gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太陽光発電の研修会

2010-04-29 15:07:31 | インポート

Dscf0224  北海道太陽光発電普及協会の研修会が昨日28日、全日空ホテルであり参加してきました。

北海道太陽光発電普及協会は太陽光発電設備を事業とする企業が正会員として、太陽光発電普及や啓蒙と設置しようとする方への正しく良質な知識と情報の提供と設置に伴う良質施工、会員間の情報交換や技術の習得等を目的に昨年設立されました。

北海道経済産業局エネルギー対策課の丹羽課長補佐より、「北海道における太陽光発電の現状と今後の国の施策について」をテーマに北海道の自然エネルギー現状や現政府が検討している発電したエネルギーの全量買取についての検討状況などの説明がありました。

 札幌市も平成21年度補正予算や平成22年度予算の中で、学校をはじめとする公共施設に太陽光発電導入を進めておりますが、現状市の登録業者で、その知識や Dscf0225施工に詳しい業者さんが少ないのも事実であります。

さらには、メーカーとの取引条件についてハードルが高く、事業に対しての取組みたい関心が高いが、直接取引がままならず、事業者が拡大しずらい事と、受注業者が商品を仕入れるのに、商社や数社経由しなければ、仕入れができない現実もあり、これがコスト高つながる原因にもなっております。

 その意味では、今後この北海道太陽光発電普及協会は大きな役割を担ってくると思います。

また、今回の研修会に中で、私も挨拶を致し、太陽光発電は北海道おいては急速に設置件数が伸びている現状、雇用創出と消費拡大を牽引するリーダー事業となる可能性を秘めていることを訴え、その実現に向けての激励をしてきました。

Photo

      「答えは現場にある」を信条に

       「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

       ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

ごみの循環型社会

2010-04-18 10:54:10 | 独り言

 先週、函館、広島と視察に行ってきました。Dscf0175 Dscf0180

函館はゴミ焼却灰をセメントの材料としてリサイクルする行程を現場に行って確認してきました。

持ち込まれた焼却灰を、数回不純物を取り除く作業をして、1,450℃という高温で処理して行きます。1,450℃の高熱を出す燃料原は石炭でありますが、その石炭の燃えた灰も、同様にセメント原料になっていきます。(800℃以上の高熱処理をすればダイオキシン等の問題もありません)

 札幌市は焼却灰を埋め立てしておりますが、将来、この埋立地に余裕がなくなれば、どこか埋め立てする土地を確保しなければなりませんが、その候補地を探すのは容易ではありません。

 昨年の2月札幌市は、この焼却灰の実証実験をやっており、その有効性を確認しており、課題は運搬や処理費用のコストと聞いております。

 今後この課題を解決して、札幌市の家庭ゴミの排出が減量となり、さらにはゴミ焼却灰がリサイクルされていけば、それこそごみの循環型社会が実現していくわけで、早期実現に向け推進していきたいと思います。

 また、札幌市の下水道整備率は99.8%と全国でも高い位置にありますが、市街化Dscf0210 調整区域に住まわれている一部はまだ下水道が整備されていなく、今後も少子高齢化やコンパクトシティの考え方から行政サービス範囲の限定してくることから、その地域の下水道整備は非常に難しくなってきており、札幌市は合併浄化槽導入を促進する為、受益者に補助金を出し整備推進をしているところですが、私は同じ札幌市民でありながら、環境衛生の一律化の観点で、仮に下水道整備が費用対効果から整備が難しい地区においては、公営合併浄化槽として整備をしていく議論を提案致したい。 その公営を実施しているのが、広島市であり、その現状と課題等の調査視察にいってきました。政令指定都市では、仙台市なども公営化しており、今後札幌市においても、その可能性と市民合意の提案・議論をしていきたいと考えております。

Photo

         「答えは現場にある」を信条に

        「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

最近読んだ本

2010-04-11 22:18:15 | 独り言

 昨年から数回書店に行きますと、どうしても目に飛び込んで来るタイトルが「米 中・・・」とアメリカ・中国・日本の関係の変化に警鐘をする関連書籍であります。Dscf0150

・日高義樹氏著「オバマ外交で沈没する日本」(徳間書店)

・青木直人氏著「米中同盟で使い捨てされる日本」(徳間書店)

など、アメリカと中国の経済関係強化を進めていくほど、日本への関係に大きな変化をもたらすことや、オバマ政権は核軍縮を進めることにより、日米安保への影響を与えてくることなど、また、外交は国益と国益のぶつかり合いで、民主党政権の外交機軸ビジョン、国防の基本戦略がないままの政権運営で外交対応や政策の不安を指摘しております。

 現在の沖縄“普天間基地”問題の迷走が、民主政権の危うさを一番表しております。

 また、現在、中国は米国の国債を一番保有・購入する国として、さらには人口13億人の経済市場としての魅力を見逃すはずはなく、クリントン政権以来、元国務大臣のキッシンジャーがチャイナロビーストとして、中国への影響を強めている事実をデータを示し、片方で中国の軍備増強もあり、片方で「握手」をしながら、もう片方の手は「盾」をもちながら、抑止力をも示している、現在のアメリカを著しております。

 この他に

 ・森田実氏著「アメリカに使い捨てられる日本」(日本文芸社)

 ・クライン孝子氏著「大計なき国家・日本の末路」(祥伝社)

 ・浜矩子氏著「スラム化する日本経済」(講談社)

など、現在の日本の現状を警鐘と課題提起をしておりますが、これは、やはり政治や政治家の手に依って解決していかなければなりません。

Photo

            「答えは現場にある」を信条に

         「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

            ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

新たな気持ちで

2010-04-05 23:07:58 | 独り言

 平成22年新年度に入りました、思い返せば4年半前に札幌や南区のために働こうMagokoro と決意をし、一年掛け、生まれた土地を改めて廻り、「こんな所があったんだ」、「こんなに変わったんだ」、「まだあったんだ」、「変わらないなぁ」・・・など、新発見があったり、懐かしんだりしながら、自分を育んでくれた札幌や南区の良さをを再び実感し、この「まち」をしっかり守りたい、皆さんと良さを享受したいと想いを胸に、「安心」「安全」「快適」を根本とキーワードに、住み良い南区の実現を訴え、3年前の選挙で皆様のお支えを頂きながら当選をさせていただきました。

 当選後は、今までと全く違う仕事、生活リズムと戸惑いながらも、ひとつひとつが新しいことだらけで、これも勉強と思い精進を重ねてきました。

 皆様にとって、まだまだと思うところが多々あることと思いますが、小さいことでも、大きなことでも、がっぷり四つで組んできたつもりです。

 任期もあと一年となりましたが、札幌市の課題や南区の課題は山積しており、皆様の為にもひとつひとつの課題を紐解きながら、時間の要するものも沢山ありますが、しっかり取組んでいきたいと新たに決意をしております。

 今年度は巷の小さな声の掘り起こしにも取組んでいこうと思っておりますし、皆様の声に、更なる傾聴をしていきます。

当然この仕事は、常に皆様と同じ目線と立場で考えていかなければなりません、その為にも皆様の世論と支援がバックになければやれない仕事でもありますので、更なるご指導、ご鞭撻を宜しくお願い致します。

Photo

        「答えは現場にある」を信条に

       「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

        ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント