BOWZ「000」

気まぐれかつ狡猾なサカナ達に魅せられ、今日も一人きりの谿で地団駄踏みつつ、悔し涙を流す、哀れな同類に捧げる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【2013年毛鉤ながし】奥飛騨 and 奥鬼怒編

2013年07月15日 | Fishing Report


水墨画の世界にいるような、モノクロの世界。陸上に居るにも関わらず、水の中にいるかのような息苦しさ。
はるばる自宅を21時半に出発し、幾度も睡魔でガードレールに突っ込みそうになりながらもようやく着いたというのに。
カッパを着込み、昼過ぎまでウダウダとどうしようかと悩んだあげく、せっかく、ここまで着たのだからと小降りの雨のなか出発する三名。
でも、遥か彼方の沢床へ下降するのは二人になってましたが(汗)
その晩、なぜか幾ら吞んでも吞んでもひとっつも酔わず、眠くならず、深夜の二時頃までアルコールの摂取に励みました。
翌朝のイワナのヅケ丼(ワサビの茎入り)を食べている時、『あぁ、俺、釣りに来たんだっけ』と気付きましたが、あえて気付かぬふりをしました。
そして、遠征先からの帰途、関東に近づくほどに初夏を感じさせる燦々とした陽光を浴びるたび、『あぁ、なんかAWAY感がすごいな』と、あの水墨画の世界があたかもHOMEであるかのような錯覚に陥りました。

時は流れて、、、

実は奥飛騨へ行く前に、奥鬼怒のまだ行った事のない沢にGPS職人と野営の計画をたててました。
先週の荷物をほとんどそのまま違うザックに詰め替えて、準備終了。熱帯夜でほとんど寝れぬまま、朝方の3時半に自宅を出て、車止めの手前に1台、奥に2台。こりゃ、ダメだわ。
急遽、別の沢へ行き先を変更。ここは3年ほど前にGPS職人に案内してもらった沢です。高巻きも多く、脱渓もキツく、出来ればここは空身で攻めたい渓ですが、久しぶりの野営(先週のコトはもう無かったことにしてます)に気合いの入るワタクシ。
途中、リポビタンDのコマーシャルに使われても何の違和感もない悪場をこなし、ひたすら遡行を続ける二人。
今回はGPS職人の釣り方をしっかりと後ろから見させてもらいましたが、サカナがしっかりと見えていて、キャストがムダがなくて正確なので、ワタシの釣果とは雲泥の差になっちゃうんだね。
圧倒的に枝や岩を釣る回数が多いものの、ポツポツとワタシの毛鉤にも美形の居着きイワナが反応してくれます。『あぁ、イワナってこんなヌルヌルしていたんだなぁ♬』
そこそこの型が数匹釣れたのでワタシ的にはもう満足。GPS職人はわたしの四倍以上釣ってましたが、それはもう聞かなかったことにします。
3時すぎにテン場に到着し、各自、ソロテントを張り、マキ集めや焚火の下準備をはじめます。ビールを吞みたい衝動を抑えつつ、塩焼き用のイワナをGPS職人にお願いすると、テン場の目の前の何ともない瀬でいとも簡単に良型イワナを揃えてきてしまいました。あなどれないな、やっぱり、この輩は。

既に4時すぎの段階で50度のウィスキーを煽り、顔を真っ赤にしたGPS職人とビールで乾杯。このペースで吞んじゃうと夜の7時には無くなるんじゃないかなと500mlのペットボトルに入った液体の減る量を眺めつつ、今回は釜飯の元とGPS職人が百均ショップで見つけてきたヤキトリのレトルトパックを一緒に白米と炊き込むことに。これが美味かった♬ 先週のイワナの炊き込みご飯も美味かったが、こういうジャンクっぽいのも意外と美味いんだよね。
途中、幾度か記憶を無くしつつも、焚火のはぜる音と煙りの香りで我に返ります。満を持して、いい感じに飴色に燻されたイワナの塩焼きにガブリと食らいつくと、薫製チーズのような食欲を誘う匂いとふっくらとした白身と塩とが絶妙なハーモニーとなって、更にアルコールが進みます。今まで、塩焼きって、気がつくと灰まみれになってしまって食べずに放置というパターンだったけど、きちんと時間をかけて燻すとこんなに美味いんだね。大地の恵みに感謝。
22時頃、寒くなってきたので寝るコトに。シュラフに潜り込むとあっという間に記憶が途絶えた。

翌朝5時、テントにパラパラと落ちる雨音で目が覚める。いそいそと起きだし、焚火に火をつけて、朝飯の準備。昨晩と同じ釜飯とヤキトリの炊き込みご飯です。ちょっとコッフェルの底が焦げ付くけど、これは試す価値ありですよ。
小雨が降る中、撤収を済まし、キジを撃ち、再び沢を詰め上がる。巨岩帯のところどころにちょっとした渕があり、そこそこ反応があるが、なかなかフッキングできない。毛鉤を突いて戻ってしまうのもいる。3回は反応するが4回目になると毛鉤を完全に見切ってしまう狡猾な野生のイワナたち。ちょっとした渕に遠投した毛鉤を良型が引ったくる。竿をあおると真っ黄色のお腹がギラッと水中で光る。手前に走ったかと思いきや、Uターンして渕へ潜り込もうとする。竿を思いっきりのされつつ、岸へずり上げると、尾びれの立派な、お腹がデップリと太った泣き尺イワナだった。『来てよかったなぁ』心の底から思いました。

更に上流へ進むと、滝を見に行くための登山道と合流する脱渓点に到着。休憩中の登山者に挨拶し、朝、仕込んでおいたアルファ米をかき込み、車止めまで2時間の旅だ。肩に食い込むザックの重さが重たければ重いほど、車止めに着いたときの開放感が堪らないのだ。再び、雨脚が強くなってきた。遠くでカミナリの鳴る音が聴こえる。ウルイらしき花が咲き乱れる林道を息を切らしつつ、ゆっくりと上へ向かって歩く我々でした。
『あぁ、明日、会社なんだよなぁ。やだなぁ。行きたくないなぁ。』とずっとそればっかりを考えながら歩いていたのが功を成したのか、自宅に戻ると会社の携帯に着信あり。メールを開くと『明日の出社はなし』との文字が。

泣いた。土曜日、出勤したみなさん、本当にご苦労さまでした。アナタたちのおかげです。
その晩のビールの味は格別でした。
GPS職人、今回も案内ありがとう。次回はあの先行者の沢へリベンジしましょう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【2013年毛鉤ながし】栃木の... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
肩が痛い (N)
2013-07-16 23:19:25
新規探索ですが、来週木、金なら休みが取れるが
まあ、今の時期いつでもとり放題といえば、そうなんだが。

ちなみにキャストに無駄が無いか?
ショートリーダーの割には打ち直しが多いと自分では思うのだが。
まあ、フォルスキャストはもともと少ない上に、竹になって基本1回か2回で入れるって癖がつきましたが。
虫さされ跡が痒い (エッグマン)
2013-07-17 22:18:06
この前はおつかれさまでした。
各地で遠征があった中、結果的にわれわれは勝ち組だったようです。70リットル×4回=280リットル費やして泥川と化した東北方面を走り回った人たちも居たみたいです。

う~ん、平日は休めそうにないなぁ・・。でも、行きたいなぁ。このジレンマがつらいなぁ。

見てると無駄振りしないよね。
常にどこかに毛鉤が流れているように見えるからね。
まったく力みもないし、物干し竿みたいなロッド振ってた人とは思えないよ。

コメントを投稿

Fishing Report」カテゴリの最新記事