BOWZ「000」

気まぐれかつ狡猾なサカナ達に魅せられ、今日も一人きりの谿で地団駄踏みつつ、悔し涙を流す、哀れな同類に捧げる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【中央アルプスの渓】ラッコ隊がいく

2010年08月02日 | Fishing Report

前回来たときは、あまりの水の多さに、わずか50メートルほど遡行して引き返しました。
今日こそは、ここからテン場まで釣りあがってみせるぞ!


テンカラ@ミキ助 一緒に釣りするのは1年ぶりだね。


マッチ棒改めラッコのテツ 今回の主役はこの男でした。 


Pカン兄さん 実は3日前もここに来てます。で、今月末は北海道へ遠征だって。
尺とファイト中のワンカット。


わかりづらいですが、左奥に小さく写っているのが、改名直後のラッコのテツ。
それにしても、見事なナチュラルドリフトっぷりでした。もしもアリゲーターが居たら、一発で出たと思います。


雨が降り続いたこともあって、2~3日、釣り人は入っていなかったようです。
7~8寸サイズがポツポツとでます。


びしょぬれのラッコのテツも快調に釣ってます。


難所を全員で協力し合いながら突破し、堰堤を巻いて、いつものテン場に到着。
さっそく幕営の準備。さらに変態度は増している気がします。
もう十分釣りした気になってますけど、まだ10時すぎなんだよね(汗)


川を眺める雉、猿、犬。やっぱり、後ろ姿が下品ですね。
この上から各自釣り上がりました。予想に反して、ポンポンでます。これがこの川の実力なんですね。
『やっぱり釣りって、面白いよねぇ』『サカナが多くて前に進めねぇよ』久しぶりに一緒に釣りをしたミキ助も満足げです。
あとはイブニングで尺さえ獲れれば十分かな。


テン場で軽く気絶した後、全員で核心部まで林道を歩いて入渓。見事に敗退。6寸一匹。
でも、既に抜かりなく良型を人数分キープ済みでした。限りある自然の恵みを有り難く頂戴し、眠くて気絶するまでビールを片手に仲間達と談笑。こんな事をいつまでも続けたいね。


翌朝、いつもどおり、テントを思いっきり揺らされて叩き起こされる。結露がシャワーとなって顔面に降り注いだこともあり、一発で目覚めました。
で、話を聞いてみると、つい先ほど、対岸にツキノワグマが現れたそうです。
ここって、実はクマの巣だったりするんだよね。
昨日仕込んでおいたイワナの漬け&から揚げ、魚肉ソーセージの卵とじ、ラッコ特製鍋という豪華な朝食。
もう腹一杯で食べられません。
これが今年最後の野営となるであろうミキ助&ラッコのテツコンビは素早く撤収を済ませて上流部へ向かいます。


のんびりまったりと撤収を済まし、車留めへ向かっている最中、満面の笑みを浮かべた野卑な二人が乗ったバスが、われわれを追い抜いていきました。が、車留めに着くと、ミキ助がいません。
なんでもバスの中に財布を落としたらしく、そのバスを追いかけていったらしい。

『おまえはサザエさんか!!』完
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 【栃木峡谷】Attack With GPS... | トップ | 【2010年夏 那須塩原水... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラッコ)
2010-08-03 00:26:50
くっ。。。

というわけで、隊員募集中!!
Unknown (P)
2010-08-03 01:47:02
ラッコのテツ、と名乗るからには、一匹狼(猟虎?)じゃなきゃあね。あ、でも、テツさんについて行きます!っていう人もいるのかなあ。
Unknown (赤工員)
2010-08-03 05:32:25
ラッコ=落子
テツの由来 (エッグマン)
2010-08-03 12:55:01
微妙に鉄道事情に詳しいというだけなんだけどね。その情報が正しいのかも怪しいし。

>テツ
もう流れたことは水に流しておしまい!
流れてばっかりだけど。

>P兄
いないと思います。

>赤さざえ
その当て字は微妙だから却下。
Unknown (BOSS)
2010-08-03 13:05:44
>それにしても、見事なナチュラルドリフトっぷりでした。もしもアリゲーターが居たら、一発で出たと思います。

もう大爆笑!!
次回の遠征は動画を撮影してね♪
鬼の形相でした (エッグマン)
2010-08-03 19:25:11
釣竿を握り締めたまま、大岩によじ登った時のテツの顔。一生忘れることはないでしょう。

>次回の遠征は動画を撮影してね♪

唯一、まともと思われる友人が居なくなってしまうので却下。
Unknown (P)
2010-08-05 01:14:34
>大岩によじ登った時のテツの顔

瞳孔が完全に開き切ってましたね。

>一生忘れることはないでしょう。

死ぬ前に走馬燈のようにあの顔がグルグル回るんですね!
今でも (エッグマン)
2010-08-05 08:52:00
走馬灯のようにあの顔がグルグルと回っているんですけど(笑)

目的は兎も角、出来れば写真に納めて、次の世代へ引継ぎたかったですね。

コメントを投稿

Fishing Report」カテゴリの最新記事