日銀券を増刷して日本国を救う村島定行のBlog

①日本は世界最大の債権国、お金がなければ刷りなさい②英語を多用すると次第に馬鹿になる③靖国参拝は日本人の義務だ。

平成最後の建国記念日の挨拶

2019年02月12日 | 経済

 

 「建国記念の日をお祝いする県民の集い」にお集まり頂きまして有難うございます。主催者を代表して一言ご挨拶申し上げます。

 建国記念の日は初代の神武天皇が橿原神宮で即位された日を記念して決められています。日本では神武天皇以来今上天皇まで125代が連綿として引き継がれ、今年の4月30日には今上天皇が退位され、翌日皇太子殿下が即位されます

 日本国の歴史は古事記と日本書紀に書かれていますが神話から現代までつながっていることが特徴です。古事記では初代の神武天皇以前が神話として扱われ、神武天皇以降が人の世の歴史として書かれています。初代の神武天皇から今上天皇まで絶えることなく続いてきたことは江戸時代の学者の本居宣長によりますと「日本では正しい政治が行われてきた」からに他ありません。

 欧米では歴史は権力の奪い合いと説明しますが日本で八紘一宇、つまり世界を一つの家とする考えですから基本的に喧嘩はありません。しかしながら昨今は老人福祉施設で虐待があったり、小学校4年生の女の子が実の父から虐待を受けたり、悲惨な話が多いように見えます。これでは政治が正しく行われているとは言えません。教育勅語が重要視されていた戦前では全くありえない異質な事件です。戦後は教育勅語は国会で無効の宣言がなされ、道徳教育は軽視されています。神社仏閣は教えられず、宗教教育もありません。天皇の存在についてもあまり教えられていません。建国記念日にあたり、日本の美風をもう一度取り戻す、試みが必要なのではないでしょうか。今年は御代がわりの年です。日本国の成り立ち、いいところを確認するよい機会にしなければなりません。

 日本の歴史を見てみますと全て天皇を中心に動いてまいります。元明天皇の命により古事記が編纂され、頼朝が征夷大将軍に任ぜられることにより1192年に鎌倉幕府が始まり、徳川家康が征夷大将軍に任ぜられることにより1603年に江戸時代は始まったと言えます。現在でもそれは変わりません。天皇陛下の招集によって国会が開かれ、天皇陛下による任命によって大臣は大臣になります。このやり方は初代の神武天皇より変わっていませんので日本の建国記念日は世界一古いのです。中国は1949年が建国記念日です。韓国は1948年です。米国は1789年です。日本の場合は建国年度がわかりませんが一番古いことは確実です

 次に日本の特徴としてあげられるのは「大和言葉が変わらず使われて来た」ことでしょう。万葉集の言葉は我々に良くわかります。それから40代ちょっと遡れば天照大神です。同じ一族ですので天照大神の言葉もわかるのではないでしょうか。言葉は文化活動の基礎です。日本には万葉集以来豊富な古典文学が残されていますし、能、狂言、歌舞伎などの文化の花が咲き誇っていました。近代日本文学や漫画やアニメの隆盛につながっています。

 日本国とは天皇家を中心として正しい政治が行われて、国民が楽しく、幸福に暮らして来た国です。安定した言語のお陰で盛んな文化活動、精神活動のあった国です。

 その言葉の特徴が最近は英語の氾濫により変わってきているように思います。ドルフィンポートとかパブリック・ビューイングとかアンチ・エイジングとか英語そのものを使うのが一般的になっています。これでは「いるか」や「港」という日本語が使われ無くなります。「ドルフィン」と「いるか」が違うものを指すと誤解する人も出るかもしれません。日本語を大事にしない風潮は由々しき問題に感じます。

 建国記念の日はこのような日本国の素晴らしさ(色々問題もありますが)を噛み締める日です。第一部の奉祝式典に続き、第二部で伊勢雅臣先生のご講演があります。お楽しみ下されば幸いです。

コメント

大学時代の同級生が死んだ。

2019年01月11日 | 経済

 昨日大学時代の同級生同士のグループメールでAが死んだと知らせがあった。12月7日に死んだと奥さんから聞いたという。沖縄からの国費留学生として通常の試験を受けずに入学してきた男だった。誰もが「沖縄は英語を話しているのか」という質問をぶつけてきたがお前だけはその質問をしなかったと珍しがられたことを覚えている。最初に2年間は忘家寮にいて天籟寺の下宿に移ったがAは隣の家に下宿していた。下宿の2階の私の部屋の窓をトントンと叩くので開けてやったら「門限に遅れて詰め出された泊めてくれ」と入り込んできたことが何回かあった。

 囲碁の好敵手だった。力は初段程度。勝ったり負けたりで実力は伯仲していた。ケネディが殺された衛星放送を見た直後にやってきて「衛星放送はすごいな」と興奮していたことが記憶にある。4年になり卒業の時期になると卒業できるかどうか話題になった。Aは危ないかもしれないと言っていたので「情報理論」の科目(1単位)の試験を受けAの名前を書いて答案を提出した。前期末の定期試験のことだった。半年後私もAも卒業できたが卒業式の時に『取得単位数は125だった」と私に知らせてきた。必要単位数は124で1単位多かったというのだ。自力でも卒業できたと言いたかったのかもしれないと思った。ちなみに私の取得単位数は124単位でギリギリであった。昔の思い出である。

コメント

30年間の節約のし過ぎしで日本には大量の金が余っている。大量に金を余らせているアベノミクスは失敗する。

2018年12月15日 | 経済

 日本は「お金の使い方が少ないために、少子化、貧困化、低成長化が起こっている。不況から脱出できない。あるいはデフレから脱却できない。」とこのブログでは主張している。この主張は前世紀末から変わらない。

 これに転機になったには安倍首相だ。お金を年間80兆円も刷らせるということでこれでお金の使い方が画期的に増えると思ったが安倍内閣は刷ったお金を使おうとしなかった。金融緩和を始めたのに財政再建路線を堅持したままであった。年間予算は100兆円以下を続けて、8%への増税を実施し、来年には10%への増税をするという。これでは「お金の使い方が少ない」という状態を改めることはできない。つまりデフレ脱却はできないということで決まりである。

 安倍首相が年間80兆円のお札をすらせるようになったのは功績である。「お札を刷らせるとハイパーインフレになる」と言われていたからである。現実はどうかというとハイパーインフレどころか、「適度なインフレ」さえはるかかなたである。日本の経済学者、官僚などがいかに馬鹿かを示している。これは集団的自衛権を部分的に認める安保法制を憲法違反という憲法学者が7割もいるというのに似ている。経済学者も憲法学者も馬鹿ばかりである。

お金の使い方が少ないと大量にお金が余るのは理の当然である。平成30年間を通して財政再建と称して必死に節約に務めてきた結果日本には、フローは増えず、ストックだけ急激に増え続けるという異常な状態にある。お金がどこに余っているかというと対外純資産が450兆円、企業の内部留保が450兆円、安倍内閣になって日銀に刷らせたお金が450兆円にもなる。目につくだけでこれだけ1350兆円のお金を余らせながらわずか10兆円のお金が欲しいとして増税に固執するのである。気違い沙汰だ。政治家も学者も官僚も馬鹿ばかりである。

 日銀に刷らせたお金は既発行の国債の購入に充てられている。日銀が市場に流したお金はほとんどは企業に渡る。企業は450兆円もの内部留保を持つ超金余り状態にある。超金余りの企業に金を渡して使ってくれというのは馬鹿のやることだ。企業に渡さないで金に困っている政府に渡してこそ意味があるのである。安倍さんは「デフレ脱却を実現してくれると言う点で日銀を信頼している」と言う。しかし現状をみればデフレ脱却は実現しそうにない。デフレ脱却を実現できない日銀は馬鹿だし、日銀を信頼する安倍さんも馬鹿だ。デフレ脱却のためには大規模な財政出動が必要だ。つまりデフレ脱却は安倍さんの仕事である。財源は日銀に刷らせている80兆円のお金を使えばいいのだ。財政再建路線を堅持していてはデフレ脱却は実現できない。国債を買うのは借金を返済することに相当する。借金を返済するのは後回しにして財政出動を優先するだけでいいのだ。

 

コメント

トランプが対中貿易赤字をゼロにできたら米中貿易戦争は米国の勝利だ

2018年12月03日 | 経済

 米中貿易戦争がたけなわで世界がこの話題で沸騰している。貿易戦争の遠因は米国の巨大な貿易赤字である。毎年30兆円の貿易赤字は巨額である。これは米国の中国への贈与とみなせる。これだけ敵?に塩を送っていては、中国が強大化するのは当然だ。中国の悪いところをあげつらっているが中国を信用してこれだけの巨大な黒字を与え続けたというのは米国の失策である。巨大な対米黒字が中国の力の源泉である。これに気づいたトランプはこの貿易不均衡をなんとかゼロにしたいというのが現在大騒ぎをしている米中貿易戦争である。これに成功すれば中国の景気が落ち込み、外国資本が中国から逃げ出し外貨不足がおこる。これを実現するには中国から買っている物を他の国から買うことである。そのためには中国物産に関税をかければいい。新しく関税をかけたがまだ十分ではない。中国が豊かになれば民主化して穏やかになると言われていたが中国の近年は居丈高に世界一の軍事強国を目指し、植民地を獲得したがっている。完全な見込み違いであった。これだけ中国が凶暴になれば世界の平和は危機に瀕する。中国を凶暴にするのに一番大きな責任を持っている米国は貿易赤字をゼロにしなければならない。

コメント

安倍さん:デフレ下の増税は悪い増税です。「物価上昇率が2.5%を超えるまで10%への増税は延期」でお願いします。

2018年11月24日 | 経済

 安倍さんが10%への増税へまっしぐらで困っています。リーマン級の経済変動がなければ増税を実施すると度々公言しているのでその通りやっているのでしょうがデフレ下の増税は悪い増税です。これを実施すると「安倍内閣の9年間でデフレ脱却はできなかった」ということが確定します。

 毎年80兆円刷っているがこれは全部既発行の国債の購入に充てられている。国債購入額を減らして財政出動に回せば財源は心配いらない。7兆円回せば5%への減税ができる。10兆円回せば防衛費3倍増ができる。

 

コメント

プーチン「歯舞、色丹に米軍が来ないことを補償せよ」に対する回答例

2018年11月24日 | 政治

 プーチンが「歯舞、色丹に米軍がこないことを補償せよ」と要求したそうだがその回答を提案しよう。

 「歯舞、色丹は北海道の一部だからそういう約束はできない。国後、択捉については米軍に利用させないことは約束できる。」

 プーチンは歯舞、色丹しか返さないつもりのようだから、そこを米軍に利用させるなと要求してきた。「ハイ、利用させません」と約束するのは馬鹿げている。できないと断り、「国後、択捉には米軍に利用させないと約束できる」と切り返すのがベストだ。国後、択捉を返還する場合の条件を提示して、国後、択捉の返還をプーチンに考えさせるのがいい。歯舞、色丹を米軍に利用させないと約束しなかったとして歯舞、色丹の返還も断わる口実にしてくればそれはそれで、物別れ中断だ。一応、「国後、択捉については約束できる」ということで話はわかる相手であることを示しているのでそういうことにはならないだろう。二島だけではまとまらないということをロシアに示して中断する以外にない。

 日本はデフレ脱却や憲法改正や再軍備を実現して物事を解決する能力を示さないとなめられるだけだ。デフレ脱却をするためにはまず日本は借金国ではないことに気づかなければならない。日本には唸るほどの金があることを示さなければならない。対外純資産450兆円、企業の内部留保450兆円、日銀に刷らせたお金450兆円合わせて1350兆円もあることを世界に示してその金の力を見せつけなければ北方領土は帰ってこない。「日本は金がない。増税しなければならない」と追い詰められた考えの安倍さんでは北方領土は帰ってこない。

 

コメント

中国の日本急接近の背景。日本が中国に応ずるのは危険。

2018年11月22日 | 政治

 日本はAIIBについては米国とともに参加しなかった。日本はよく中国の実態がわかっているとして世界中から賞賛を浴びたのではなかったか。その後欧州諸国も日本と米国を見習って拠出を見合わせるようになったと思う。わたし自身日本は中国の実態をよくわかっていると思ったのだが今回の日中関係の急接近には面食らった。何も中国の実態が変わらないのに日本が中国と急に仲良くするのに反対だ。一帯一路に協力するとか、日中でインフラ整備とかもってのほかだ。中国のやり方をチェックできるなどという幻想を抱くべきではない。中国と協力すれば日本自身が信用を落とすだけだ。これまで米国と協力して中国叩きを行ってきたのは嘘だったのか。中国包囲網形成に先頭に立って安倍首相が働いてきたのではなかったか。それが少し中国にニコニコとされただけで急に仲良くなってしまうとは呆れたものだ。中国の実態が何か変わったのか。安倍内閣に失望したと言わざるを得ない。福沢諭吉は中国、朝鮮人と日本人は違うから一緒に物事をやってはいけないと脱亜論の中で言っている。100年以上経ってもこの言葉の正しさが納得できる状況になっている。ここ10年の嫌中、嫌韓の盛りがそのことを示している。中国人、韓国人は信用ならないと考える日本人が70%を超えるという世論調査もある。その日本がなんで中国に接近するように思われる行為をするのか。北方領土問題でも2島で手を打つことに繋がりそうな話が聞こえてくる。10%への増税も強行しそうだ。安倍首相の判断力が鈍っているのではないか。認知症にはまだ早いと思うが。

 中国が急に日本に笑顔を見せるようになった理由

  1 ここ2、3年日本は米国と一緒になって中国叩きを行ってきた。日米豪印で包囲網を作る計画を打ち出した。

    その結果、中国の孤立が目立ってきた。日本とはうまく行っているように見せたい。

  2 日本が核兵器を開発するのを防ぐために微笑外交に切り替えた。


  3 日中が会談などを行えば米国が日本を疑うようになる。その頃を見計らって日本が米国に反旗を翻す気

    があるという噂を流す。日米の離間が目的。

  4 米中の対立の激化で起こる外貨不足に備えて日中間の通貨スワップを結ぶため。


 

 

コメント

提言 安部晋三様:③北方領土交渉でカムチャッカ州の100兆円買収提案を求めます。

2018年11月16日 | 経済

 安倍総理大臣が2島先行返還の方向で交渉を加速しようと合意したと話が伝わって来ている。これでは2島だけに終わってしまう可能性が高い。そうなれば完全な敗北である。

日本が奪われた島の面積を示そう。サハリン州 87100㎢、千島列島10356㎢、国後、択捉4657㎢、歯舞、色丹島 346㎢だ。サハリン州の南半分が日本領であった。歯舞諸島+色丹島の2島の面積は奪われた面積の0.64%に相当する。国後、択捉、歯舞、色丹の4島で9.2%だ。2島返還で終われば奪われた面積の1%も返ってこなかったことになる。もともと歯舞、色丹は北海道の一部で千島、樺太は全く返ってこなかったことになる。最初は4島即時返還、残りは時間をかけて返還を求めるというものであった。なんの進展もなく、2島で妥協するのは反対である。領土侵犯は条約違反から起こったことだ。条約を破ったロシアと平和条約を結ぶ理由はどこにもない。ロシアとは最低限4島を返さないと平和条約を結ぶべきではない。どうしても我々には4島が必要である。それが実現しそうにないなら話を中断して、頭を冷やす意味で、以下のような新提案をプーチン首相に示してもらいたい。

   1。 カムチャッカ州(カムチャッカ半島)を100兆円で買収する。

   2。 千島列島と歯舞諸島と色丹島は日本に無償で返還する。

   3。 日本に渡される土地にいるロシア人は日本国籍を与える。希望しないものはロシア国籍のまま住むこと

     ができるし、ロシア国内へ移住することもできる。ロシア本国へ帰る家族には2000万円+移住費用を支

     給し、すみ続ける家族には1000万円支給する。


   奪われた領土をお金で買うことはできないので大金を払えない。ロシアに大金を渡すためには日本に属したことのない領土を買う以外にない。それでカムチャッカ半島買収提案である。千島列島は日本に無償で返すことでロシアも強盗だったと言われないで済む。新しく日本領になるところに住むロシア人にも経済的な利益が得られる。日本は念願の北方領土を回復し、それ以外にカムチャッカ半島をを得る。日本は世界一の金持ちであり、金は有り余っている。100兆円の出費はほとんど負担にならない。

 

 

コメント

提言 安部晋三様:②アベノミクスを100%成功させるため、財政再建路線を捨て大規模な財政出動を求めます。

2018年11月15日 | 経済

 拝啓 安倍晋三様 

 理由

 1 日本は世界一の債権国で財政再建(増税、歳出削減)の必要はない

 2 失われた20年+アベノミクス5年を通してお金を使わな過ぎたため、物価上昇率が低いままです。

  つまり日本経済は節約のしすぎなのです。財政再建がデフレの原因であり、少子化の原因であり、

  低成長の原因です。

   3   25年間日本は必要のない節約を続けたため、使えるのに使わなかったお金が大量に余っています。

   その額は1350兆円に達し、急速に増えています。

   対外純資産=450兆円、企業の内部留保=450兆円、アベノミクスで刷らせたお金=450兆円 

   合計1350兆円。 こんなにお金を余らせる必要はありません。

 提言  日銀に増刷させている80兆円のうち40兆円を財源として以下の財政出動を行う。

    消費税を5%に戻す。          6兆円

    デフレ手当て支給 月額15000円    20兆円

    防衛費倍増               5兆円

    科学技術」振興費            4兆円

     公共事業費               3兆円

     スポーツと文化振興           2兆円

     地震、水害等の被害の60%を補償    X X兆円   遡って補償可


  注:1 デフレ時の増税は悪い増税。したがって元に戻す。

    2 既発行の国債を買うのは借金返済に相当。返済を延期して財政出動に回す。

    3 防衛費を倍増し米国の力を借りず独力で国を守れる実力をつける。

    4 物価上昇率が2%を超えなければ財政出動を増やす。

    5 インフレになれば0金利を止める。

    

    

 

    

 

コメント

提言 安部晋三様:①防弾少年団の日本への入国禁止処分を求めます

2018年11月15日 | 経済

拝啓 安部晋三様 防弾少年団を入国禁止処分にしていただきたい

  理由

  1 原爆投下を度々称賛して原爆の被害者を侮辱した

  2 東日本大震災の発生を祝い被害者を傷つけた

  3 ナチスを称賛しナチス被害者を侮辱した

 原爆被害者50万人、東日本大震災被害者50万人、ナチスに殺された人600万人 多くの人の不幸を喜ぶグループの活動は公序良俗に反します。美しい日本の空気が汚れます。安倍内閣が彼らの活動を放置すれば、内閣の信認を傷つけます。入国禁止にすれば安倍内閣の名声が高まり、憲法改正にも、慰安婦問題、徴用工問題にも好影響が出ます。


コメント

防弾少年団の名前は日本との戦いを想定して付けられたものだ。日本軍の弾を防ぐ若者という意味であろう。

2018年11月12日 | 経済

 防弾少年団の意味を何か別の説明をしているようだが本音は日本軍との戦いを想定した名前であろう。韓国人にとって北朝鮮より日本の方が憎いそうである。仮想敵の第一位に日本の名前が上がる国だ。韓国のネットには「日本と韓国が戦えばどちらが勝つか」というテーマのサイトがあり人気だそうだ。韓国人にとって日本人との戦争は最も関心のあるテーマである。そうであれば防弾少年団は日本との戦争を想定した名前であるというのは十分あり得ることだ。

 原爆シャツや原爆ブルゾンなどを繰り返し着用し、溺れ死ぬ人のジャケットの曲をわざわざ3月11日に発売するのは日本を嘲り、挑発する意図があるのは間違いない。なんとか挑発して侮辱して関係を悪化させ戦争に持っていきたいという考えがあると考えるのが常識ではなかろうか。日本を挑発し、日本が反撃してきた際には自分たちがその前面に立って日本と戦うという意思を表した名前である。日本人にとって厄介極まりない迷惑至極の思想の持ち主である。早急に日本への入国を禁止にしなければならない。ユダヤの人権団体SWCが防弾少年団は「日本の人々とナチスの犠牲者に謝罪しなければならない」と非難したが確信犯だけに日本人への謝罪はできないであろう。そういう危険な精神の障害者は入国禁止にして日本人から遠ざけてやるのが正しい。日本人を守るのは政府の役目である。

 

コメント

原爆投下やホロコーストを喜ぶ防弾少年団は人間として許しがたい。日本への入国禁止にし、作品は発売禁止にせよ

2018年11月11日 | 音楽

 防弾少年団が原爆投下に万歳をするTシャツを着ていたとして、決まっていた紅白出場がキャンセルになったという。当然のことだ。対応を聞いているとなんで問題になるかわかっていないようである。このグループは3月11日の東日本大震災についても祝杯をあげたと疑われている。さらにユダヤ人追悼碑の前でナチスの格好をして宣伝動画をとっているのも見つかっている。ホロコースト記念館でナチの旗を振ればナチスを称賛していると見られるのは当然だ。大勢の罪のない人が原爆やガス室で残虐に殺されることを喜ぶようなグループは音楽をやる資格はない。人間として欠陥品だ。存在自体が不愉快である。日本への入国を禁止し、日本国内でこのグループの作品を発売禁止にし、音楽を聞くことを禁止するべきだ。「日本は大好きだ」と平気でいうかもしれないが騙されてはいけない。人を騙すことや原爆投下に万歳することが悪いことだとわからないどうしょうもない連中だ。

コメント

「財政再建・緊縮財政」は「ゆとり教育」と同じだ。経済の貧困化と学力の貧困化が狙いである。

2018年10月08日 | 経済

失なわれた20年とアベノミクス5年の25年間は財政再建を行ってきた。失なわれた20年は緊縮財政だけ、アベノミクス5年では日銀券を年間80兆円刷らせたが刷ったお札を政府が使うことはなかった。現在物価上昇率は1%以下である。目標の2%にはほど遠い。アベノミクス5年でデフレ脱却は実現しなかった。これから言える事は財政再建路線を取り続ける限りデフレ脱却はできないという事だ。デフレ脱却のためには御札を刷っただけでは不十分だという事。アベノミクスの出発時点で「御札をすれば2年で物価上昇率は2%を超える。超えない時には辞任する」と日銀副総裁がいつていた。実際を見れば御札を刷っても財政再建路線を堅持しているので日本経済は成長していない。国民の貧困化は終わっていない。ゆとり教育の真の目的は子どもの学力を貧困化する事であった。授業時間を減らし、課題を減らし、問題を易しくして、正解率をあげ自信を持たせれば、子どもたちにゆとりが生まれる。円周率は3.14ではなく3でいいというものだ。子どもたちの学力を落とすのが狙いだったのだ。教育界に反日勢力が巣食っていて、学力貧困化を企画し、大々的に実施したのだ。経済の面では財政再建路線が同じ目的のもとに採用されている。過去25年間財政再建の名の下に歳出削減と増税が実施された。デフレはお金の使い方が少ないと発生する現象である。デフレ脱却を目指すのであれば歳出削減と増税ではなく、財政出動と減税が必要な事は小学生にもわかる事だ。本当の狙いはデフレを深刻化して国民を貧乏にする事だ。ゆとり教育は5年続けなかったからよかったが財政再建路線は25年間続けられた。その結果サラリーマンの平均年年収は2000年の470万円から2015年には415万円に減り、大勢の若者が結婚もできず、少子化が深刻化した。日本は世界最強の経済を持っていた。財政再建など必要なかったが無理に財政再建路線を押し付けるために「日本は世界最大の借金国だ。人当たりの借金は800万円になる。」「ダムが無駄に作られている。新幹線が無駄に作られている。」というキャンペーンが毎日のように繰り返された。実際は世界最大の債権国なのだ。経済学者、官僚、政治家の中に経済がわかったものが皆無であった。この偽情報に騙されて歳出削減と増税をくりかえしたのだ。デフレ脱却は世界一簡単な仕事だ。お金を使えばいいからだ。この簡単な仕事が25年間成功しないという世にも不思議な現象が起こっているのだ。デフレ脱却(景気を良くする)と言いながら本当はデフレを助長する(景気を悪くする)政策を取り続けていたのだ。子供に学力をつけるためと称して学力を落とすための様々な工夫が実施されたゆとり教育と同じなのだ。日本にはお金がいっぱいあるので財政出動と減税をやれば5年程度でバブル崩壊から立ち直り、低成長にならず、インフレを維持できたはずだ。そうすれば現在のGDPは1000兆円以上にはなっていたはずだ。

 日本はお金はあるのに節約のしすぎで或いはお金の使わなさすぎで不景気に陥り貧乏化したのだ。その証拠に使わなかったお金が腐る程余っている。まず対外純資産は450兆円である。さらに企業の内部留保は450兆円だ。さらに安倍内閣になって日銀に年80兆円を刷らせたがその総計が450兆円になる。合計1350兆円もお金が余っているのである。これだけお金を余らせながら国民の貧困化は止まらず、若者は結婚できず、社会は火が消えたようになっている。

 1350兆円は国民のために使えるお金だが使わなかったお金である。このお金が急速に増えているのだ。対外純資産は外国人のために使われている日本人の資産である。企業の内部留保は将来使うために企業が寝かせているお金である。日銀に刷らせた450兆円は既発行の国債を買うのに使われている。国債の購入額を減らして大規模な財政出動をやればいいのである。安倍内閣の再登場の6年前から財政出動と減税をやっておけば2年でデフレ脱却に成功し、2018年のGDPは750兆円にはなっていたであろう。現在アベノミクスが成功して景気が良くなったと考えているのが多いがこれは間違いである。安倍さんが年80兆円を刷らせて、大規模な財政出動を実施すれば安倍首相は救国の英雄であったが、残念ながら財政再建(歳出削減と増税)路線を堅持しているので50%の成功としか言えない。日本は世界最大の債権国、金持ちなので財政再建は必要ない。財政再建路線を放擲して大規模な財政出動と減税をやらなければならない。それで100%の成功と言える。反日勢力や中韓の利益を第一に考える連中が蔓延っていて日本を転覆させようと暗躍している。それが財政再建路線で堅持である。日本は危機に瀕している。

コメント

旭日旗はむしろ栄光の旗である。参加を拒否するのは当然だ。

2018年10月06日 | 政治

十日から済州島である国際観艦式で招待されていた自衛隊が参加を取りやめた。その理由は旭日旗は戦争犯罪人のシンボルだから使うなというのだが旭日旗は rising sun つまり旭日の象徴だ。韓国は悪いイメージを広めたいようだが旭日旗には数々の戦闘に使われ、栄光の旗として知られている。古くは日露戦争でバルチック艦隊を撃滅した戦いに使われていたし、真珠湾攻撃や、マレー沖海戦でも使われていた。アジアを植民地として英国が支配していたシンボルがシンガポールであるが、シンガポールを陥落させて、白人の植民地支配を終わらせた栄光の旗として歴史には記憶されるだろう。

 韓国人の小児病には救いがない。李明博が懲役15年、朴槿恵が懲役27年も救いがたい。人を貶めて、自分が満足する、というのは救い難い病気である。

コメント

辺野古移転阻止=普天間基地固定化=軍用地使用料が大きい方がいい

2018年10月02日 | 経済

 玉城デニーが沖縄県知事選で勝ったが辺野古に基地を造らせないという公約に賛成した人には普天間固定化を望む票が入っている。

コメント