gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通行止めのお知らせ

2013-04-26 14:35:20 | 独り言

 ●道道小樽定山渓線地すべり発生で小樽市朝里ループ橋~札幌国際<wbr></wbr>スキー場までの間(約13km)を全面通行止めHp5
 札幌国際スキー場から、小樽方面へ約400m向かった箇所で、<wbr></wbr>4月17日落石防護柵の擁壁が車道側に11.5cmせり出しが確<wbr></wbr>認され、その後道路方向に約20m、のり面方向に20mにわたる<wbr></wbr>地すべりが発見され、調査の為、片側通行にしていましたが、徐々<wbr></wbr>に変位が観測され、4月26日(金)午前0時から通行止めを開始<wbr></wbr>して、原因究明を行っております。

 これまで、落石防護柵の車道側に大型土嚢を設置し、地すべりが進行しないように応急対応を行い、併せて地質調査、擁壁の変位計測等を実施。

 地すべりの進行を防止のため、更に擁壁と斜面との間に大型土嚢を設置し、斜面上の雪の除却作業を行っている。

現在、小樽市朝里ループ橋~札幌国際スキー場までの間(約13Km)を全面通行止め実施し、調査・分析並びに補修対策工法を検討<wbr></wbr>中であります。
 また、情報がわかり次第お知らせいたします。

Photo
     「答えは現場にある」を信条に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                  ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

国道230号と453号の道路補修について

2013-04-20 14:15:32 | 独り言

雪解けが進むと同時に、道路のひび割れやえぐれ、わだち堀などが目立ってきまた。特にここ数年、札幌市内の国道が際立っております。2
 札幌市議会自民党・市民会議は、この状況を早急に改善するよう、開発局道路事務所と札幌市に対し、3月初旬に要望書を提出したことは、報道もされたところであります。 

 私の南区も国道230号と支笏湖に行く453号が目立ってひび割れ等の損傷が激しく、ここに来て工事の兆しが見えてきましたので、改めて、国道230号と453号の補修工事時期を、衆議院議員であります、船橋利実代議士を通じ、確認しましたところ、国土交通省北海道局地政課より下記の回答を得ましたので、お知らせいたします。

●国道230号は現在一部工事開始をしております。

●国道453号(真駒内本町~真駒内柏丘)は4月19日より作業開始

国道230号・453号ともゴールデンウィーク前までを目途に補修作業終了する予定。

Photo_2
         「答えは現場にある」を信条に

         「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                                ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

高齢化と人口減少の南区

2013-04-19 17:43:18 | 独り言

 先日の18日の道新の25面に南区澄川・緑ヶ丘地区の事例を挙げながら、地区の実態が紹介されておりました。Hp2
 南区の人口は146千人(2010年)で、2040年には103千人、高齢化率50.5%と、これは、現在札幌10区の中で、人口が6番目でありますが、2040年には人口と高齢化率が10番目と予測がされております。

 この問題は今に始まったことではなく、以前から、各連町をはじめ取り組むべき課題として、模索をしている状況であります。

 人生の先輩たちが南区で余生を送る事自体は否定するものではなく、高齢者を地域や住民がどうサポートしていくのか、いけるのか、更には高齢者が生活していくためのニーズにどう対応できるのか、取り組むべき課題が多いのも事実であります。

 記事の中で、大学教授が、都市計画の見直しや大胆なまちづくりの必要性を言っておりますが、それは、以前から言われていることで、私も数年前から言っていることで、今さらとの感であり、それよりも、これから予測されるものに対し、どう具体的に対処するかが肝心であります。

その一つは、市立大の原教授が言っている、真駒内駅周辺の再開発で、これは、以前このブログにも掲載しましたが、現在、「真駒内駅周辺地区のまちづくり指針」を纏めているところで、それの具体化を早急に取り組むべきであります。

 また、地域においては、支え合う取り組みを各町内が知恵を絞りながら取り組んだり、子育てサロンや住民同士の交流をさかんにする取組もしております。

将来的に高齢者を地域が支える担い手は、若者であり、その若者をどう南区居住につなげていくのか、例えば、地元から転出していった子ども世代が親と同居する二世帯住宅や持ち家を取得しやすい支援策なども考えていかなければなりません、更には、通勤・通学の軽減策、これは交通政策も合わせて考えていく必要があります。

南区は地下鉄からバス利用でありますが、特に定山渓方面のバス料金高額負担は沿線住民積年の課題でもあります。その意味でも今一度交通体系等の問題を解決することであります。

 今地方をはじめ、「不適正管理の空き家」が問題になっておりますが、札幌市に於いても、この空き家問題は行政課題の一つなるものと思われ、私は以前から、この問題にも取り組んでおります。道新の記事に、東京の事例、沿線の交通業者が、空き家を買い取り、リフォームして再度販売している(国際大の飯田教授)とありましたが、中古住宅流通を進めるためにも、住む環境づくり、また、冬期間の除雪の問題も考えなければ、高齢者が住む方向に行きません。

 そのためにも、今後早急に将来のために、行政の役割、地域の役割と将来像のグランドデザインを共に考えていく時が来ていると思います。

 札幌市に於いて、今年の3月には、「札幌まちづくり戦略ビジョン」の策定が終わり、現在、それを具現化する「戦略編」を検討中でありますので、そのようなことも念頭に議会の内外で南区の活性化に向けた活動をしていきます。

Photo
      「答えは現場にある」を信条に

         「あなたの声を市政に・・・むねかた雅俊

                                 ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

国道230号中山峠片側通行が可能に

2013-04-14 14:17:45 | 独り言
【北海道開発局よりの情報・・・国道230号通行止めに関する情報】Hp1
4月12日(金)午後3時より 全面通行止め解除し、片側交互通行が可能になりました。
国道230号中山峠において、大雨と雪解けによる地盤のな弱化等による土砂崩れが確認されたため、4月7日(日)12時30分より通行止めとなっています。

  ●仮復旧として4月12日(金)15時から片側交互通行が可能となります。

※連続雨量80mm、震度3以上の地震、現地の状況等により、全面通行止めを行う場合があります。
※片側交互通行規制中は、早期の本復旧完了を目指すべく、夜間通行止め(21時~翌5時)を行い、工事の進捗を図ります。
※夜間通行止めの時間帯においても、救急搬送等の緊急車両の通行は可能です。
※片側交互通行規制中は、通過に時間を要する場合がありますので、余裕をもったドライブプランをお立て頂くよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。
※通行止めを行う場合は、自治体や関係事業者へ通知するとともに、「札幌開発建設部」「小樽開発建設部」「北海道地区道路情報」等のホームページへ掲載するほか、道路情報板によりお知らせいたします。

Photo
     「答えは現場にある」を信条に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                 ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント

雪解け水と集中豪雨

2013-04-08 09:37:12 | 独り言

大型低気圧の大雨と雪解け水での土砂崩れで、中山峠が昨年と同様通行止めになっています、復旧の見通しはまだですが、わかり次第お知らせします。Photo
市内各地も道路の冠水や住宅浸水など、これrまでにない被害がでております。
昨日、私も地元のあちこちを回り被害を確認にしておりました。
特に私の地元は山裾にあるので、山からの雪解け水が沢に集水して下に行くほど水の流れが大きくなり、雨水枡や側溝で処理しきれなくなくなり、一部マンホールからあふれ出しているところもあり、今後台風や集中豪雨があれば同じ状況になりかねず、今後市で対応できることを要請していきます。Photo_2

Photo_3
       「答えは現場にある」を信条に

       「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

ホームページ   http://munekata-masatoshi.com/

コメント