gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年一年お世話になりました

2008-12-31 14:34:16 | 独り言

2  今年もあともう少しで年が過ぎようとしております。Photo 

 振り返りますと子ども頃の一日は長く時間を費やすのに色々なことができましたが、歳と伴に時間の経過が早まっている感じがしますし、まわりの方々からも同じような声を聞きます。 

 年が改まりますと任期折り返しとなり、私を信任して頂いた方々の負託に応えるためにも、一分一秒とも無駄にはできないと感じております、来年も精進していきます。

 皆様には今年一年お世話になりました、来年もご指導ご鞭撻や貴重な意見・提言をお待ちしております。

 皆様方にとって来年も良い年でありますように祈念しております。

Photo   「答えは現場にある」を信条に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

平成21年予算陳情

2008-12-23 18:42:39 | 独り言

Dscf0095Dscf0098  つい先日 平成21年度国家予算の内示がありましたが、それに先立ち自由民主党札幌市議団代表7名が東京へ陳情に赴き、道内選出衆参国会議員や関係省庁へ要望活動をしてきました。

 

◎要望政策提言の要点は

  ①北海道新幹線の早期実現(これは部分着工と発表なったところであります)

  ②地方交付税総額確保(全体で15.7兆円)

  ③道路財源の確保 Dscf0085

  ④除排雪経費に係る財源措置の拡充

  ⑤札幌圏を含む道央圏域における広域的社会資本の整備

  ⑥週産期救急体制の充実

  ⑦国際会議・イベントの誘致促進

    (平成20年7月3日の閣議決定の遵守)

 を要望してきました。 

翌日は総務省・国土交通省(北海道局・鉄道局)へ出向き陳情活動をしてきました。

Rogomark    「答えは現場にある」を信条に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

              ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

市民ホール

2008-12-12 20:42:38 | 独り言

Dscf0057  11日 旧市民会館跡地に出来ました、札幌市民ホールにオープンに先駆け見学に行ってきました。

 老朽化と耐震問題で旧市民会館の立替議論が持ち上がり、2015年に市民交流複合施設の計画がありますが、市民の文化施設の必要性から建築費を押さえながら出来上がりました。 その為緞帳を始め備品の一部などは旧市民会館Dscf0038Dscf0050Dscf0043Dscf0037からのものを使用しております。普段見られない 制御室なども見させていただきました。

概要   ・客席数 1500席+車椅子用スペース16席

      ・舞台 間口 17m 奥行 12.7m 高さ 8.7m

      ・会議室 第1~6会議室まで 

Rogomark  「答えは現場にある」を信条に

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

           ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

 

コメント

総務委員会

2008-12-09 23:15:22 | 独り言

Dscf0034 本日12月9日総務委員会が開かれ、議案は特別職の給与一部改定の条例案・・・いわゆる 上田市長と副市長のバス継承問題の責任として10%、1ヶ月の減給に関する議案であります。 市長は時々の判断は適切にしてきたので判断ミスはなかったが、二転三転と市民に混乱を与えた責任を形のしたとの説明でありました。

そこで総務委員会でその責任の取りかたについて、我が自民党会派はJRバスへの補償は正当性があり、やむないもので賛成するが、市長の責任の取り方が甘すぎるとの観点から、この議案を反対する立場で質問をしていきました。

 わたしは総務委員会副委員長で仕切り役側ですので、質問に関しては先輩議員に託しました。総務委員会の自民党会派は私以外に3名の委員が所属しており、当初1名が質問予定で、今回の処分の根拠や処分内容のものさしをどう見たのか、また市長は判断ミスはなかったと、再三再四言っているが、平成18年12月よりこの問題を協議してきており、その間なにも市民や議会に情報を提示することなく、本年の6月21日に路線廃止と表面化して初めて市民・議会がわかったことで、協議中に市長の出る場面があったはずであり、早くトップ会談や市長が協議に出ていれば、このような市民の税金を無駄に使うことはなかったとの主張に、上田市長は相変わらず、ミスはないと主張。

 その為、質問予定をしていなかった我が会派2名の委員から市長へ、次々と質問をしていきましたが、市長の答弁も段々支離滅裂で、JRバスに事業後継をした場合の10.8億円の初期投資や5年間の維持費19億円を支出するのが防げて、5千万弱で済んだと論点をするかえる答弁がでる始末であります。しかし議論平行線のまま質問が終了し、その後討論に入り、我が自民党会派のみが反対討論をして採決に至りましたが自民党は反対、他会派は賛成の立場で、賛成多数で本会議に送られました。

 その中で疑問が残るのは、これだけの論議があるのに、民主党や必ず質問する市民ネットワーク北海道が全くこの問題に触れずじまいであったことに、議員・議会としての責任をどう考えているのか疑問に思えます。

今後は中央バスの赤字補填の論議が次回の議会で始まってくると思いますが、その件はまた報告をしていきます。

 この他 職員の寒冷地手当の条例を一部変更する議案と財産取得の2議案の論議が行われ、この2議案は全会一致で本議会に送られ終了しました。

Rogomark   「答えは現場にある」を信念に

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

            ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

       

コメント

代表質問終わる

2008-12-05 18:53:45 | 独り言

Munekata_4 11月27日開会しました第4回定例議会の代表質問が4,5日と行われました。我が会派から同僚の横山議員が立ち市長の政治姿勢や経済対策・雇用、福祉政策、冬季国体誘致、創成1.1.1区の活用などを質問いたしました。特にバス継承問題について、12月2日に帯広市の砂川市長が説明不足として、減給30%の3ヶ月などを表明したものに比べ、市長の責任取り方について甘すぎるのではないかと再質問、再々質問で詰め寄りましたが、市長は以前と変わらず妥当である、この判断は市民が決めること、また後世の歴史が判断してくれと他人事のような答弁でありました。

 この市長、副市長の減給について、特別職に関する条例改正が私の所属する総務委員会に付託されましたので、改めて9日の総務委員会で論議をしていきます。

また雇用に関し、今 男女機会均等法の下ではありますが、敢えて、若年男性や新卒男性の雇用について質問しましたが、その点は無策であると言わざる得ません、市長の答弁は今後受け皿づくりに鋭意努力するとの答弁だけで、具体性がありません。 札幌の産業構造が第3次産業のウェートが高い為、どちらかと云うと女性の就職率が高い実態があります、中長期的な視野のもとで対策を打たなくてはならないと提言をし、そうしなければ若い人材が札幌から道外に流出をしてしまいます(現状 大卒男子の道外就職率は51%を超えております)、またそのことが札幌の少子化の要因のひとつとも言われております。

現在 金融危機の経済状態の中、短期的には雇用全般にかかることを優先とは承知していますが、そのことも視野にいれながら取組まなければならないと考えます。

Photo 「答えは現場にある」を信念に

    「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント