楽しく生きる方法探そう

生きてるだけで人生まるもうけ。だって、いろんなことが体験できるんだもの。
自分流・楽しく生きる方法、見つけよう。

『月夜の晩に火事がいて』を読んだ。

2011年12月30日 | 趣味
話がちょっと込み入っていて、後ろのページを見ながらでないと筋を追えないという難点はあるものの、話の内容はおもしろかった。
創元推理文庫から出ている芦原すなお作の『月夜の晩に火事がいて』である。
……
東京で私立探偵をしているぼくはある日、幼馴染みの依頼を受けて久し振りに懐かしい故郷を訪れる。地元一の旧家、木兵衛屋敷の当主のところに不吉な手紙が届いたというのだ。ぼくがつくやいなや、「月夜の晩に火事がいて」というわらべ歌どおりに屋敷から出火し、当主が顔を潰され、先代の息子までもが胸を刺されて死んでいるのが発見される!(同書裏表紙より転記)
……
というものだ。
直木賞作家初の長編ミステリ。
コメント   この記事についてブログを書く
« サンタさんて本当にいるの。 | トップ | 『天に遊ぶ』を読んだ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味」カテゴリの最新記事