gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あけまして おめでとうございます

2007-12-31 23:38:45 | 独り言

新年あけましておめでとうございます。Photo

佳き年を迎えたこととお慶び申しあげます

当選以来、初めてのことばかりで無我夢中で走ってきましたが、ここにきて議会・政務活動や皆様からの要望など、市側との折衝にも慣れ、今年はさらに皆様の為に働いていく決意と、「あなたの声を市政に」のもと、地元に軸足を置き、皆様の声をしっかり聞きながら、負託に応えていく所存でありますので本年もご指導ご鞭撻とご厚誼の程宜しくお願い申し上げます。

最近ごく身近なところで驚くような事件が起き、「子どもの見守り」や「コミュニケーションを図る」ことなど地域における活動がますます重要になってきております。その活動を支援し、さらなる「まちづくり」活動を促進する「市民まちづくり活動促進条例」が昨年十二月の市議会で可決されました。これは自分の「まち」は地域の方々主役として「まちづくり」をして次世代へバトンタッチをしていこうとするもので、わたくしも市議会議員として皆さんの後押しをしていきます。

本年はゴミの「減量化」と「有料化の是非」が問われる年になります。札幌市から皆様へ順次町内会を通じ説明があると思いますが、市に対し活発な意見交換をして頂きたいと願っておりますので わたくしは市に対し他都市の先進事例(無料収集している先でゴミが減量している都市があることや有料化で個別収集、夜間収集している都市があること)などの情報をきちっと示して市民の適切なパブリックコメントや判断を求めるよう指摘しております。また小林峠のトンネルに就きましては当初計画より遅れておりますが平成23年度の開通を目指し進んでおります、今後進捗状況も含め、折を見ながらご報告していきたいと考えております。今年の干支は「子」で、「孳(し)」ともされ、「ふえる」という意味を持っております。少子高齢化が顕著な南区でありますが、今年の干支にちなみ少子化に歯止めがかかる事を切に願っております。

最後に皆様のますますのご発展とご健勝を祈念致し新年のご挨拶と致します。

  「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

よいお年を!!

2007-12-30 17:29:27 | 独り言

Photo 早いもので今年もあと1日と少々になりました。 皆さんにとってはどんな年であったでしょうか? 

 私事で云えば やはり人生を180度転換した年でありました。

札幌南区で生まれ、育ち社会人になって、あちこち転勤しながらそこの良さを感じつつも、生まれた土地の素晴らしさを改めて感じていました、でも 恵まれていたのは 会社人生の半分以上を生まれ育った土地で過ごせた事が、ますますこの土地を好きになり、町内会の手伝いをさせて頂き、もっともっと この南区を「住みよいまち」にしたかったことです。 そんな思いのチャンスを与えて頂き 4月の選挙で負託を頂いたことに 深く深く心より皆様に感謝し、来年はさらに飛躍ができるよう 精進する所存でありますので 来年も熱いご支援を宜しくお願いします。

 「よい年を お迎えくださいますよう 祈念いたしております」

     「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

           ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

 

 

コメント

報告Vol.5 

2007-12-23 18:23:47 | 独り言

Pict0155_2第4回定例議会の議案17件上程されました。主なものに

・平成19年札幌市一般会計補正予算 

・特別職の期末手当の削減

・市民まちづくり活動促進条例 

・職員の育児休暇に関する条例改正する改正案 

・札幌市中小企業振興条例を改正する改正条例案

・札幌市都市景観条例を改正する改正案 

・市道の認定及び変更の件

などを可決いたしました。議案の多くは皆さんにとって市道認定以外、直接的なものは少ないと思いますが、それぞれの行政サービスをする上で重要なものであります。

年が明け2月13日から3月28日まで第1回定例議会が始まり、平成20年度の札幌市の予算に関する議会であり、いよいよ市政の政策・事業等の具体的な質問がでますので、今から勉強をしております。乞うご期待下さい。

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

     ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント

第4回定例議会終わる

2007-12-15 15:40:50 | 独り言

Pict0155 12月12日に平成19年度第4会定例議会が閉会しました。今回はお知らせしました通り、わたくしにとって初めての代表質問をした議会でもあり、記憶に残る議会になることでしょう。

◎代表質問項目 (時間 60分)

 1、市長の政治姿勢について 

   市長のトップセールについて消極的でないかの指摘、審議会方式での政策立案は市長の責任回避型手法で

  はないか、また審議会にかかる経費が膨大な額になるので 大きな政策立案以外はその手法は疑問で職員

  が立案する事でいいのではないか。パブリックコメントは政策立案のアリバイづくりで、コメントをどう判断する

  のか。行財政改革で職員費に削減をもっとすべきであるが、士気低下を防ぐ為 業績評価制度を職員全体に導

  入すべき。出資団体の改革スピードが遅い、改革が進んでいない団体もあり、市長のリーダーシップを質問。

 2、第2次新まちづくり計画について

   前回の新札幌まちづくり計画の評価と第2次新さっぽろまちづくり計画の評価とどう生かしたか。また施策・事

  業に成果目標はあるが、政策目標が言葉・スローガンでは 目的とする焦点がぼけないか。

 3、創造都市宣言について 

   創造都市宣言が昨年の経済政策ベースから都市再生、活性化論と変わってきてるが その意図と目指すべ

  き姿と具体性の市長の見解を求めた。         

 4、産業振興について

   バイオクラスター・IT事業のその後展開と周辺自治体との連携、協働した道央経済圏構想の提案。

 5、資源物売却益の市民還元と集団資源回収奨励金について

   カン・ビン・アルミなどの資源物回収や紙ゴミなどの集団回収益を町内会などの市民の活動に還元すべきと提案。

 6、ワークライフバランスについて

   ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭、私生活のバランス)施策の推進を官が先駆けて導入することと、民間対し意識

  向上策を札幌市が率先してやるべきとの質問。     

 7、学力テストの評価、公表について

   今回の学力テストの結果の評価と札幌市教育委員会が過去実施した学力テストとの比較と今後の対応、結

  果は公表しないとするが、保護者や教育関係者は結果公表したほうが 今後 学力を伸ばす上で 大切ではな

  いかとの質問。

  8、障がい者政策について 

      精神障がい者の退院促進についての 支援策や今後の状況を問う質問。

 9、南区の活性化について

   地下鉄真駒内駅周辺の公共施設移転も伴う再開発、バリアフリー構想の取り組みを質問。

  現在 南区の活性化の一つの手段として 民間レベルで「シーニックバイウェー検討委員会」を立ち上げたが

  札幌市の将来の支援対応の質問。

と以上9項目の質問内容を全て掲載しますと膨大な行数になりますので、骨子だけを掲載をしました。詳細の一部始終は「札幌市議会ホームページ」に議会会議録があります、お手数でもそちらから検索して 確認下さい。

 次回は今定例議会の議案関連の報告をします。

   「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊

    ホームページ http://munekata-masatoshi.com/

コメント