武蔵小山パソコン教室 de パセリな毎日

武蔵小山教室パソコン教室
「たのしいパソコンじゅく」講師の
パ(ソコンで)セ(生活を)リ(ッチに)
な毎日☆

ネット選挙を実感できましたか?

2013-07-20 14:23:35 | ネット選挙
いよいよ明日は参院選今回から「ネット選挙」が解禁されましたが、
皆様実感できましたでしょうか?
「ネット選挙」=「ネット選挙を解禁する改正公職選挙法は、今年の4月19日に成立した。
候補者は選挙期間中も、Webサイト、メール、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)といった
ネットサービスを活用して、安価かつタイムリーに様々な情報を発信できるようになった」
ただし、「全面解禁ではなく、電子メールについては別扱いになり、
投票呼び掛けメールを発信できるのは候補者・政党に限られる。
投票を呼び掛ける有料インターネット広告(バナー広告、キーワード連動広告など)は、
政党に限って認められる」
ということだっだのです。
【ネット選挙の恩恵はいかに?参院選いよいよ本番】ITPRO 2013/7/19付より)

ということで、発信されている情報を受け取ろうとしていなければ、
いくらネット選挙が解禁されたとしてもあんまり意味がないようですね。
つまり、普段から関心がない方にとっては(特に20代)いくらネット選挙が解禁されたとしても、
ネットゲームはやるけれど、ネットでの発信を見ようとはしなければ意味がない。
ということなんです。

「政治的なことはあまり書かないように」と塾長からのご指導があり、
「空気を読んで」あまり書けませんが、
Tomoがこの選挙期間中どのように「ネット選挙」を活用したかだけを選挙前にお伝えしたいと思います。

まずは前回お伝えしたように、
東京都区選挙区からの立候補者を確認

気になる候補者の政見放送を聴いて、
(ここは、ネット選挙のいいところでYOU TUBEで動画が上がっているので、
今までのように録画も見逃してしまって・・・なんてことがあっても、
検索で探すことができました)
いつもテレビなどに出ている候補者や既に当選している候補者を除いて
見てみました。その中で面白かった(?)ものをご紹介。

政見放送 NHK 2013参院選 東京都選挙区 マック 赤坂


政見放送 NHK 2013参院選 東京都選挙区 犬丸 勝子


それから、各所で行われている演説を検索してみることができます。
わざわざ出向く時間がなかなかないので、多くの候補者の意見を
聞くことができました。テレビでは放送できないことがたくさんあって、
これはとても参考になりました。

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]
(重大発言もあり!)


侍!山本太郎 男泣き!多摩センター パルテノン大通り ダイジェスト映像 (2013/07/16)


個人的には普段からフォローしている
山本太郎ツイッター
から流れている情報をチェックして、ツイキャス(生放送)を
見ていましたよ。

Tomo的にはネット選挙になって、選挙がとても身近なものになりましたね。

選挙はタブーとか選挙は禁句とか言わずに、
どんどん身近に、オープンにお話しできるようになるかと思いますが、どうでしょう。

若い方や政治に興味のない方も、せっかく与えられた機会なので、
どんどんネット選挙を活用してほしいです。
コメント

2013年参議院選挙は今度の日曜日です!

2013-07-19 13:21:46 | ネット選挙


参議院選挙は7月21日(日)です。
必ず投票に行きましょう~!
コメント

政見放送 山本太郎 NHK 2013参院選 東京都選挙区

2013-07-17 04:16:50 | ネット選挙
参院選の続きです。
なかなか忙しい毎日を過ごしていると、
政見放送なども見逃してしまいがちですね。
そんな中、YOU TUBE という便利なネットツールがありました。
いつでも検索して候補者の政策を見ることができますね。
検索の窓に「政見放送 2013」と入力してみましょう。
様々な候補者の政見放送が出てきます。

是非皆さんに見て欲しいですね。

Tomo個人的には
いろいろと検討した結果、候補者はやっぱり
反原発・反TPPの山本太郎かな?

こんな大事故が起きながら、再稼働をしよう。
輸出もしよう(そこでの核廃棄物は日本持ちなのよ!)
なんて動きもある
日本の原子力産業の深くて黒い闇はもうどうしようもない感じ

政治家が声を上げなくてどうするんだろう?
まるで、負けると決まっているのに突き進んでいった
第2次世界大戦時と同じ状況!

と真剣に危機に感じているのは
Tomoだけでしょうか?


政見放送 山本太郎 NHK 2013参院選 東京都選挙区
コメント

毎日新聞・えらぼーと☆

2013-07-15 23:00:24 | ネット選挙
参院選挙の話題の続きです。
今回の参院選挙は2枚投票用紙をもらいます。1枚は候補者を、
1枚は比例政党名または候補者を(ややこしい~!)書くように言われます。
ところで、その政党ですが、各党色々と政策を出していて、
「どこを選んでいいのやら?」

ということで、
回答すると各個人に近い政策の政党を紹介してくれる
えらぼーとという
サイトをご紹介しますね。

上のリンクをクリックし、
「えらぼーとをはじめる」をクリックすると、
「使い方を見てから始める」と「いますぐ始める」のボタンだ表示されますので、
どちらかを選択します、「使い方を見てから始める」からの方がいいでしょう。

進むと
以下の画面が出てきます。


まずは、そのトピックに対する関心の高さを選択します。


選択が終わったら、最後に回答の確認ができます。
性別・年代を入れて完了


考えの近い政党が表示されます。

これもまあ、広い意味で、ネット時代の選挙ツールの一つ
色々と考える補助となるかもしれませんね
コメント