gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

活動報告

2008-02-23 12:01:42 | 独り言

Dscf0012 2月20日~22日まで代表質問がありました。その中で「ごみの減量と有料化」に関する質問が各会派からありました。 我が会派も昨年から各地域で「スリムシティさっぽろ・ごみ減量と有料化」の説明会での 市民に対する説明のあり方や減量と有料化がセットになっている疑問などを取り上げました。

市民意見には

◎有料化を求めるなら、戸別収集などの行政サービス向上をすべき ◎ゴミステーションの不適正排出の是正、カ  ラス対策を先にすべき ◎不法投棄が増えるのではないか 

◎有料化を求める前に、民間委託などの市内部努力すべき ◎有料化はやむないが、そのゴミステーション当番を市民に押し付けないようにすべき

など様々な意見があることは事実であります。 

我々自民党会派も「ゴミ減量・有料化」検討プロジェクトを昨年から立ち上げ、市民意識や減量対策、先進都市事例研究など市民にとって何が一番いいか検討をしている最中です、また現在 ゴミに関するアンケート調査も実施中であります。もしアンケート協力がいきましたら宜しくお願いします。

 もうひとつ「子どもの権利条例」に関してです、この件は前回の文教委員会での報告で掲載しましたが、ゴミと同様「子どもの権利条例検討プロジェクト」を立ち上げ、先般、現在同様なことを検討している、尼崎市と救済機関をいち早く設置した川西市に視察にいってきました(写真は尼崎市の担当から説明を受けている様子です)。

 尼崎市は平成17年から検討を重ね今年度内に条例にするのか、また中身はどうするかなどと検討委員会の最終段階に入っているそうです。その中で子どもに関する条例を制定している都市の研究を進めている中で、もし条例化するにしても「権利」を前面に出すのではなく、子どもの育ちや、大人が子どもの健全育成をする責務などの内容に落ち着きそうだとのことです。特に「権利」のひとり歩きで我儘の助長や保護者の「権利」を盾にとった不合理な要求や訴えによる、教育現場の混乱を危惧してとの事です。

 また川西市では「子どもオンブズパーソン制度」がありますが、市の方からは、この制度はいい機能していると説明を受けましたが、現場の方のお聴きしますと、子どもや保護者が制度を盾にとり、何かあると「オンブズパーソンに言うぞ!」と教育現場に悪影響を与えていたり、意欲のある先生が 無気力化しているなど「混乱」がある事実を聴いてきました。また平成15年にはこの制度を廃止する動きもあったとの事ですが、時の市長がこの制度の運用を適正化すると約束をして、現在検証を続けているとのことです。この問題についても、検討プロジェクトの中で、さらに検討を重ねますが、今札幌市は「子ども権利条例」に関するパブリックコメントを広く市民に求めておりますので、是非活発な意見を札幌市の方へ投稿願います。

 最後に私を含め自民党は何度も言いますが、「子ども権利」を否定しているのではなく、当然あるものとの認識の上、このような条例が制定されることによる、我儘の助長や、拡大解釈による教育現場の混乱などを危惧しているものであります、「権利の侵害」に対しては、今までも相談機能やそのような機関がありますので、既存機関を拡充・強化で対処すべきと考えております。

      「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

活動報告(文教委員会)

2008-02-17 14:15:33 | 独り言

Photo 13日の定例議会招集後に文教委員会が開かれました。

札幌市子どもの権利条例検討委員会の答申についてです。これは昨年2月の第1回定例議会で「札幌市子どもの権利条例」が否決されたものが、再度 条例制定にむけ検討委員会を設置して、12回の検討委員会の中で議論されたものを委員会答申として出され、文教委員会にかけられました。

 わたくしは 人の権利は憲法で保障されておりますし、特に子どもの権利は守られるべきであり、我々大人は守らなければなりません。特にDVと云われる児童虐待や育児放棄、いじめなどから子どもを守るのは当然大人の義務でもあります。 1989年に国連において「子どもの権利条約」が採択され1994年には日本もこの条約を批准しております。この条例は大きく分けて、

  ①生きる権利  ②育つ権利  ③守られる権利  ④参加する権利

の4つの権利を謳っております。その上で「札幌市子ども権利条例」を制定しようとしておりますが、“屋上屋”になりかねませんし、この条例が制定されますと保護者からの不合理な権利の主張や子どもの我儘の助長など教育現場に混乱を危惧する意見があること。さらには「子ども権利条約」があるにのに、条例にする意味があるのか、教育現場に携わる方々も反対する意見が多いのも事実であります。子ども人権に関することは児童虐待防止法など、こども守る方策はある為、わたしは条例より、そのようなことを防止できる実効策をとるべきと考えております。

 現市長は公約としてこの条例を制定しようとしておりますが、何故 子どもだけに突出するのか、人権の問題は子どもだけでなく、障害者や高齢者を含め全ての人の問題であります。  昨年の6月の文教委員会でわたしは、この件に関し、条例化をするのであれば、子どもをはじめ、障害者や高齢者などの権利が侵されやすい全ての人を対象にすべきでないか、条例が制定されても、いじめ、虐待が少なくなるのか、先ほども述べたとおり、早急に実効できることをすべきと提言をしております。

事実 先般 食堂で働いていた知的障害者4人が長期間にわたり給料が支払われなかったり長時間労働を強いられていたことや休日が月2日かなかったことなどの事件がありました。わたしは ほかに同じような事例がないか早急に調査すべきであると思いますが、上田市長は他人事のような発言をしておりますが、子どもの権利条例だけは執着をしているようであります。

冒頭 子ども権利はあるもの守るものと述べましたが、条例制定への注力することより、現実に目をむけた、実効性のある政策・施策を今求められていると考えております。

この件については、検討委員会の答申についての議論でありますが、今後 答申に基づいて条例案が出てくるようですが、これから始まります予算特別委員会でも議論していきたいと考えておりますし、今後報告もしていきます。

  「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

明日から定例議会です

2008-02-12 19:47:39 | 独り言

2 2月とは言え この2,3日暖かい日が続いておりますが、14日ぐらいから天候が荒れそうですね。自然には素直に、逆らず付き合うことが大切ですね。でも除雪は やはり大変ですね(本音)。

さて 明日2月13日より平成20年第1回定例議会が始まります。20日から22日の3日間は代表質問があり その後予算特別委員会が開かれます。

今回の定例議会は 平成20年度の札幌市の予算に関する審議が中心となりますので、わたくしとしても議員になり、初めて行政の施策・事業と予算への審議参画が出来るわけです。予算特別委員会において、全部局への質問はできませんが 疑問や提言・指摘など幅広く質問をしていくつもりであります。特に皆さんにとって身近な「ゴミの減量化と有料化」、昨年の第1回定例議会で否決された「子どもの権利条例」関連が今後議案として上程されますので、特にそのところは積極的に質問をしていきます。

途中このブログにおいて、ご報告をしていきますので、宜しくお願いします。

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

雪まつり制作激励

2008-02-01 21:03:25 | 独り言

Dscf0001Dscf0007 昨日(1月31日)雪まつり制作をしております陸上自衛隊 のもとへ激励に行ってきました。

さっぽろ雪まつりも59回を迎え、今や世界的なイベントに発展していることは皆さんご存知でありますが、それを支 えてきた自衛隊の事を忘れてはいけません。Dscf0003_2

そんな感謝の気持ちをもって、わたくしを含め賛同して頂いた方々17名で大通西8丁目会場へ出向きました。指揮官をはじめ隊員の皆様から温かく迎えて頂き、雪像の仕上げ段階の作業中にも拘らず、指揮官自ら丁寧に説明をして頂き、雪像に装飾する雪で出来た部品を保管する室なども案内して頂きました。今年は「国宝 犬山城」で過去国宝の城は3城雪像として制作しましたが、Dscf0005犬山城で国宝の城として全て雪像として制作されたことになります。高さ15m、幅19m、奥行き18mと足場がまだありましたが圧巻であることは云うまでもありません。「芸術」と云っても過言でない雪像を見に行かれた時、自衛隊の隊員の方々や制作に関わった人達やスタッフの方々に「感謝」の気持ちを持って見て、感動をしていただきたいと思います。

   

  「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント