barayuka雑記

時々立ち寄る場所

大嫌い

2018-07-10 20:49:58 | 断片
大嫌いって言う

目をそらすあなたに大嫌い

何も言ってくれなかったあなたに大嫌い

助けてくれなかったあなたに大嫌い

会いたいあなたに大嫌い

そこにいてほしくて今会えないから大嫌い

拒絶されるのが怖いから大嫌い

二度と傷つきたくないから大嫌い

大好きなあなたが大嫌い
コメント

シュークリーム(俯く顔②)

2018-07-10 10:15:27 | 断片
歪んだ私の心があなたにそんな顔をさせる。だから私はその反応に存在意義を見出してしまったということでいいだろうか?

シュークリームが潰れて、中のクリームがはみ出してしまって、潰れてもシュークリームだけど、潰れた人は、社会では潰れたシュークリームほども愛されない。潰れても、そこに私がいるんだと信じる私は、あなたに潰れた私しか見せられない。

一方で、シュークリームたる誇りが、あの人から自分自身を遠ざけようとするの。あなたの前にいるならせめて完璧に綺麗に膨らんでラッピングされた、完璧なシュークリームでいたいのだ。

私があなたから得た優しさは、私に向けられた痛々しい眼差しだった。

シュークリーム工場では出荷の出来ないシュークリームとされた私はあなたを憎むけど、決して嫌いになれなかった。私自身がどこかで私は完璧なシュークリームではないとわかっているから。
コメント

俯く顔

2018-07-10 09:45:29 | 断片
自分の中に、あの人の俯く顔のイメージがあって、何度も思い出してしまう。

なんでこっちを見てくれないんだろうとか、どんな気持ちなんだろうとか、何の痛みを感じてるんだろうとか、どっちかいうと支配欲で、声をかけてもらえるような魅力もない力もない、そういう自分に対する苛立ちとか、傷つきとか、憎しみとか。

憎しみと、あの人の俯く顔はきっとセットで、力づくで話させても意味なんかないのに、私が感じるの磁力ほどそういうものが、何か必要な気がして、自分の中から消せない。

繊細さが好き。

わがままとか、子供みたいなことを言って困らせたい。賢いあなたにわかりましたって軽くいなされるだけでもそれでもいいから。

触れなくてもいいから、そう言ってほしい。

馬鹿な私に、最低限の返事や反応をしてほしい。

使い潰してなくなってしまわないように、私は用事がない限り、あなたには決して話しかけないから。
コメント