ロック探偵のMY GENERATION

ミステリー作家(?)が、作品の内容や活動を紹介。
『ホテル・カリフォルニアの殺人』(宝島社文庫)発売中です!

ホルストはヒッピーの元祖……?

2019-09-21 20:44:45 | 日記
今日は9月21日。

組曲『惑星』で知られる作曲家グスターヴ・ホルストの命日です。

先日ジミヘンの記事を書きましたが……“命日”シリーズで、今回はこのホルストについて書きましょう。

 

『惑星』で知られるホルストさんですが、その経歴をみると、後の時代でいうニュー・エイジ的な傾向を持っていたようです。

ヒンドゥーの文化や哲学に興味を持ち、サンスクリット語を研究したりしたというのは、少なからぬロッカーがインドに引きつけられていたことと重ね合わせられるかもしれません。

その延長線上といえるかどうかわかりませんが占星術にも興味をもっていたようで、それが惑星につなっているわけです。

これもまた延長線上かわかりませんが、ウィキ情報によると、彼はウィリアム・モリスの主宰する社会主義者協会に参加していて、その合唱団の指揮者をやっていたこともあるそうです。

ウィリアム・モリスといえば、以前このブログで紹介したラファエル前派ゆかりの人物です。
機械文明を否定して、手作業の生産活動を通じて人間が真に人間らしくある社会を夢想したモリス……この発想とインド趣味とをつなぎあわせると、それこそ1960年代のヒッピーになるんじゃないかと思えます。ということは、ホルストという人は、元祖ヒッピーといえるのかもしれません。
『惑星』のなかでももっとも有名であろう「木星」が、歌詞つきでいろんなアーティストに歌われていたりするのも、彼のスピリッツが現代社会に訴えかけるメッセージを持っているからでしょうか。

ちなみに……

「木星」は、拙著『ホテル・カリフォルニアの殺人』ゆかりの曲となっています。

これまで何度か紹介してきた、ホテル・カリフォルニアで鳴らされる鐘の音のメロディーの一つが、ジュピターでした。

というわけで、いつもながらの我田引水で、PRしておきます。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 『ガメラ対大魔獣ジャイガー』 | トップ | 「辺野古 基地に翻弄された... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事