gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成21年度第1回定例議会終了

2010-03-30 22:58:48 | 独り言

 2月16日から始まりました、第1回定例議会が本日終了し 一般会計、当初予算Photo 8,229億円(途中、予算の変更があり8,235億円)、平成22年度予算が可決いたしました。

 歳出で目を引くのは、保健福祉費2,737億円(前年比431億円増)で、この中には生活保護費・こども手当てなどが含まれます。

 景気対策等の経済費が966億円(前年比41億円増)であります。さらには平成21年度の補正予算で環境対策、特に学校を中心とした、太陽光発電設備設置なども含まれます。 

 本年6月には、認知症コールセンターの開設や10月には各区市税窓口が5つの事務所に統合されます。

 我が会派は、今回の予算採決の賛否に対し、一部経済対策などが不十分、国の子ども手当ての地方負担分などが政府の公約違反などの議論を重ねてきましたが、現下の経済・景気状況を鑑み、予算執行を確実にして市民生活に影響が出ないよう、本会議の討論で懸念される課題等を指摘・提言をして、予算に賛成を致しました。

 また、「国会議員の政治資金疑惑の徹底解明を求める意見書」、「地方財政制度の抜本的な改革を求める意見書」。「教員免許更新制の存続を求める意見書」ほか11件の意見書を採択。 

Photo

    

                          「答えは現場にある」を信条に

                    「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                             ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

予算特別委員会(観光文化局)

2010-03-23 23:56:37 | 独り言

本日23日(火)、予算特別委員会では観光文化局関連の質疑がありましPhotoた。

 主に出た質問は、

 ・札幌ドームの住民監査請求に基づき、監査委員が指定

  管理者に対価返還に関する札幌市の対応について

 ・札幌市が月寒にカーリング専用体育館建設や建設後の

  対等に関する件、また市長が、これまでオリンピック

  や花博誘致には、市民アンケートで市民意見を聴いて

  きたが、カーリングに関してはその手法を経ずに、期限を

  決めて建設に言及したことについての不可解な疑問

 ・ウィンタースポーツ普及拡大の取組について

 ・藻岩山再整備後の利用需要予測、特に観光道路からの入場者数予測の疑問、

  再整備工事中の登山利用や施設対応に関する質問  (私の質問)

 ・四ッ峰トンネルひび割れ後の、定山渓観光の影響と札幌市の支援について

                                       (私の質問)

Photo

  

           「答えは現場にある」を信条に
         「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                     ホームページ 
http://munekata-masatoshi.com/

コメント

予算特別委員会(経済局)

2010-03-21 00:00:41 | 独り言

 3月18日の予算特別委員会は経済局・農業委員会・中央卸売市場会計関連でありました。 Photo

 私は、現下の建設業を取り巻く環境の中、行政が市内の中小建設業に向けた、経営改善や新分野進出に意欲を示す企業が、その内容を申請し、審査を経て要件を満たし採択されると補助金(上限額あり)を支援をする、「札幌市中小建設業経営資源活用型モデル事業」という施策が平成18年から始まっておりますが、昨今の建設業の厳しさからこの事業が、現行の業界に合っていないものと、制度設計等の再構築をすべきではないかと質問をしました。

 理事者側からは、現状を鑑み、制度等の検討をしていく答弁を引き出しました。

     【 事業内容の詳細はこちら 「中小建設業経営資源活用型モデル事業」 】

 

  また、先般の「グループホーム みらい とんでん」の火災が起き、急遽、札幌市議会厚生委員会が3月24日(水)に開催されることになり、一連の報告を行政側から受けることになりました。私は、厚生委員会所属ではありませんが、昨日、同僚の横山議員が厚生委員でこの件について質問をするので、これを教訓にして再発防止の観点から、質疑を行う予定でありますが、仲間として、どのような課題やその解決は、何か等の話し合いを持ちました。

 机上で考えることも必要でありますが、私が信条としております、「答えは現場にある」の下、火災現場を検証することや介護に携わる方々の意見を傾聴することが大切であり、その代弁者が我々の役目であろうと思います。

Photo  

     「答えは現場にある」を信条に

         「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

予算特別委員会(建設局)

2010-03-17 22:45:06 | 独り言

 16日(火)10時より、建設局関連の予算特別委員会が開かれました。

 

先日の「グループホーム みらい とんでん」の火事で亡くなられた方々のご冥福と被害に遭われた方へお見舞いを申し上げます。

 

  「夏・冬道路維持一体発注の試行について」 2_6

 今、建設業で課題となっている札幌市の除雪 と夏場の道路維持を一体化して発注することで、除雪を請負う市内業者の減少の歯止めや 建設業者への政策入札を拡大することで、市内の業者の育成に配慮した発注を試行する、対象地区は明確ではありませんが、除雪地域が現在39ゾーンがありますが、その中で試行的に5区程度を対象にする予定でありますが、課題もあり ます。

 今まで、経営上の問題で、除雪を請負っていない市内企業の道路維持へ参入阻害等が挙げられ、そのような課題解決も考えていかなければなりません。

 

 「今年度の除雪費用の見通し」

 今年の除雪費は少雪で、10億円ほど不要額が発生する 見通しで、内3億円程度、防護柵や道路補修などに年度内発注をして充てる予定です。

 

 「四ッ峰トンネルの本復旧について」

 昨年7月29日に発見された、四ッ峰トンネルの本復旧の見通しは、新年度から工法検討し、設計に4ヶ月ぐらいの期間がかかる予定で、工事着手は秋頃から始まる予定で、次年度までかかる可能性もあり、定山渓観光振興にも配慮し工事を進めるよう要望したところであります。  

 Photo

        「答えは現場にある」を信条に

        「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                         ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

予算特別委員会

2010-03-12 21:22:00 | 独り言

 11日(木)の予算特別委員会の保健福祉局関連の質問を致しました。 2

 「夜間対応型訪問介護事業」と「高齢者緊急通報システム」の2項目であります。

 「夜間対応型訪問介護事業」をご存知ですか。

 この事業は、要介護認定を受け、身体に不安がある方や、お世話をしている方々が夜間の介護者の変調に対し、電話や訪問など対応する事業で、本人やお世話をしている方の心理的負担の軽減を図る、平成19年10月から始まった事業でありますが、その対応する事業者は、札幌においては4事業者がありますが、それを利用する方が118名と思ったより少ない現状であります。もちろん介護保険サービスの対象でもあり、利用促進に向け、今後の対応を質しました。 

 また、「高齢者緊急通報システム」について、事業が始まって20年以上経過するも、利用者が、ここ数年1250名前後で推移という現状であります。

 この事業が利用できるのは、単身世帯の65歳以上で、発作などの日常生活に不安を持つ方や高齢者夫婦世帯で、どちらかが寝たきりで、もうひと方が病弱な世帯が対象であります。 

 身に付けたペンダントを押すだけで消防署に助けを求められ、火災などにも迅速な対応ができます。

 利用に当たっては、通報したとき即座に駆けつけ可能な協力員(近所の方)2名の登録が必要で、機器設置にあたり、1,000~3,000円が初期費用がかかります。

 この事業は、消防署への誤報、協力員が必要、緊急通報が自宅内しか通報できないなどの課題があり、この件についても利用拡大や、前段での「夜間対応型訪問介護事業者」との連携が出来ないか、また、厚生労働省は、平成22年度で、高齢者地域包括ケアの確立に向け、様々なモデル事業の取組を市町村に促し、その取組について交付金対応をしており、札幌市においても、この交付金を積極的に活用して、緊急通報システムの再構築をすべきと提言と質問を致しました。

 来週は、建設局(下水含)、経済局の予算委員会がありますが、両委員会とも質問に立つ予定であります。

Photo

               「答えは現場にある」を信条に

                 「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

                     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント