まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

進撃の巨人 20巻 82話-1 「勇者---アルミンの作戦」

2016年11月15日 | 進撃の巨人



【シガンシナ区】

シガンシナ区では、僅かに残った104期のアルミン、ミカサ、ジャン、コニー、サシャ、そして巨人化して伸びているエレンの6人だけで『超大型巨人』と『鋼の巨人』の2体を相手にせねばならなかった。

先ほどまで威勢よく奮闘していたジャンも、さすがに気力が付きて、エレンを逃がすことに全てを賭ける他ないと思っていた。

敗走の準備に入る事をアルミンに伝えるが、アルミンはじっと『超大型巨人』を見つめたまま「痩せてる・・・」とつぶやいた。
振り返ったアルミンの目には、光が戻っていた。
「超大型巨人が少し細くなってる。ハンジさんの言った通りだ!!やっぱり『超大型巨人』は消耗戦に弱い。
エレンの実験を思い出して。続けて巨人化できるのは3回まで。全身を硬質化できるのは2回が限度。
限度を越えた後は、力が先細りするだけで、有効な力は発揮できなかった。
15メートル級でそれなら、60メートル級ではもっと効率が悪いはずだ。
熱風を出す攻撃は、多分骨格以外のすべての肉を消費する事で、熱を生み出していたんだ。
筋繊維を失った後は、もうそこから動けない、ただの巨大な骸骨だ。」


ジャンとミカサにはその説明がよくわからなかった。ただ、アルミンの頭脳が復活した事だけがわかった。
「つまり、なんだよ?」


「作戦がある。みんなでライナーを引き付けてくれ。ベルトルトは僕とエレンで倒す!僕達二人で勝ってみせるから」

ミカサは立ち上がって「わかった。ライナーは私達に任せて」と応えた。
ジャンは「遅ぇよバカ・・・本当にもうダメかと思ったぞ・・」と声をかけてから、アルミンと別れた。
たった二人で『超大型巨人』を倒せるなんて想像もつかない、だけど、ミカサとジャンはアルミンを信じた。



アルミンはまず、エレンの元に飛んで、失神しているエレンを起した。

この自分で考えた作戦が上手くいけば、僕は・・・もう・・海を見には行けないな。
そう思うと、刃を持つ手がガタガタと震えた。
だけど、エレンの声が聞こえる。
エレンはここに来る時言っていた。「オレは自由を取り返すためなら力が沸いてくるんだ」と。
アルミンはエレンの真似をして「僕はなぜか、外の世界の事を考えると勇気が沸いてくるんだ」と口に出すと、不思議に震えが止まった。

手の震えが止まった瞬間、アルミンは手にした刃をエレンの巨人の喉元に突き刺した。
アルミンにはエレンがどこに居るのかは、わかる。
「エレン!起きろ!海を見に行くよ!」
エレンは目を覚まし、アルミンはエレンに作戦を伝えた。
「あとは全て実行に移し、ベルトルトを騙すことが出来れば、この勝負、僕達の勝ちだ」



ミカサとジャンの方も、コニーとサシャにアルミンの作戦を伝えていた。
詳しいことはわからない。ただ、二人を信じて、二人がベルトルトを撃つために、自分達はライナーをベルトルトから遠ざけることに集中する。










コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 進撃の巨人 20巻 81話 「... | トップ | 亜人ちゃんは語りたい (漫... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-19 04:33:43
一気に読ませてもらいました!
続きは書かないのでしょうか(><)??

コメントを投稿

進撃の巨人」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事