まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嘘にも恋がいる  (漫画レビュー)

2017年02月10日 | 漫画紹介



【作者】河合あぽろ
【連載】LINEマンガ(オールカラーweb限定オリジナル漫画)

【ジャンル】少女漫画、ツンデレ男子

【感想】
学校のクールなイケメンモテ男と普通の女の子が、「みんなに秘密でつきあっているフリをする」。
このパターンは少女漫画ではもよくあるパータン設定で、大抵はヒロインが安易にイケメン君の顔面にやられて早々に惚れてしまうことが多い中、安易に顔面に惚れることなく、惹かれていく過程がしっかり描かれています。

主人公男子のままならない恋、主人公女子のままならない恋、男子が想いをよせる年上女性のままならない恋の3者3様が絡み合い、もどかしくもひたむきに「嘘」を重ねていき、3人の「嘘」が絡まりあっていきます。
本気で好きだから、本当に相手を想う気持ちがつく「嘘」の切なさと、「嘘」の中の「本当の気持ち」が読み進める毎に伝わってきます。

少女漫画らしく、恋愛以外のエピソードは皆無。
ラインのケータイ連載漫画の為、やたら長い、話が進まないという問題もあり。



【あらすじ】
「嘘の中には真実という種がある。みんなそれを隠すために嘘を重ねてゆく」という一文から始まる、うまくいかない恋に、嘘という駆け引きで頑張ろうとする二人の男女の高校生の話。

高1の「三嶋夏芽」は、幼馴染の「小林裕貴」が小さい時からずっと好きで、でも告白できないでいるうちに裕貴は他の女の子と恋愛を始めようとしていた。

そんな時、クールでイケメン、頭脳優秀、大人っぽい雰囲気で近寄り難いがクラスで人気の男子「高槻ちかげ」君が、ケータイで恋人と喧嘩をしているらしき場面に偶然遭遇する。

ある日夏芽は、高槻ちかげから、「夏芽の恋の駆け引きを手助けするかわりに、自分の恋愛の駆け引きに協力してほしい」と交渉を持ちかけられる。協力とは「俺とつきあっているという嘘をついてもらう」という事。
なかなか振り向いてくれない「思い人」の気を引く為に、他に恋人が出来たと嘘をついて嫉妬せて「思い人」の心を動かそうという作戦だった。
夏芽はそれを了承し、自分の片思いの成就の手助けを「ちかげ君」に依頼して、二人の秘密の関係はスタートする。




こうして、それぞれに「本命の思い人」がいる夏芽とちかげは、「本命を落とす為」につきあっているフリをすることとなった。
この嘘のルールは3つ。
1、この事は二人だけの秘密にすること。
2、付き合っているフリは、登下校と学校にいる間だけで、それ以外は互いに干渉しない。
3、必要な時は必ず相手を助けること。
そして、「俺を好きになるな」。


初めは、夏芽の恋をちかげが全面的に協力することとなり、夏芽はちかげの後押しを得ながら、一生懸命に裕貴に振り向いてもらおうと努力をし、告白もするが、恋は報われず。

今度は自分がちかげ君の片思いの役に立ちたいと、夏芽は全力でちかげの恋に協力することに。
あまり他人に心を開かないちかげ君の本音や、自分だけに見せる優しさを知っていくうちに、いつしか夏芽はちかげの事をただの協力者以上の気持ちを持ちはじめ・・・。

ちかげの片思いの相手は、年上社会人。
10歳程も年下の高校生に素直に本気になる事も出来ず、自分の気持ちを抑えて自分を騙してちかげとの関係を断ち切ろうする。
ちかげに可愛らしい女子高校生の彼女が出来たと聞き、自分も社会人の恋人を作るが、ちかげからの真剣な告白を聞いて大人の恋心が揺れ動く。

3人の「本気の想い」がつかせるそれぞれの【嘘】が絡み合っていく・・・・。


第1編が夏芽の恋、




第2編でちかげの恋、



第3編は佳奈の想い

第4編は絡み合う3人の嘘



第5編で夏芽が嘘をばらしてしまう



第6編は・・・
















コメント