季節の風にのって    ワークショップ HIRO

不器用とかセンスがないとか「ノー プロブレム」
やってみたい気持ちが一番
さあ、 一緒に楽しんでみましょう

ワークショップ ゆず 思い出

2020年01月20日 | 植物・つるクラフト・ワークショップ

           柚子

         父が育ててきたゆず

       20年近い  

       鳥たちがついばみ始めた

       日当たりの良い美味しそうな実から食べられていく

       よくわかるなと感心する

       この合図が柚子ジャムやみそにする時

       早速ワークショップの準備

       府中から採取し浜田山に 

       調味料はいたってシンプル

       酒・こうじみそ・グラニュー糖 のみで仕上げていく

       丁寧に種を取る 

       フードプロセッサーで好みの歯ごたえになるように少しづづゆっくりと

                      

      古代米ごはんにかけながらやさしい味を楽しむ

            

       生クリームを入れたつぶつぶ感のある洋風味噌にもトライ

       パンの耳ラスクに付けていただく  

        

                        季節のある食事に感謝

                        「ありがとう」


 

コメント   この記事についてブログを書く
« 木工ワークショップ準備 | トップ | 墨の匂い »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植物・つるクラフト・ワークショップ」カテゴリの最新記事