ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

36巻-345話 潜伏者 (ガレーラカンパニー-12) 

2016年06月15日 | ウォーターセブン編




「牛の仮面」と、「骨の仮面」の2人の謎の人物は、パウリーとアイスバーグに"偽物"を掴まされたのを知って、パウリーの殺害を実行しようとした。

が、そこに飛び込んできたのがルフィだった。
アイスバーグさんの所に行きたくて、間違えて入ってきてしまったのだ。
ルフィを見た「骨の仮面」は、ルフィに【嵐脚!!(らんきゃく)】と言って蹴りをいれると、その風圧だけで、壁が大きく十文字にスパーンと切れた。




その足技に只者でもないと驚くルフィを、「牛の仮面」は背後から抑え込み、瞬時にルフィとパウリーを床に拘束すると、殺す時間ももったいらしく、大急ぎで部屋を出て行った。
アイスバーグさんに直接手を下しに行ったに違いない・・・。

残されたパウリーは、”麦わらのルフィ”が暗殺犯でないことを悟って、ルフィに素直に謝った。
それからルフィに「お前、戦ったら強ェんだろ?あいつらに勝てるか?」と聞いた。
ルフィは「ああ、強ェ。勝てる!!!!」と床に縛り付けられた格好で言い切った。




パウリ―は、「じゃあ一緒に戦ってくれ!!おれも勝ちてェ・・・。
何でどこの誰ともわからねェバカに、アイスバーグさんが殺されなきゃらないんだ!!!!
あの人は、おれの恩師なんだぞ・・・!おれを一人前の大工にしてくれた!
おれの体がどうなっても構わねェ!!!骨の一本になるまで戦ってやらぁ!!!」
パウリーは、アイスバーグさんを守りたくて、ジレンマに泣いた。









「骨の仮面」と「骨の仮面」が出て行った直後、「ムチの仮面」「クマの仮面」そして「ロビン」の電話が鳴った。
「おれだ、作戦に障害発生、全員寝室に。アイスバーグはまだ撃つな」


寝室に4人の仮面の者とロビンが集結し、アイスバーグと対峙した。
アイスバーグは「帰れ!お前たちに渡す物などない!!!」と不審者達を突っぱねたその時、ロッチの鳩が慣れた様子で「牛の仮面」の肩に止まった。

それが何を意味するのか、アイスバーグはこの時点でわかっていなかったが、「牛の仮面」は自らその仮面を外してアイスバーグに素顔を見せた。
アイスバーグは驚愕する。

「牛の仮面」はルッチ、「骨の仮面」はカク、「女の仮面」はカリフぁ、「クマの仮面」は行きつけのバーのマスターであるブルーノであったのだ!!!




アイスバーグは、ここでようやく事態を呑み込み始めた。
優秀な部下のうちの4人が、世界政府直下暗躍諜報機関『サイファーポールNo.9』で、長きに渡って「古代兵器ブルトンの設計図」の為にガレーラカンパニーに潜伏していたということか・・・。

4人は冷酷に言い放った。
「多くの犠牲者が出る前に、古代兵器ブルトンのありかをお話しください」
コメント   この記事についてブログを書く
« 36巻-344話 抵抗勢力(ガレーラ... | トップ | 36巻-346話 9番目の正義 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウォーターセブン編」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事