gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

市政報告会のお礼

2015-01-22 16:51:01 | 独り言

1月18日(日)の開催されました、むねかた雅俊札幌市議会議員「平成27年第8回市政報告会・新年交礼会」に900名を超える方々にご参加を賜り、感謝と御礼を申し上げます。

市政報告に於きましては、少子化に伴う人口減少の対応や団塊の世代の方々が10年後に75歳に達する2025年問題の対応を如何にして取り組んでいくのか、また、2040年には、全国1800ある自治体の半分である、896地方自治体が消滅してします可能性がある中、この南区もその対象になっている事実を紹介しながら、これに抗う、今後のまちづくりの提言をさせて頂きました。

いずれにせよ、生まれ育った、この南区の将来を負託を受けた議員として、今後ともしっかり皆さんの為に働いていきたいと考えております。

今後とも、何卒宜しくご支援とその輪を拡げて頂きます様、お願い申し上げます。

    「答えは現場にある」を信条に

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

          ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

阪神淡路大震災から20年

2015-01-18 10:37:01 | 独り言

阪神淡路大震災が平成7年1月17日に地震発生、私の知り合いも被害に遭いました。それから20年経ち、その後、平成23年の3月には東日本大震災と地震や自然災害はいつ何時来るか、科学の進歩をもってしてもわからないのが現状です。

雪国、北海道や札幌が、今、大きな地震が襲ってくると、夏場に比べ被害が甚大になると言われております。

この2,3年、地震に限らず、集中豪雨やそれに伴う土砂災害など、自然に抗うことができず、我々はその備えを万全にしていかなければなりません。

阪神淡路大震災が20年、東日本大震災も記憶に新しいことであり、昨年の広島や礼文島の土砂災害など、この機に備えは万全か考えて頂きたいと思います。

私どもも、市民の安全・安心を考え、被害を最小限にとどめるため、被害や被災した皆様の思いを風化させずに議員として何ができるのか、何をなすべきか、改めて取り組んでいきたいと思います。

    「答えは現場にある」を信条に

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

民間用の雪堆積場開設

2015-01-09 16:16:05 | 独り言

昨年の12月に、民間向け雪堆積場が開設しておりましたが、地元の皆さんや業者さんから、より近い藻岩地区民間向けの雪堆積場の早期開設の要望がありましたが明日から開設となります。

明日、開設されるのは、午前9時~ 藻南橋上流左岸  午後9時~ 五輪大橋上流右岸(夜間専用)

これで少し排雪の効率があがるのではないでしょうか。

  「答えは現場にある」を信条に

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    http://munekata-masatoshi.com/

コメント

あけましておめでとうございます

2015-01-05 19:53:08 | 独り言

皆様、あけましておめでとうございます。

皆様には、日ごろより温かいご支援を賜りまして心より厚くお礼申し上げます。

札幌市は今年が人口のピークでこれから減少方向に向かっていき、少子高齢化はいまや「待ったなし」の状況で進んでおり、その対応を早急に取り組んでいかなければなりません。さらには地域の皆さんからは、まちづくりや防災対策、医療・介護、子育てサービスの確保、交通ネットワークの維持拡充と様々な要望を頂いております。   

また、昨年末には、2026年の冬季札幌オリンピック・パラリンピック招致を正式に表明を致しました。この開催が新たな成熟した札幌のまちづくりにも繋がるため、市民の皆さんと共に全力を挙げて招致実現に向け活動をしていきたいと思います。

これまでの成長都市から成熟都市として、まちづくりや都市経営をどう導いていくのか、今後、高度な判断が求められておりますが、市民の皆さんと同じ目線で考え行動していくことを基本に、高齢者や障がい者にやさしく、子どもを産み育てる若い世代が安心できる環境づくりに注力をし、札幌市のさらなる飛躍に向けて一層の努力をしてまいります。本年も変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い致します

   「答えは現場にある」を信条に

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

          ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

 

 

 

コメント