まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀魂 3巻 19訓「アイドルだってほぼお前らと同じ・・・」

2016年07月03日 | 銀魂
19訓 「アイドルだってほぼお前らと同じことやってんだよ」

新八は、寺門通親衛隊隊長である。
親衛隊達にとって、今回の寺門通と、人気アイドルグループ「反侍ハンサム」のリーダー
GOEMONとの熱愛報道はショックの限りであり、隊長志村新八は廃人同然となっていた。





そんな新八のもと、いや、銀さんの元に寺門通本人が依頼に来た。




熱愛スキャンダル以降、「男と別れろ、さもなくば殺すトロベレー」と書かれた脅迫文が届き、怖くなった通が刑務所の親父に相談したところ、万事屋の銀さんに頼めとのアドバイスがあったらしい。

神楽が「男と別れりゃいいじゃん!」と言うが、お通はそれを嫌がった。彼は芸能界で唯一優しくしてくれたヒトだからと。

そこで新八が立ち上がった。 「この志村新八、命に代えてもお通ちゃんを護ってみせる!!」



だが、好きな女性の恋愛を見守るのは、ファンにとって辛いものである。
GOEMONとお通ちゃんの密会に付き添った新八の落ち込みに、銀さんは「ばかな奴だな」と言った。


バカな事だって事は、新八が一番よくわかっていた。だけどお通ちゃんに恩返ししたい気持ちの方が勝っていた。
新八が銀さんと出会う前、何をしてもダメで、何もかもが嫌になって全部投げ出したくなった時、街角で客なんて誰一人いないのに、一生懸命歌うお通ちゃんを見かけた新八は、自分でもなぜだかわからないけど、なんか涙が出てきた。お通ちゃんに元気を貰っていた。



「何でもいいんです。出来る事があるなら、あの時の恩返しがしたいんです。こんな事しか出来ないけど、何かしてあげたいんです」そう言った新八の目はまっすぐだったから、銀さんははもうそれ以上何も言わなかった。




その銀さんは、大人気ドラマ『渡る世間は鬼しかいねェチクショー』のピン子がいたと聞きつけて走って行ってしまった。

残された新八は一人、トイレに入ると、奥の個室から何やら聞き覚えのある声が聞こえてきた。その声はGOEMONで、女遊びの1人のつもりだったお通がスキャンダルになっても別れようとしない事に業をにやして、脅迫文を送りつけているとの内容だった。


怒りに震えた新八は、GOEMONに剣を振り下ろそうとした時、その刀を止める人がいた。銀さんだった。アイドルGOEMONは新八の強襲にびびって漏らしていた。そうそれで充分だ。




お通はこの事実を新八から聞き、落ち込んだが涙は流さなかった。
新八がお通に声をかけようとした時、親衛隊の隊員達が駆け付けて来た。
「悪いけど僕達みんなしつこいから、ちょっとやそっとのスキャンダルじゃファンは辞めないよ」
お通は、ポロリと涙をこぼした。




『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 銀魂 3巻 18訓「男ならとり... | トップ | 銀魂 3巻 20訓「飼い主とペ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイ それまぁでエよォ~ (名無しがなんぼのもんじゃい)
2018-08-24 22:09:09
植木等じゃねぇかww
ハイ それまぁでエよォ~ (名無しがなんぼのもんじゃい)
2018-08-24 22:09:10
植木等じゃねぇかww

コメントを投稿

銀魂」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事