川崎市中原区の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です。」

日々のあれこれを記してみようかと、
思い立ったが吉日で始めたブログ。
更新は気まぐれ。
どうぞ、よろしく。

あけましておめでとうございます。

2019-01-09 | 弁護士業務
遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。


7日から正式に業務を再開しております。


本年も宜しくお願い致します。




今年もありがとうございました。

2018-12-31 | 弁護士業務
今年もありがとうございました。


今日大晦日の朝日新聞に、とても嬉しい一面広告がありました。






来年もまたよろしくお願い致します。

破産管財人

2018-12-28 | 弁護士業務
破産管財人って、なかなか理解されにくい肩書きです。

しょっちゅう関わっているはずの金融機関の人でも、

申立代理人と勘違いする場合があります。


弁:「破産管財人でして…」

金:「では、委任状を送ってください」とか、


金:「…したいので、直接ご本人に連絡してもいいですか?」

弁:「ああ、そういうのは、申立代理人の先生に聞いてみてください。」など。


K.T


民放BSならではの

2018-12-26 | 生活
昨晩、名作 once upon a time in america をBSで観ておりましたが、


いい場面で、通販CMが容赦なく入る。


なんと言いますかねえ。。。


民放BSならではの、通販CM連発。


K.T

年内の営業日

2018-12-22 | 弁護士業務
27日が、今年の当事務所の公式な最終営業日です。
(それ以降の出勤の予定はありますが。)

今年も残り僅かになりました。

今年一年ありがとうございました。

来年は7日から営業致します。

来年もまたよろしくお願い申し上げます。

K.T




最寄駅構内に

2018-12-12 | サッカー
最寄駅の新丸子駅構内に、ポスターが貼られていました。

改めて、嬉しさ実感です。



役所相談にて

2018-12-04 | 弁護士業務
もう10年くらい昔のことですが、区役所相談時での出来事です。


相談の最中、職員がノックをして入ってきた。


守秘義務の問題もあるので、ムッしていると、


「爆弾予告があったので、すぐに建物の外に避難してください」と。


慌てて、外に避難しましたが、やるせないのは、相談者さんで、


立ち話でも良いから続きをお願いできませんかと言われ、


承諾して、立ち話の相談をすこしばかり続けました。


あんな経験はめったにないだろう。


というか、もうないだろう。


K.T

個人再生を希望する理由

2018-12-02 | 弁護士業務
個人再生を希望される理由で一番多いのが、

やはり、住宅を残したいからというものです。

これが理由というケースは、

今まででの取り扱い事案で多数を占めます。


そして、全く払わないのは申し訳ないからという方もそれなりの数いらっしゃいます。
(破産のイメージというのもあるようですが。)

もちろん、ご本人の経済的な立ち直りというのも制度趣旨の一つですから、

その点から破産・免責のほうが良いのではないかという方には破産も提案するのですが、

あくまでも破産ではなく民事再生という方も一定数いらっしゃいます。


また、他の財産、自動車や預貯金、保険の解約返戻金を残したいから、

という方も、それなりにいらっしゃいます。

財産の額によっては、再生計画で履行する返済の総額が増えるのですが、

一度に取られてしまう破産に比べれば、

財産分を数年かけて支払うということになるので、

個人再生であれば、財産を残すという目的を達成できる場合もあるのです。

(もちろん財産の総額が大きすぎれば払いきれませんし、自動車ローンなどローンが付いた財産は、
引上げられてしまいますので、財産が残せない場合もあります。この点は住宅とは違います。)

詳しくは、当事務所のホームページ等でご紹介していますので、ご覧ください。


いずれにしても、個人再生も債務整理の手段として有用な制度ですので、

疑問点があれば、お気軽に相談ください。



K.T

12月

2018-12-01 | 生活
12月です。あっという間。


確定申告の書類がとどいてきたりして、準備も始めなければならない。

今年は早めに準備が必要。

なぜなら、親のも手伝わないといけないから。

いろいろあった1年でした。


まあ、いろいろあるのは毎年のことだし、

それが人生ですからね。


K.T

たばこ

2018-11-30 | 世の中
あえて言いますけど、たばこの値段、もっと上げてもいいと思う。


たばこ葉農家とか販売業者、喫煙者の嗜好などあるんだろうけど、


たばこの社会全体に与える害を考えると、


そのコストは1箱400、500円程度ではないと思う。


値上げで禁煙する人が増えるなら、コストが下がるわけで、なおさら意味がある。


それとも、喫煙派の人はそんなにコストはかかっていないと言うんですかね。


たばこに起因する病気、不快感、吸い殻の問題…、相当コストかかっていると思うけど。


この問題は、たんなる増税とか歳入の問題で考えるんではなく、


そうした社会全体のコストから考えて欲しい。


それにしても、歩きたばこは止めてほしい。


K.T