BOWZ「000」

気まぐれかつ狡猾なサカナ達に魅せられ、今日も一人きりの谿で地団駄踏みつつ、悔し涙を流す、哀れな同類に捧げる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発ゲームの主人公たちへ

2011年04月22日 | Weblog
「そんな無駄なこと考えるぐらいだったら、勉強でもしてろ!」
小学生の時、ノストラダムスの大予言をかなり真剣に信じていたわたしとは対照的に、両親をはじめ、周りの大人たちは丸っきり信じちゃいなかった。

弟と一緒に発砲スチロールとスノコを針金やビニール紐で縛って作った『(仮称)ノアの箱舟号』で、何度も近くの小川で進水実験を試みては沈没を繰り返す。
結果、哀れな濡れねずみになりつつも、そんなけして報われることのない進水実験(果たして、これを実験と言っていいのだろうか?)を繰り返した記憶が残っている。
悲しいかな、成功した記憶は残っていない。

あの当時、いい意味で、子供たちを騙そうとする大人たちが一杯いた。
子供たちも嬉々として、その騙しにのったんだけどね。

友達どころか、猿ですらないシーモンキー、コカコーラの策略によって、全種類買わされる羽目になったヨーヨー、映画化されるたび、何度も生き返る宇宙戦艦ヤマトの乗組員たち、当時流行っていた流行歌手の曲名を組み合わせ『勝手にシンドバッド』というふざけた曲を歌うコミックバンド、寝るアントニオ猪木vs逃げるモハメッドアリ、骨だけのピラニアにかまれただけなのに『喰われた!』と大げさな川口浩探検隊、蛇が二匹かさなっていただけなのに『二又の大蛇だ!』と大騒ぎする川口浩探検隊、子供の目にも着ぐるみにしかみえないのに『雪おとこだ!バーゴンだ!』と大騒ぎする川口浩探検隊、ついさっきまで槍をつきつけて凶悪そのものだったのに、貢物を渡した瞬間、一転してフレンドリーになる首狩り族、UFOと交信できるというアメリカ人をテレビで生中継(当然、何一つおこらなかったが)、口裂けオンナは100メートルを5秒で走るけど、ベッコ飴の呪文を5秒以内に10回唱えられると消えるだとか、今思うと、すごくいい加減な時代だったんだろうねぇ。

でもね、その程度の騙しだったら、まだ、いいんだよ。
俺って、純だったなぁ、あんなことを真剣に信じてたんだよ、えっ?お前もそうなんだ!お互い莫迦だったよなぁって、後の人生で活きる経験だったりするんだよね。
まぁ、なかには真剣に信じて、人生をおもいっきり踏み外してしまう人も居るんだろうけど、それはそれで、当人にとっては夢みたいな人生かも知れないし、逆にうらやましいくらいだよ。それに、赤の他人を不幸に貶めることはないからね。

それとは別に、ダメな騙し、嘘と言い替えてもいいかも知れないが、そういうものもある。他人の心や体を傷つける嘘だ。他人を不幸にする嘘だと言ってもいい。
どんな人であっても、子供のときに、散々、そういう嘘で相手を傷つけたり、逆に傷つけられてきた筈だ。だから、その痛みを十分すぎるくらいに学習し、やがて、成長するにつれ、そういう嘘はつかなくなるし、容易に見破ることもできるようになる。だって、後味わるいもんね。

ところが、非常に残念なことに、今、日本政府が、テレビや新聞などの大手マスコミが、東京電力という会社が、原子力関連機関が、お抱えの御用学者さまが、そして、見えないように見えないように隠れている、本当にあくどい何者かが、日本国民全員を不幸にするような騙しを行なってきた事実が次々と暴かれはじめた。
しかも、その騙しの当事者は、年端のいかない子供じゃなくて、酸いも甘いも十二分に経験してきた筈の立派な大人たちだ。

こんな不幸な事故が起きたにもかかわらず、原子力発電を継続することに固執している様がはっきりとわかってしまうのだ。それに固執するあまり、本当はついてはいけない嘘をついている様が、あんた達の目を見ると、はっきりと見えてしまうのだ。

しかし、一番の悲劇は、あんた達の言う事を、盲目的に信じてしまう純粋な人たちがいっぱいいるという事実だよ。
本当は一番そういう人たちをあんた達は大事にすべきなんじゃないかと思うんだが、どうして、そういうことができるんだ?今、行っていることに対して後ろめたさは感じていないのか?
結果、あんた達を信じて、被った償いきれない大罪に対して、知らぬ、存じぬ、騙された方がわるいと開き直るつもりではいないよな?
もしもそうするつもりなら、もう赤い血のながれる人間では無くて、体温すら感じられない鬼か悪魔のどちらかだよ。

こういう騙しは、残念ながら、後年笑えないんだ。
今の子供たちも、俺たちも、だれも、嬉々としてのれないんだ。
あんた達だって、どんどん自分ら陣営の状況がわるくなっていってることをわかっているんだろ?
こんなことにまったく関心もなかった俺ですら、色々と知ってしまったがゆえに、こんな放置しっぱなしだったブログにわざわざ書こうと思うくらい、憤っているんだから。

だから、もういいかげん、こんなバカげた、不幸な原発ゲームなんて終わりにしてくれないか。

福島には友だちもいるし、野営の想い出つまった川もあるし、居着きの腹が黄金色のイワナだっているんだよ。
今年は仲間たちと久しぶりに行ってみようかと楽しみにしていたんだよ。
小市民の、そんな些細な楽しみをうばう権利は、あんた達にはない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【にわかに訊け!】モルトウ... | トップ | 【2012年どしゃぶり隊@渓旅... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
むずかしい (N)
2011-05-02 23:36:47
あまりにヘビーでコメつかいないね。

いろいろあるが、個人的にはその方面の人間でもあるし。(関係者&業界人というのではなく、おもいきり原子とか放射線とかも学んだ人間ということで)
私も学生のときはプチ被爆とかもしてるしさ。急遽血液検査とかさせられて白血球数調べられたりしたものだ。

あのてのエネルギーはいまだ人類にはもてあますところはあるが、ある意味、必要悪的ではあり、絶対否定するものではない。
個人としては、コストやその他の直接的環境破壊(ダムもそうだし)も考えると、、、、

やっぱ、一番は親方日の丸企業がいけないのだよ。
いち企業が犯した間違いの補償のために、なぜ国家予算が組まれる? 消費税が上がる?
民間企業ならありない。
その上、ボーナス削減とか言って、、、
普通削減でなく無いでしょ。
外国なら、経営責任取らされて、資産も没収だよね。

最近発見したこと、グレンィヴェット飲むとなぜか翌日腹が緩む。体質的に合わない様だ。。。蒸留酒で初めて。
おひさしぶり! (エッグマン)
2011-05-14 15:26:30
まさか、こんな記事にコメントがつくとは思っていなかったオレです(笑)
すっかり、ご無沙汰しちゃったね。
また、あの二人で行った渓にでも行ってみたいね。
といいつつ、いまだ釣りにいくほどのモチベーションがあがらないけど。
いろいろとナカさんと酒でも吞みながら、話してみたいもんだよ。お互い、荒れそうだけど(笑)

虎の子だった山崎12年が空いちゃったので、そろそろ、HIBIKI12年を開封しようかとおもっちょります。
国産もうまい!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事