村上家 当主のブログ

五箇山資料室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

流刑つづき

2010年09月15日 17時09分45秒 | 日記
前述の青木治太夫は加賀藩最初の流刑(元禄3年)11名の内の一人ですが、三男の息子が4歳で同じ日に流刑されています。小屋は2間に2間の土座茅敷と書いてあり、米が五合に塩薪代として二分二厘が支給されています。五歳の息子も同じ牢に同居していますが、十五歳の息子は五箇山の他の集落に侍と牢に同居しています。がこの息子は父が刎首されたのと同じ日に刎首になっています。

牢屋は御縮小屋(特に重い罪)-外へは出れません
   平小屋        ー居村内は歩いてもよい
   禁錮  とゆうのもありました
   九尺に二間の小屋が多かったようです。
   二人扶持とか一人扶持を支給されている人もいます
   帯刀御免と書いたものもあります       
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 流刑つづき | トップ | 流刑 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事