとてつもない荒波を乗り越えなければならない中堅・若手の弁護士では、

弁護士会や弁護士の仕事に対する考え方に違いがあっても仕方がないよね。

そして、形式(人数)的には、多数派は明らかに若手であり、

この層が、ある程度団結すれば、あっという間に下克上だ。

若手でも既得権益にありついた人たちもいるだろうけど、

大半は、苦労しているマチ弁(私たちもここだけど)だろうから。

でも、弁護士会に関心がなさすぎて、下克上を企む気すらないかも。

K.T





シャープ

2016-02-04 | 世の中
一昔前、液晶と言えば、シャープのアクオスだったのになあ。

マンチェスター・ユナイテッドの赤いユニフォームに、

燦然と輝く、「SHARP」の文字。

どうして、ここまで落ち込んだのか。

企業の栄枯盛衰は、目まぐるしいものですね。

K.T