mumeisouの《 雑記帳 》

折にふれて、出来事や所感を記述。

(H.P-url- http://mumeisou.com/ もどうぞ。)

「回復パーティション」で右往左往。・・・「仮想ハードディスク(VHD)」を試してみた。

2018年06月02日 | 雑文

現在使用中のプリンターは、少し古めのため、残念ながらウインドウズ10では動作しません。そこで、ウィンドウズ8.1との “デュアルブート” にして、プリント作業がある時はウインドウズ8.1の方を起動して、こちらで作業するようにしています。

所で、メインのウインドウズ10の方の問題なのですが、既定では必要なパーティション構成として、
---------------------------------------------------
1)EFIパーティション ( 100MB )
2)MS予約パーティション ( 16MB )
3)ウインドウズ10(OS)パーティション
4)回復パーティション ( 450MB )
---------------------------------------------------
の4つのパーティションが必要とされています。

ここで問題になるのが「回復パーティション」なのです。マイクロソフトの推奨構成では「4番目」に置かれるようになっていますが、新しいハードディスクに普通にインストールすると、回復パーティションの場所が「1番目」になってしまいます。この配置ですと、ウインドウズの動作自体には何も問題は無いのですが、「年2回の大型アップデート」が曲者なのです。

回復パーティションの内容が増加して容量が不足すると、「ウインドウズ(OS)パーティション」のすぐ後ろに必要なサイズの新しい回復パーティションが自動的に作られます。その次の大型アップデートでも容量が足りなくなると、また新しい回復パーティションが自動的に作られます。

このようにして「回復パーティションの増殖」が行われた結果、私のデスクトップ型PCはつぎのような構成になっていました。
----------------------------------------------------
1)回復パーティション ( 450MB )
2)EFIパーティション ( 100MB )
3)MS予約パーティション ( 16MB )
4)ウインドウズ10(OS)パーティション
5)回復パーティション ( 780MB )
6)回復パーティション ( 500MB )
7)ウインドウズ8.1(OS)パーティション
8)データパーティション(D)
----------------------------------------------------

この問題の可決策をネットで調べて見ましたら、回復パーティション」の「必要最大容量」は1GBで、この容量が確保されていれば、増殖は起こらないらしいと分かりました。また、“最新の回復パーティション” 以外の古いものは削除しても問題ないことも分かりました。

早速、「ディスク編集ソフト」を利用してパーティション構成を “望ましい” 構成に変更しました。再起動の結果、ウインドウズ10の動作は全く問題無く、やれやれ一件落着と思ったのでが、落とし穴がありました。
「EFIパーティション」の位置が変更されたため、相対位置関係がずれてウインドウズ8.1が起動しなくなったのです!。「デュアルブート」の再構築は大変に手間がかかるので頭を抱えました。

そこで考えたのが「VHD(仮想ハードディスク)」の利用でした。 現在ウインドウズ8.1で利用している機能は、幸いにプリンターの操作だけです。インストールの手間は大したことはありません。

データパーティション(D:)は余裕があるので、ここにフォルダー「VHD」を新設します。
「ディスクの管理」を開いて「DISK 0」 を選択し、「操作」メニューの 「VHDの作成」 から 「Win-8.1.vhd」 を作成。ウインドウズ8.1のインストールディスクでPCを起動し、「Shift + F10」 でコマンドを起動して、VHDファイルを “attach” してドライブとして表示させ、ここにウインドウズ8.1を通常通りにインストール。

再起動すると、今インストールしたウインドウズ8.1が 「既定のOS」 として上位になった 「ブートメニュー」 が表示され、「Enter」 するとウインドウズ8.1が正常に起動しました。ずっと昔に「仮想化PCソフト」を利用してデュアルブートを実現したことがありますが、これと比較してはるかに快適にキビキビと動いてくれます。今後とも利用価値は大有りです。


「msconfig」を起動して「ブート」タブでウインドウズ10の方を 「既定のOS」 に指定変更すれば今まで通りの使い勝手になります。面白いのは、ウインドウズ8.1のアイコンには、「VHD」 が明示されていることです。( 左の写真を参照 )。

この後、プリンターをインストールして正常に動作することを確認しました。今回使用したウインドウズ8.1のインストールファイルは、最新バージョンを指定してダウンロードしたものですが、念のためアップデートして見たら、何と件数が150件もあって驚きました。正真の最新バージョンが提示されているわけではないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PCの「トリプル・ブート」に挑戦。

2015年12月18日 | 雑文

現在も使用中の古いPC周辺機器は、古いOS(WINDOWS‐XP)でないと動作しないものがありますので、WINDOWS‐XPはまだ捨てるわけには行かず、デスクトップ・パソコンはWINDOWS‐8.1とXPの「デュアルブート」にして使用していましたが、7月末に新しくWINDOWS‐10が出ましたので、WINDOWS‐8.1の方を10にアップグレードしました。

ところが、現在使用中のプリンターが 8.1 までの古い方のOSでしか動作しません。ただ、WINDOWS‐10は一度 無償アップグレードすれば認証されて、以後ずっと使い続けることが出来、その後ほかのOSに入れ替えても認証は有効なままです。
 そこで、システム・バックアップしてある2つのOS(Win‐10 と Win‐8.1)を「リカバリー」で入れ替えながら、プリンターも使用するという「苦肉の策」を実行していました。

しかし、「リカバリー」には15分前後の時間はかかるし、新しい「アップデート」が出れば実施する必要もあり、手間がかかってついに ”音を上げ ”ました。
 そこで考えたのが、Win‐10、Win‐8.1、Win‐XPの3つのOSを「トリプル・ブート」にすることです。

まず、「Win‐8.1、Win‐XP」の2つのOSの「デュアルブート」のベースに、「WIN‐10」をクリーンインストールするパーティションを増設しました。次はマイクロソフトからインストール用の最新の「isoファイル」をダウンロードして、DVDに焼き付けました。更に「クリーンインストール」なので、後で「システムボード用のドライバ」をインストールする必要があります。この為の「ドライバ・バックアップ」も作成しました。これで準備完了です。

普通のデュアルブートの場合は、古い方のOSが実行されている上から、新しいOSのディスクを読み込ませればよいので、今回も「Win‐8.1」を起動して、その上に「Win‐10・インストール・ディスク」を読み込ませる方法をとりました。
 普通ならば「インストール・パーティション」を指定する画面が出てくるのですが、いきなり「アップグレード」の画面に入ってしまいました。やむを得ず「キャンセル」にして脱出し、PCを一旦終了してから、改めて「OSのブート」より前に「Win‐10・インストール・ディスク」を開くように変更したら、無事に「パーティションの選択画面」が出現して「クリーンインストール」が始まりました。

所が、途中で「引き継ぐデータを選択する」画面が出て来ました。この事から見ると、このインストール用ファイルはクリーンインストール専用のものでは無く、アップグレードと兼用らしいです。「引き継ぎ無し」に設定して続行して無事にインストールが完了し、「システムボード・ドライバ」をインストールして完成です。

再起動してみたら、左の写真のように、にぎやかな「ブートメニュー」が出て来ました。OSはどれでも自由に選択できます。
これで面倒な「リカバリーによる切り替え」から解放されます。クリーンインストールした「Win‐10」は動作機敏で、アップグレードしたものより起動もアプリケーションの動作も軽快で、気に入りました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WINDOWS10アップグレード実施してみました。

2015年08月24日 | 雑文

毎年のことですが、8月は山野草の花が少なくて、メインのHPも更新のネタ切れで開店休業状態ですので、HPのモデルチェンジをしたり、パソコンの手入れに時間を費やすのが通例になっています。 今年は新しいOSであるWindows10の正式提供開始が7月29日で、同時にクリーンインストール用のisoファイルも提供される、とのことでしたので、7月30日に調べて見たら、「メディア作成ツール」を利用すれば、「アップグレードインストール」と「クリーンインストール用のメディア作成」が可能になっていました。

当方には「デスクトップ・Windows8.1」と「ノート・Windows7」の2台があり、どちらも「予約申し込み済」ですが、まだ「提供開始」の通知は来ていません。「ノート」の方はしばらく待つとして、「デスクトップ」はWindows8.1にアップグレードする時に全面的に中身を改装してあり、Windows10の動作に十分な性能になっていますので、取りあえず「デスクトップ」の方を「強制的」にアップグレードして見ました。

「64ビット用」の「メディア作成ツール」を開くと、「アップグレード開始」と「インストール用メディア作成」の両方がありますので、「アップグレード」の方を選択して「OK」して、手順通りに進むと、特に操作することは何もなく、数回の再起動を経て「Windows10」が開きます。終了まで約2時間かかりました。

動かしてみて、気に入ったのは動作が速いことで、キビキビした動作は快適です。
気にいらなかったのは、
  (1)これは初めからわかっていたことですが、プリンターが古いので動作対象外になったこと。
  (2)「設定」→「アプリと機能」を見ると、インストールしてあったアプリは殆ど全部が引き継がれて
    いましたが、完全に動作しているのにも関わらず、「利用不可」になっているアプリが全体の
      1/3くらいもあったことです。現実とかなりの違いがあります。
  (3)「ウインドウズ・アップデート」が「自動」だけになり、方法の選択の余地が無くなったこと。

アップグレードしてから20日以上経過しましたが、今のところ「異常」なく動いています。ただ、このOSはまだ完成の域に達していないようで、頻繁にアップデートが入って来ます。慌ててアップグレードせずに、せめてあと2~3か月待ってからの方が安定していて安心かも知れません。

このあと、レノボ・TinkPadのノートPCも「アップグレード提供開始」の通知が来ましたので、通常の方法でアップグレードしましたが、こちらも今のところ異常なく動いています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転送エラー問題が解決!

2015年06月15日 | 雑文

100KBを超えるサイズの画像ファイルをFTPソフトを使ってアップロードすると、
--------------------------------------------------------
「~がアップロードできませんでした」
「450 Transfer aborted. Link to file server lost」
--------------------------------------------------------
というエラーログが出て、転送が途中でストップするので困っていました。(6月6日の記事を参照。)

OSがWindows7のPCでテストしても、暗号化接続だとやはり転送が失敗します。別のサーバーに変えても、転送ソフトを変えても、同じ現象が発生します。

以上のことから考えてみると、原因は「パソコン(OS)」、「転送ソフト」、「サーバー」にあるのでは無く、「暗号化したファイルを発信」 → 「サーバーで受信して復号」の間のどこかでデータの損失が起きているらしい、ということになります。

こうなると、自分の乏しい知識では、残念ながらどうしようもありませんので、WEB通信を司っているプロバイダー(現在はぷらら)に問い合わせました。暫く待つとメールで返事が来ました。それによると、契約時のオプションのセキュリティ機能で、「ネットバリア・ベーシック」というのが有り、私もこれに加入していました。8年も前のことなので、すっかり忘れていました。有害サイトのブロックとか、Winnyフィルタとか、色々ある中に「パケットフィルタ」というのがあって、これがファイルの送受信などに制限をかけているようでした。

そこで、この「パケット・フィルタ」の設定レベルを1段階低く設定しなおして、問題の「100KBを超えるサイズの画像ファイル」をテスト送信して見たら、全くエラーは出ず、正常にアップロード出来ました。万歳!!問題は一挙解決です。今回も「大山鳴動して鼠一匹」でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転送ソフトで苦労する。

2015年06月06日 | 雑文

今、スライドショーの作成について、各種の作成用ソフトのテストをしています。Webページでの表示テストのために、手持ちのテストサイトにアップロードしていますが、サーバーによってはアップロードに失敗するので、苦労します。

現在、利用可能なサーバーは、「geocities」「plala」「Lolipop」「sakura」ですが、私のメインのHP(河内長野・四季の山野草)を「sakura」に移転しましたので「Lolipop」が空いています。ここに「Hi Slider」というソフトで作成したスライドショーを、このところ常用している「WinSCP」でアップロードしたのですが、画像ファイルの中に途中までしかアップロード出来ないものが有ります。ブラウザーで開いて見ると、画像が上半分しか表示されず、明らかな転送失敗です。

メインのHPでは定期的に、新着写真への切り替え作業をしていますが、こんな失敗は今までありません。原因について考えてみたら、メインのHPで使用している写真のファイルサイズは、すべて50KB前後ですが、スライドショーの画像ファイルは、作成ソフトで解像度がアップされて保存されているため、ファイルサイズが100KBを超えているものがあり、これが転送失敗していました。

この画像ファイルはその後、何回再転送しても失敗のままでした。念の為に転送ソフトをFFFTPに変えてアップロードして見ましたが結果は同じでした。転送ソフトの設定を見直して変更しても、結果は好転しませんでした。

ところが、サーバーを「geocities」に変更して、FFFTPでアップロードしてみたら、無事に転送完了して、スライドショーも正常に表示されています。
「sakura」も試してみたら、同じ条件でも転送失敗でした。「sakura」のサポートに問い合わせもして見ましたが、ファイルサイズの制限はしていないという返事でした。

更に、「Plala」も試して見たら、何事もなく無事に転送完了して、スライドショーも正常表示です。「OK」だった「geocities」「Plala」と、「NO」だった「sakura」「Lolipop」の差は何なのか考えて見たら、接続時の「暗号化」のようです。

FFFTPは最初にそのサーバーに接続する時に、暗号化が可能な場合は暗号化するか否かを聞いて来ます。普通は暗号化する方を選択しますので、「sakura」と「Lolipop」は暗号化(SSL)されています。しかし、「geocities」と「Plala」は暗号化が非対応らしく、最初から「非暗号化」で接続され、その後もずっとそのままです。

そういえば、数年前にFFFTPがガンブラー・ウイルスの標的になったことがあり、この時にFFFTPがマスターパスワード付きにバージョンアップされました。これ以来、接続が途中で切断されたり、転送が失敗するケースが多発して、その記事がグーグルを賑わしていたことがありました。
その当時、私も途中切断には悩まされて、WinSCPに乗り換えたのでした。

これからも、大サイズのファイルのことを考えたら、マスターパスワードはともかく、暗号化接続は避けた方が手間がかからないで良いかも知れません。しかし、暗号化するとサイズの大きいファイルで転送ミスが起こるというのは、理解に苦しみます。どなたかこの辺の事情をよくご存じの方が居られましたらお教え頂きたいと思っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加