まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀魂 165話「策士 策に溺れる」 (伊東との戦い-8)

2016年07月19日 | 銀魂
神楽と新八、そして真選組の近藤、土方、沖田と伊東を乗せた列車は爆破され、鉄橋から今にも落ちんとぶら下がっていた。

その中で宙づりになって生きていた伊東は、思い出していた。
こうなったいきさつを、高杉晋助といういう男と接触した時の事を・・・。

----------------
伊東と高杉は、その密会を誰にも見られぬよう屋形船の中で会っていた。伊東は主張した。
「天才は孤独なもので、僕には理解者がいない。僕はこんな所でくすぶっている男ではないので、自ら己の器を天下に示すしかあるまい。
手始めに真選組をわが物とし、それを地盤に天下へ躍進し、この伊東鴨太郎が生きた証を天下に・・・人々の心に刻みこんでみせる。」




その陳腐な主張を聞き終えた高杉は、「その為なら恩を受けた近藤を消してもかまわねーと?」と聞くと「恩?あんな無能な男の下に僕が仕えてやったのを感謝されど、恩を受けたとは思わない」と平然と答えた。


高杉は「クク・・お前は自分以外の人間は皆バカだと思ってるだろう、だがバカに理解されぬのを不満に思い、理解されたい、自分を見てもらいたいと思ってる。
己の器を知らしめたい?お前はただ、一人だっただけだろう。お前が求ているのは理解者なんかじゃねぇ、お前が欲しいものは・・・・」



---------------------
そこで伊東は気が付いた。だが腕はもがれて血がしたたり、今にも死にそうになっている事にも同時に気がついて、叫んだ。




その叫び声を聞いた河上万斎は「自尊心の強い自己顕示欲の塊、それを刺激し利用する事は容易でござる。思わく通り、真選組同士争って、戦力を削ってくれたわ。あの男らしい死に方でござろう、裏切者は裏切りによって消える」

死に損なっていた伊東に、高杉の部下のヘリから銃弾が撃ち込まれたことで、伊東はやっと、自分が高杉に利用され、消されようとしている事に気がついた。
だが、伊東は死ぬわけにいかなかった。銃弾を避ける為、宙づりの列車から飛び降りた。
(やめてくれ、僕はこんな所で死ぬ男じゃない、もっと出来る男なんだ・・・もっと・・)


---------------------
伊東が命の危険に際して思い出される走馬燈は、幼き日々だった。
両親は、病弱の兄鷹久につきっきりで、次男の鴨太郎の事を見てはくれなかった。
幼き鴨太郎は、親に見てもらうため、振り向いてもらう為、勉強も剣術も何もかも必死になって良い成績を収めたが、努力努力しても、なお、親は自分の存在を見る事さえしてくれなかった。

ある日、鴨太郎は聞いてしまう。親の会話を。
「私のおなかにいる時に、鴨太郎が鷹久の全てを奪いとったのね、あんな子、産まれてこなければ良かったのに・・・、鷹久が可哀想」



こんな頑張っているのに、僕は何も悪くないのに、僕を見て、僕を褒めて、僕を一人にしないで、隣にいて、僕の隣でこの手を握ってくれさえすれば・・・



落下していく伊東の手をしっかと握ったのは、近藤だった。
その近藤の足を、沖田と土方と万事屋達が握って、皆が命がけで伊東1人を助けようとしているのだった。
近藤は伊東の手を掴んだまま謝った。
「謀反を起されるのは大将の罪だ。すまねぇ、俺はアンタの上に立つには足らねェ大将だった。先生、俺ァ・・・兵隊なんかじゃねェ、ただ肩突き合わせて、酒酌み交わす友達としてアンタに居て欲しかったんだ。まだまだアンタに色んなこと、教えてほしかったんだ、先生・・・・。」



その謝罪は、伊東の奥底にいる子供の頃に抑圧され、ねじ曲がってしまった少年鴨太郎に届いた。
孤独を受け入れられず、孤独を人のせいにし、心に壁を立て、満たされない自己顕示欲だけが膨らんでいったあの頃・・・

いつしか忘れていた、本当にほしいものは、もうとっくの昔にそこにあった。


だが、そんな伊東や近藤ら真選組に容赦なく、鬼兵隊のヘリからの銃撃が降り注がれた。
『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 銀魂 19巻-164話「線路で遊... | トップ | 銀魂 19巻-166話「大切なも... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (伊東鴨太郎)
2019-02-04 00:36:08
伊東好きだったな
特に土方と顔合わせる度にするあの悪顔、最高だった
キャラとしては一番好きだった
そして近藤が良い奴過ぎて泣ける

コメントを投稿

銀魂」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事