『君戀しやと、呟けど。。。』

此処は虚構の世界です。
全作品の著作権は管理人である紫草/翆童に属します。
無断引用、無断転載は一切禁止致します。

『溺れゆく』その弐拾陸

2018-03-26 01:32:52 | 小説『溺れゆく』
カテゴリー;Novel


その弐拾陸

 定期船とはいっても小さなもので、船長はすでに顔見知りである。
 精一を伴って波止場までやってくると、船長が声をかけてきた。船が出るまでの空き時間に水帆は思いがけない話を聞いた。
『昨日、可愛い女の子を届けておいたよ。先生のことを聞いてきたから島の診療所にいると答えたんだが、まさかヘリで出動中とは思わなかったな。あのお嬢さん、折角来たのに待ちぼうけくらっちゃったんだね』
 船長の言うお嬢さんとは、もう真帆以外には考えられなかった。
 やっと来た。本当に来てくれた。目頭が熱くなってくる。

 海が見たいという精一を連れて甲板に移動した。
 真帆がいるということは、これからの暮らしにルールを決める必要があるな。水帆は早くも新たな生活に夢を描き始めていた。
「水帆君」
 考え事をしていたために、精一の声に反応が遅れた。
「別に呼び捨てでいいですよ」
 今更、『君』付けされても変な感じがするしな。

「何ですか」
「あそこに、人が」
 精一が海面の更に先にある方角を指す。そのテトラポットの重なる空間に、確かに人の姿が見てとれる。
 刹那、水帆はその人に向かって大きな声で叫んでいた――。

To be continued. 著作:紫 草 
 


HP【孤悲物語り】内 『溺れゆく』表紙
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『溺れゆく』その弐拾伍 | トップ | 『溺れゆく』その弐拾切 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説『溺れゆく』」カテゴリの最新記事