gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成25年第4回定例議会自民党の代表質問特集

2014-01-30 11:08:52 | 独り言

平成25年第4回定例議会自民党の代表質問の「議会だより」が纏まりましたので掲001_6681
載します。
今回の代表質問は同期の白石区選出、佐々木みつこさんが壇上で60分間質問をしました。

質問項目は以下の通りです(質問内容・答弁は下記のURLからアクセスして下さい)

「H25年第4回定例会自民党代表質問をダウンロード

【市長の政治姿勢について】 

・平成26年度予算編成(国の経済対策との連動を!)

・NHKとの土地交換(創世交流拠点の重要な布石に!)

・新幹線の北海道との負担割合(早期に政治的決断を!)

・冬季アジア札幌大会(将来の五輪誘致へのステップに!) 

・札幌国際芸術祭(市民が楽しいと感じる内容に!) 

・女性力の発揮と市民自治(積極的な管理職への登用を!)

【経済・観光について】

・企業誘致のあり方(新たな産業ブランドを創り出す視点を!)

・高齢者の就労支援(元気な高齢者の支援のために!) 

・都心部の交通対策(交通障害へ積極的対応を!)  

・雪まつりへの方策(魅力アップと技術継承への取組みを!)   

・丘珠空港(札幌全体のまちづくりに寄与する利活用を!)  

【今冬の節電対策について】

・市有施設における消費電力量の削減を! 

【教育振興基本計画について】

・学力と体力の向上に向けた施策展開を!  

Photo
     「答えは現場にある」を信条に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                  ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

札幌市の除排雪作業等について(1月27日9時現在)

2014-01-27 20:39:47 | 独り言

札幌市の除排雪作業等(1月27日9時現在)について、現状データが出されましたの参考に掲載しました。昨年は大雪で、除雪費の3回補正を組みましたで、除雪回数も多いですが、今年は5年平均値からすると既に平均値を上回っております。

また、たい積場搬入量は、民間が3年平均より上回っているものの、公共搬入量は下回っております。これは排雪抑制の表れと思います。

下図以外の詳細はこちらから、

http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/yuki/johaisetsu.html

<colgroup><col width="110" style="width: 82pt; mso-width-source: userset; mso-width-alt: 3896;" /> <col width="127" span="4" style="width: 95pt; mso-width-source: userset; mso-width-alt: 4522;" /> </colgroup>                                                                                                          
雪たい積場の状況
   民間搬入量   公共搬入量    合 計
 H25   4,189千?    3,300千?    7,489千?
 3年平均   4,049千?    3,512千?    7,561千?
 H24(参考)   5,114千?    4,539千?    9,653千?
除雪出動状況(全市平均)
  車道除雪(幹線) 車道除雪(生活)   拡幅除雪  歩道除雪
   H25    14.1回     11.0回    1.9回   12.6回
  5年平均値    13.2回    10.0回    1.7回   11.0回
  H24(参考)    17.9回    13.1回    2.5回   15.0回

Photo_3
     「答えは現場にある」を信条に

    「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

中国が空母建造

2014-01-19 10:58:27 | 独り言
 中国が空母建造との報道があった、ロシアから中古空母を購入、改造した「遼寧」は記憶に新しい所ですが、そのほかにも空母建造している事実を日本の報道はどのように受け止めているのか。また空母建造は何を意味するのか、マスコミはしっかり国民に知らせるべきである。
 今日の地元紙を見ても建造を明かした報道をしているが、その論評は出ていない。
靖国問題や慰安婦問題については、どこの国の報道かと間違うほどの加熱ぶりである。
 過去の大戦は不幸なことは事実であるが、何かあると軍国主義の復活のごとくの報道であり、本日の道新社説などは道徳教育への問題提起もしている。
近隣諸国と友好を深め、過ちを繰り返さないことは異論はありませんが、国民や国家の主権を曲げて付き合いをしていくのは隷属そのものです。...

中国の空母建造は自国の利益のみを追う、制海権制覇の表れであり、これまで日本に対して主張していることと矛盾が生じていることをしっかり報道をすべきであります。

この空母建造は、中国海軍のタイムスケジュールに則たものであります
●1982年~2000年]【中国沿岸海域の完全防備体制を整備・・・ほぼ達成済]          ●2000年~2010年【第一列島線内部(近海)の制海権確保]
●2010年~2020年【第二列島線内部の制海権確保、航空母艦建造]
●2020年~2040年【アメリカ海軍による太平洋・インド洋の独占的支配阻止]
●2040年【アメリカ海軍と対等な海軍建設]

 これは、1982年中国最高指導者・鄧小平の意向を受け、人民解放軍海軍司令官(劉華清)が打ち出した中国人民解放軍近代化計画の中の概念で、冷戦終結後、ロシア国境問題が解決した結果、中国人民解放軍の仮想敵国がアメリカ合衆国に変わり、1993年、李鵬首相が全国人民代表大会で「防御の対象に海洋権益を含める」と表明。
1997年に石雲生が海軍司令官に就任すると、沿岸海軍から「近海海軍」への変革を本格化させ、その中で打ち出された「海軍発展戦略」の中でも、第一列島線、第二列島線の概念が強調された。
これを見ますと、これまでの中国の軍事戦略がタイムスケジュールの中で進んでいることが判ると思います。

Photo

         「答えは現場にある」を信条に

           「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                  ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

阪神淡路大震災から19年

2014-01-17 16:47:03 | 独り言

 本日1月17日は、阪神淡路大震災があった日で、19年経ちました。Hp5
 特に仕事柄、震災後の災害対策等の取り組みなど、先進事例の調査を中心に神戸市役所を訪れる機会も多く、その際には当時の様子や復興の過程なども多く学んできました。

 私も会社員時代、函館で勤務していた時には南西沖地震も経験しており、地震の恐ろしさを身近で体験した者として復興には大きな関心を寄せておりました、

神戸を中心に周辺都市の町並みは、何事もなかったように都市形成をなしていますが、中にはいまだ代替住宅の問題など19年経ってもその傷跡はまだまだ癒えていないようです。

2003年3月11日に起こりました、東日本大震災の復興も少しずつではありますが、進んでいるようですが、特に福島の原発の問題もあり完全な復興にはまだまだ時間が要するようであります。

 私たちは、国民として対岸の火事ではなく、共にその復興に対し被災地の方々とそうでない方々の身を持った共有というには口でいうのは易しいですが、出来る限り連携共有して行かなければならないと思います。

 更には政治・行政は危機管理意識を高め、地震をはじめ災害に強い国家を創り上げることが肝要と思っております。

私も市議会議員として札幌市の防災危機管理について、この機に改めて取り組んでいく所存であります。

Photo

      「答えは現場にある」を信条に

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                    ホームページ   http//munekata-masatoshi.com/

コメント

平成26年札幌市消防出初式

2014-01-07 12:25:20 | 独り言

 平成26年札幌市消防出初式に参加。Photo
札幌市初の消防出初式は、明治7年に開拓使本庁前で行われ、明治27年からは札幌市警察署門前、昭和22年、23年に西創成国民学校、昭和24年から28年に大通西4丁目と開催され、昭和29年大通西7丁目と会場を移し、昭和30年から昨年まで大通西8丁目を会場に毎年開催されてきましたが、今年は初めて屋外から屋内の市民ホールが会場になりました。

 第1部は市長式辞や市議会議長などの来賓あいさつ、部隊観閲などが行われ、第2部は、木遣り保存会の年頭演技、消防音楽隊の演奏などもが予定されておりましたが、次の予定のため途中退席、梯子乗りや演奏が見・聴けず残念でした。
 消防関係者の皆さんは、日頃札幌市の防火・防災、予防に尽力をいただき、改めて敬意と感謝を申し上げます。Photo_2

Photo_3
     「答えは現場にある」を信条に

    「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント