手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

人に誇れるようなものはないけれど

2019-11-06 19:59:43 | 身辺雑記
  先生生活38年、校長はもちろん教頭にもなれなかった。詩吟34年、一度も大会で賞状をもらったこともない。でも、詩吟の34年は自分でもよくやったと思う。教室をひところは週5ケ所教えていた。此の間病気で教室を休んだ記憶は一度もない。お弟子さんはしょっちゅう休んでくれるけれど私は休まなかった。又、70歳過ぎにPCを使うようになって直ぐブログを書き始め89歳の今までほとんど何日か間の空くことはあっても、やめることなく、ある時期は3本のブログを書いたりした。しばらく前からFACEBOOKにも顔を出している。

 リーダーシップのようなものもないわけではないのです。手稲文化協会の事務局長として、50年の歴史を持ちながらつぶれかけていたのを立て直して現在の形にした。又、会長は固くお断りしたが町内会の副会長も6年ほど勤めた。北詩連に加盟して間もなく西支部の総務部長を5年ほど続け、年齢制限でやめた。

 詩吟では、碌峭会交歓吟詠会を34年継続して開催してきた。出来そうでなかなかできないことです。こんな生活のご褒美が昨年の札幌市からの社会教育功労者表彰だったのかもしれませんね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 北詩連 全道大会  室蘭・... | トップ | 五輪マラソン 札幌へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事