まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀魂 17巻 140話「ゴミの分別回収にご協力下さい」(からくりおたま-1)

2016年07月17日 | 銀魂




大江戸公共広告機構のゴミの分別回収促進のCMは、ホラー調でなんとも恐いものだった。
ゴミの分別をちゃんとしないと、見てますよ!という内容である。



そのCMを見た銀時は、燃えないゴミの日なのにジャンプを出してしまった事を思い出して、夜中、神楽を誘ってジャンプの回収に向かった。銀時は恐かったのだ。いや、恐いとかでなく、あの、アレだ、ジャンプに混じって大切な本も捨ててしまったから回収に来ただけだ、だから恐いわけじゃないが、誰か側についてててほしかっただけだった。

だが神楽は冷酷にも銀時を置いて帰ろうとするので、銀時は勇気を振り絞って、ジャンプを回収した・・・その時だった、
生首の女と目が合ったのは。そこで気絶した銀時に、その後の記憶はなかった。



朝、銀時が目を覚ますと、神楽があの生首を持ち帰っていた。

慌てふためく銀時に、新八が「これは今人気の機械(カラクリ)家政婦の悦子ちゃんですよ」と教えて、やっと落ち着いた。
その人気高額機械製品が手に入ったので、機械技師の平賀源外の店に持ち込んで修理を依頼したが、結局金がないので修理は断られてしまった。



持ち帰った生首悦子ちゃんの、額にあるほくろを押すと、首だけで機動して喋りだした。
どうも以前のデータは消去されてしまったらしく、使い道を思案している時だった、テレビのニュースでこの「首だけ悦子ちゃん」の事が報道されていた。

なんでも、機械(からくり)の権威と呼ばれ、人気商品「機械(カラクリ)家政婦」の開発者である林流山先生が殺害され、容疑者として秘書のカラクリ人形「芙蓉・伊-零号試作型」の捜索がなされているのだと言う。




『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 銀魂 139訓「合コンは始まる... | トップ | 銀魂 141話「人生にセーブポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銀魂」カテゴリの最新記事