まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【カラダ探し】など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花より男子 57話「道明寺、NYを発つ」

2016年08月28日 | 花より男子
道明寺がニューヨークへ発ってから、ぼーとするつくしを、金さんは威勢よく元気づけてくれて、
その流れで、日曜日に遊びに連れて行ってくれると言う。



日曜日当日、つくしがお出かけの準備をしているのに気付いたママが、道明寺とのデートとカン違いして、おめかしをさせられてしまった。

待ち合わせで、つくしを見た金さんは、いつものつくしと違って女の子らしいスタイルに驚いて、少し照れたように横を向いた。



そういうつくしも、いつも江戸時代のような金さんと、今日の金さんが違っていてドキリとした。



なんか、これってデートみたい、と思うと少し照れてしまいそうになったが、金さんは、つくしを自分が生まれ育った浅草の町に連れて行ってくれて、つくしが笑顔になるように楽しませてくれた。つくしは、すっかり道明寺の事を忘れて、はしゃいだ。







その頃、つくしを諦めてアメリカまで来た道明寺だったが、思い出すのはつくしの事ばかり。
ぼーとしている間に姉とはぐれ、道に迷い、英語もわからず、なりゆきでニューヨークのレゲエ達と街角で踊るハメに陥っていた。
踊りながら、ふと目に飛び込んできたのは、マガジンスタンドで売っている「TIME誌」の表紙。そこに写っていたのは、つくしのバイト先にいて、自分に啖呵を切ってきた男の顔だった。
そこには、Japanese Young VIPとして紹介されてあった。




道明寺は「あ・・んのやろうっ!!こんな所で踊ってる場合じゃねえっっ!!!」と日本行きの飛行機に飛び乗っていた。 

コメント