gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地域おこし・・・おまつり、盆踊り

2010-07-28 22:11:00 | 独り言

 7月も残すこと3日間となり月日の経つ早さを感じます。Photo

これから各地域でお祭りや盆踊りが始まります。お祭りは8月の第一週の土日が恒例ですが、今年は7月31日と8月7日の土曜日に開催など分散しました。特に私に地元では8月1日(日)には「第41回もいわ夏まつり」が開催されます。41回開催は札幌市では3番目に歴史のある“おまつり”で、来場者も延べ5,000人が集まります。私も30回からスタッフとして関わってきましたので、“もいわ夏まつり”の話が出ないと夏を感じません。ビンゴや抽選会、ブラスバンドを始め、色々な出し物もあります、是非足を運んでみてください。

 また、昨年から今年にかけ、盆踊りが新たに開催する地域が増えております。核家族化が進み伝統行事が失われている中、子どもたちが外で遊ぶ機会も少なくなってきていつ昨今、地域の絆や親睦を含め、このような伝統行事を続けようとすることは地域にとって大変貴重な財産になると思います。

Photo

      「答えは現場にある」を信条に

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

 

コメント

全国学力・学習状況調査(学力テスト)について

2010-07-25 21:28:35 | 独り言

 先の第2回定例議会で代表質問をしたことは、このブログで紹介しましたが、その全国学力・学習状況調査,いわゆる 1 学力テストの悉皆調査を札幌市教育委員会に対し求め、その見解を質しました。  

 ご存知の通り、政権交代後の事業仕分けで、悉皆調査を止め、

サンプル調査に変更をし、今年度の調査は終了しましたが、私は、サンプル調査だけでなく、児童・生徒個々の学力状況を全国統一の調査で図ることが意義があり、それは児童・生徒のみならず、指導教諭のレベルアップにも繋がっていくこともあり、北海道教育委員会が全実施したように、札幌もすべきと質問を致しました。

 以下その質問ダイジェストであります。  

 昨年の政権交代に伴う事業仕分けで、学力テストが抽出方式に変わり、本市においては小学校41校、中学校26校で実施されました この事業仕分けでの評価者コメントを見てみますと、「何を調べようとしているのか良くわからない」、「目的が不明確なっているだけにサンプル調査で十分」などのコメントがありました。 また、この事業仕分けは教育的観点より財源捻出の為の仕分けの印象が強く、この結果について、私は評価した方々は日本の教育や教育の将来をどのように考えているのか疑問を呈したい。

 平成21年度実施の学力テストの調査目的は・・・ 

  第1・・・国が全国的な義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点

      から、各地域における児童生徒の学力や学習状況をきめ細かく把握・

      分析することにより教育及び教育施策の成果と課題を検証し、その

      改善を図る

 第2・・・各教育委員会、学校等が全国的な状況との関係において自らの教育

      及び教育施策の成果と課題を把握し、その改善を図るとともに、その

      取組通じて教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。 

 第3・・・各学校が各児童生徒の学力や学習状況を把握し、児童生徒への教育

      指導や学習状況の改善等に役立てる。                                     

        ・・・と文部科学省は明記をしており、目的ははっきりしております。

 その上で評価者が目的の不明確と言い切るのは、

  ●評価者が調査目的を把握していないのか、

  ●これまでの3年間の実施してきた成果や課題の検証が不十分という国や

   教育委員会等へ指摘・評価をしたものといわざるを得ません。

  今年度より、国の方針が抽出方式に変わり、調査目的の考え方も変わって

きております。しかしながら、抽出方式による実施では、全国や各地域における

児童生徒の学力についてはサンプル調査で傾向を測ることはできても、個々の

学校や児童生徒の把握や改善に役立てたり教員個々の資質や指導力の評価

や課題などを把握することはできないものと考えております。 今年度の学力

テストの実施にあたって、札幌市を除く、北海道内では抽出校と希望利用による

学校を合わせて、全学校が参加をしており学校や児童生徒個々の指導に役立てようとしておりますが、本市は抽出校のみの実施であります 。 また、本市の過去3年間の学力テストの結果を見てみますと、概ね全国平均近辺と聞いておりますが、教育委員会や学校において、学力問題を直視し、真に取組んできた姿勢が

伝わってこないのであります。

 事実、日本教育会北海道支部長である昌子(しょうじ)守彦氏も教育関係者が直視してこなかったと同様な意見を言っておられます。

 3点質問をします  

 ①今回の全国学力・学習状況調査の実施にあたり、本市は抽出校のみの参加

  となりましたが、それに至る、教育委員長を始めとする教育委員などの意見や

  教育委員会として、どのような手順を踏み、どのような議論の基に、抽出校の

  みの参加に至ったのか  

 ②2点目に、過去3年間での学力テストの結果を受け、本市義務教育の水準は 

  どのようなレベルにあると考えているのか、更に、今後札幌市の義務教育を

  どのようなレベルに、もっていこうとするのか、お尋ねします。 

 ③3点目に、個々の学校や児童生徒の学力の検証・分析と教育指導や教員の

  資質向上や指導方法の改善をどのように図っていくのか、お尋ねします。

 市教育委員会からの答弁は、サンプル調査で十分で、しっかり学習要綱に則り指導をしているという、政権が下したそのものを地でいったものでありました。 

 ここで私が一番問題にしたいのは、1番目の質問にあるように、学力テストが

抽出方式になったとき、抽出調査だけでいいのか、悉皆の調査がいいのか、

札幌市教育委員会で、どのような議論があったのか、その議事録を求めたのに

対し、議事録を録っていないということです。教育行政の大事な議論が議事録も

録らずに、その議論や結論に至る経緯が判らないまま決められていることに、

教育委員会の独立性に疑問を感じるのであります。代表質問では、再々質問までしか慣例で認められておりませんが、9月より始まります、定例議会の特別委員会で再度突っ込んだ質問をしていきたいと思っております。

Photo_2

       「答えは現場にある」を信条に  

       「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊    

        ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

防災訓練

2010-07-19 20:28:08 | 独り言

 今日は雨が来そうな雲行き怪しい中、 私の住む町内会のDscf0450_4防災訓練に参加しましDscf0455 た。例年この時期に防災の意識を高め、普段使うことのない町内会に装備された防災機材の点検とその使用方法、消火器の使い方、簡易担架の作り方などいざと言うときに慌てないように、町内の皆さんと協力をしながら訓練をしてきました。Dscf0454

 ただ課題は、南区は全市も中で24.8%と高齢化率が一番高く、私の町内もご他聞に漏れず高齢化が進んでおり、皆さんの防災意識は高いものの担架でけが人を運んだり、下敷きになった人の救出など、力がいる時には皆さん異口同音に大変、腰が・・・という声が聞こえており ました。大きな災害の時には我々の力はそんなに発揮できませんが、防災の意識を高めるということで人災だけは起こさない、また、この訓練で防災機材の点検だけでも訓練は大きな意義があると思います。

 当然防災機材の出番は訓練の時はいいけれど、現実の災害発生で使うことがないよう祈るばかりであります。

Photo

    「答えは現場にある」を信条に

    「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

南沢ラベンダーまつり

2010-07-17 20:21:09 | 独り言

 今年も「南沢ラベンダーまつり」が、17日~19日と東海大学で地元南沢地区町内Dscf0448 会連合会・まちづくり協議会共催で開催されます。ラベンダーと言うと富良野が有名ですが、実は昭和15年に曾田香料㈱と地域農事関係者によって植栽をし、南ノ沢農園として開設され、日本で初めてオイル生産に成功しました。

 その歴史的経緯と業績を踏まえ、地域の貴重な文化財産を守り続けることにより、地域の活性化と人的交流の充実を図る目的で4年前から始まりました。

 期間中は東海大学カレッジコンサート、南沢そば粉・地元野菜の即売会、オープンカフェ、大道芸人や「ハーブの香り医療への臨床効果フォーラム」など色々な楽しみ方ができます。どうぞ連休中にラベンダー鑑賞で癒しをして下さい(10時~16時:駐車場あります)。

Photo

    「答えは現場にある」を信条に

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

       ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

参議院選挙終わる

2010-07-13 21:16:52 | 独り言

 6月24日公示となった、第22回参議院選挙が終わりました。 私どもが応援しましDscf0444 た、長谷川岳さんが95万近い票の獲得で見事当選いたしました。ご支援いただいた皆様には感謝申し上げます。今後は、長谷川さんが掲げた「強い北海道」の実現向け働いて欲しい期待しております。選挙中、長谷川岳さんは、私の「答えは現場にある」と同様に、陳情型の活動ではなく、自ら現場に足を運ぶ政治家になるとも言っており、その姿勢を絶えず持って、国民の声に傾ける、時には自分の信念を貫く議員、更には国民に近い政治家は地方議員であり、地方議員とのコンタクトを絶えずしていくことが国民の声を知る一番の近道でもあり、常に真摯な態度で臨む議員でいて欲しいと思ってもおります。まずは長谷川岳さん当選おめでとう、そして95万人の投票の重みを常に感じた活動をこれからもしていってください。

Photo

      「答えは現場にある」を信条に

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント