Round Rock日記

テキサスの田舎でのんびり暮らし。
カロリー消費を目指して、オースティン近郊を今日も走る!

カンザスいいとこ探しの旅(クリスマスソングを歌う編)

2019-01-11 00:02:00 | 旅行
カンザス旅に戻ります。

Dwight D.Eisenhower Presidential Library and Museumがお休みでガッカリですが、
気を取り直して、近所にあるSeelye Mansionを訪れました。

A.B.Seelye Medical Companyという製薬会社(1890年創業)を経営していた
A.B.Seelye家のお家で、1905年に建てられました、当時のお値段$55,000だそうです。
100年前の$55,000って、今のお金で言うと、どれくらいなんでしょうか?
広さ11,000 Square Feet(=1,020平米)、25部屋(その内ベッドルームは11部屋)だそうな。
ちなみに、1920年代に行われたリノベーションには、フランクロイドライトが関わったとか。

ちょうどクリスマスのデコレーション中で(~1月中旬)、これがとんでもなく素晴らしかった
やっぱりねぇ、年季が入っている分、アメリカのクリスマスのデコレーションって、センス良いよね、
これだけゴテゴテ飾っても、全然しつこくないし、完璧な美しさじゃない暖かさ、
クリスマスに関しては、日本は勝てないと思う
   

階段を登って2階に行くと、オーケストラを演奏するスペースもあったりして。
ただ、2階にあるベッドルームは、屋根裏部屋のような小ささ、けど、壁紙がかわいい。
何だかんだ言って、カンザスの薬屋のオーナーだから、
石油ドカンと掘り当てた成金とは、ちょっと違うよね、意外と堅実な感じのちょっとした豪邸。
  

地下は、お洗濯や食品貯蔵などのスペース。


ちびボーリング場があった
球は、ちょっと大きなソフトボールくらい、数字の書いてある板が倒れたら、
その数字を合計してスコアになるらしい。
衝撃で板が倒れるように、勢いをつけて投げた方が良いね・・・
1回につき投げられるのは3球だったか?もちろん、投げた球は(傾斜をつけた溝を転がって)返ってくる。
この手の豪邸ツアーは、大抵、触るの御法度なんですが、
ここは、ツアー参加者がボーリングすることできたカンザスは太っ腹だね。
 

金の細工が施された素晴らしい鏡、そしてSteinwayのグランドピアノ
 

と思ったら、ツアーを先導してくれたガイドのおじさんが、ピアノを弾き始めた
そんでもって、みんなでクリスマスソングを歌いましょう
って、おじさんの演奏に合わせて、みんなで2曲歌いました
←日本人にもお馴染みのクリスマスソングで助かった

最後、ツアーに参加していた女子が、このピアノを弾いても良いですか?って、おじさんに聞いたら、
もちろんOKが出たので、女子が1曲演奏してツアー終了ほのぼのムードで、楽しかったぁ。

入場料を支払う場所には、
Patent Medicine Museumとして、A.B.Seelye Medical Companyが製造&販売していた
お薬のパッケージや材料が、展示されていて、ちょっと面白い。

あ、そうそう、お庭もありますが、
あまりの寒さで、お庭を見る気になれず、と言うか、すっかり忘れていた、
だって、車に戻ったら、車が凍っていたぁぁぁ


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へにほんブログ村
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« クリスマスツリーが木に戻る | トップ | カンザスいいとこ探しの旅(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事