gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「出資団体改革調査特別委員会」活動報告

2008-01-30 19:15:13 | 独り言

「出資団体改革調査特別委員会」11名で先進事例研究で横浜市、京都市へ調査に行ってきました。

 Dscf0018横浜市役所で「特定協約団体」と位置づけた外郭団体が、市との協約を掲げ、その達成に取り組むという「特定協約団体マネジメントサイクル」を採用しておりその説明を受けました。

その後その外郭団体の一つであります「財団法人 男女共同参画推進協会」が指定管理者になっています戸塚区にある施設へ移動して団体側から見て、その「特定協約団体マネジメントサイクル」の取り組み等の調査をしました。

 翌日は京都へ移動し京都市役所を訪問し「京都市外郭団体改革計画及び外郭団体のより抜本的な見直し方策」、「京都市行政活動及び外郭団体の経営評価に関する条例」の2点で調査をいたしました。京都市も外部評価制を取り入れていますが 団体の自己評価Dscf0014は採用していない事と「行政活動及び外郭団体の経営評価に関する条例」を制定し、外部評価と調整委員会での改革の取り組み、市民意見申出制度を採用しているのが特徴であります。

札幌市も外部評価委員会で改革等の提言をしており、改革が進んでいる団体もありますが、中には従前と変わらない団体もあり、横浜市の協約方式などは札幌市も導入する価値があるようです。

 写真は京都市役所で説明を受けたあと質問をしている様子です、横の委員は同じ会派の五十嵐議員です。

  「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

   ホームページ http://munekata-masatoshi.com/ 

コメント

市政報告会

2008-01-21 23:40:28 | 独り言

Photo  1月20日(日)市政報告会を開催しました。

当日は予想をはるかに上回る800人を超える来場があり、皆様からの期待の大きさと責任の重さ改めて感じておりました。

橋本聖子参議、伊達忠一参議をはじめ丸岩道議、三上市議などの先輩議員も駆けつけて頂き、また日曜のお休みの中 沢山の方々にご来場頂き盛会裡に終わることができ、改めて感謝する次第であります。

市政報告については特に2点に絞り・・・スリムシティさっぽろのゴミ「減量」と「有料化」と小林峠のトンネル事業について報告をいたし、時間の兼ね合いでそれ以外は「まごころ通信」として印刷物で皆様に報告をさせて頂きました。さらに「道路特定財源」の件を皆様に説明し今後の判断を頂ける様 簡潔にポイントを説明いたしました。

また「よさこいソーラン」の創始者である長谷川岳氏にも出席を頂き皆様に紹介を致し、好感度をもって受け入れてもらいました。

今回の「市政報告会」はわたくしにとって第1回目でスタッフも初めの経験で不手際の点に就きましては来年の教訓とさせて頂きます。

本当にありがとうございました。

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

      ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

雪が少ない正月です

2008-01-14 22:29:38 | 独り言

Photo  年が明け もう2週間が過ぎました、今年は雪が少なく 雪かきもそれほどする機会もなく 穏やかに過ごさせて頂いておりますが、反面 除雪を請け負う業者さんは大変であります。石油が高騰の中 特に行政から除雪を請け負っている業者さんは シーズンで契約をして 出動回数に関係なく60%は契約金額の保証がありますが、人を抱え、機材の保守等を考えますと経営の問題に発展していきます。 我々は除雪も少なく恩恵を受けておりますが、除雪業者さんはそれなりに雪が降って欲しいと願っております、また一部のスキー場でも降雪不足でコースが一部閉鎖しているとも聞いております。

色々な意味でやはり冬は冬らしくそれなりに雪が降ることが北海道の経済を考えますと 必要ですね。 いっぺんの大雪は遠慮したいですが、少しずつ少しずつ降雪があり 雪かきもさっとできる状況で 除雪業者もスキー場も恩恵受ける程度の雪は欲しい感じですね。

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

道路特定財源に思う

2008-01-03 23:03:02 | 独り言

  今 道路特定財源の事で国会や新聞紙上で話題に上っております。これは租税特別措置が本年の3月末で切れるPhoto_3時限立法で政府与党はこれを継続しようとしておりますが 民主党はこれに反対しようとしております。

 民主党の意見は、石油製品(ガ ソリン、灯油など)の高騰により価格に含まれる揮発油税などを廃止して石油製品の価格を下げようとするもので、見かけによると生活に少しはプラスになる感じでありますが、逆に我々の生活に支障をきたす事をご存知でしょうか。 

揮発油税や自動車税などは「道路特定財源」として道路を造ったり維持管理をする財源であります。札幌市などはその「道路特定財源」から除雪費用の半分を財源委譲されております、また我々が住む目の前の道路の維持管理にも使われており、春先に道路の穴やひび割れを修理したりするのもこの財源から出ております。特に札幌市の除雪費用は150億円ぐらいですが、札幌市も財源不足から除雪費用の節減を図ろうと、除雪出動を積雪10cmから15cmにしたり工夫をしておりますが、仮にその財源がなくなりましたら行政サービスの低下や我々の生活道路が荒れたままになるのが必至でありますが、新聞などはそこまで記事にせず、表面の論争だけを紙上に掲載するのみであります。 

石油の高騰は中国、インドの需要増と投資による高騰であり揮発税を撤廃しても根本的解決にならず、また国家備蓄を放出すべきとする意見もありますが、備蓄を放出しても石油製品価格が下がる可能性は低く、例え下がったとしても一時的にしかなりませんし国家備蓄は有事の際の備蓄であり取りあえず石油は今入ってきているのでその必要はないと思います。その為石油価格の問題は税金撤廃ではなく別な対策で解決すべきであります。

これからその件について国会やニュース、新聞で話題になることが多くなると思いますが、皆さんの判断は如何でしょうか。

  「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

   ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント