村上家 当主のブログ

五箇山資料室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五箇山の塩硝

2010年09月29日 08時47分38秒 | 日記
五箇山の塩硝製造、寛永14年(1637)以降御召煙硝となる。1箇(40斤)重さ12貫目で105箇=1260貫目=4725kg お金にして、代銀35貫500匁、これを「冬成」の年貢ととしている。「塩硝御役金8枚(80両)」
天明5年(1785)には、114箇 代銀 塩硝1斤=8匁3分×114=37貫848匁を納めている。 以降は幕末まで藩が恒常的に買い上げる御定式上塩硝御用となった。
享保14年の煙硝総製造量は2112貫このうち1000貫は定式煙硝として1斤に代銀5匁5分残り1112貫分は1斤5匁4分5厘での買い上げで翌15年10月支払いとなったので、その間の経営のつなぎとして、代銀相当分の延払米を12月に拝借することになり、以降、定式上塩硝を差引いた残りの分は、一旦、土清水御土蔵に預け置かれ翌年の夏の塩硝値段で決済された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« つづき | トップ | 煙硝 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事