barayuka雑記

時々立ち寄る場所

悪意

2018-05-11 10:44:35 | 日記
他人の悪意を、嫌われてると知りたくなくて、認めず、気づかないふりをしたことがある。

気づきたくなかった。だから忘れていた。
酷いことをされたのに、そのことを認めたくなかった。そのことを思い出した。

何か理由や誤解があるんだろうと思ってた。でも、悪意だったんじゃないか。
コメント

裏切り

2018-05-10 17:05:51 | 日記
母の言動で裏切られたと思うことが少し前から何度かある。あっちではああ言い、こっちではこう言い、影で貶めるようなことをしてることに気づいてから、信用ができなくなった。そりゃ私だって自分の情けなさはわかってるけど。甘えた私が間違ってたと思うし、信じた自分が悪かったと思う。親戚のおばちゃんや、姉にも私のことを「そういう人」みたいな言い方をして、それを直接母に言っても、そんなことはないと否定するんだけど。目の前でそういう言動をもうしてるし、それなのに言い訳をする母はなんかおかしいのではと思うし。

姉と私のことは対立させておきたらしく、裏で悪口を言われてるのを恐れてるようだ。母が自分の立場をよくしておきたくて、誰かを悪者にしておくことで自分を味方だという風にしたいからという酷いやり方で。

ただの嘘つき。裏切り。出て行きたいのに、力がない。悔しい。
コメント

否認

2018-05-10 15:42:10 | 日記


 

私は摂食障害ではない。むしろ食べ過ぎてしまうからそれはそれで問題だと思うけど、正直拒食だと潔癖さや繊細な感性が女性らしく思えて逆に羨ましく思えてしまう。もちろん当事者は苦しいんだと思う。

食べすぎだと、あからさまにデブと言われたり、蔑まれることになる。かならずしもそうじゃないけど、そういう言葉は当たり前のようにあふれてる。自分を受け入れるためにわざとそういう自分を自虐で貶めたりして、保ても出来てないのに自尊心をそれでも保とうとそういう風にする。私はどちらかというとそういうメンタルに近い。

拒食が成熟拒否という風に書かれていたのは、ああなるほどそういう感じなのかという風に読んでいて思えて、女性性との葛藤は過食のほうがありそうかもと思った。私の場合、そこには見たくないような、直視したくないような、何かに支配されたり抑圧されたり、暴力、モラハラ、そういうものにつながってしまう傷つきや恐怖感がある。それは直視がとても難しい。女性として見られない、見られたことによって起こった見たくない出来事、痛ましい気持ち、女性として見られたいのに、そこにはみじめさがセットになって出てくるつらさ。自分で書いていてもつらい。それこそが自分を貶めてしまうんじゃないかと思ったりもする。

自分自身を受け入れられないのはつらい。自分自身を認められないのはつらい。誰かの目におびえて、逃げ続けてる自分がどこかにいるのかもしれない。でもどこかで、受け入れられたい自分がいる。その悩みをいまだにかかえている。

 

コメント

生きづらさ

2018-05-04 20:21:17 | 日記
今日は実家の田んぼの仕事で苗代があって、参加してきた。

去年の年末、餅つきで、従姉妹たちが来てる前で私はあまりの居づらさに、初めてキレてしまって、キレ方が我ながら半端ないキレ方をしてしまって、それまでずっと親戚内でも大人しく目立たなく、自分も出さなかったし何を考えてるかとか周りには多分わかりにくかった自分がキレたら、もう来なくていい、とか、来るな、とかそういうキレ方になってしまって、なぜそんな風にキレたかというと、自分の存在が従姉妹たちに軽んじられてるように感じたからで、馬鹿にされてる気がして悔しくて、その時の私の判断としては、苦しくなったときにその場を去るだけでは解決しないのではと考えて、黙って我慢したりするより、自分の辛さをわかって欲しい、との気持ちで、自分を出そうとしたのだけど。結果、キレて、周りには責められるし、本当に一斉に責められて、大人しくていい子があっという間にめんどくさい子になってしまった気がして、自分のしたことに罪悪感を感じて、それ以来の集まりで気まずさもあったのだけど。


こんな変な文章しか書けなくて、多分これはわかりにくいとわかってるんだけど、わかりやすく文章を書けるほど自分の中がせいりされてなくて書きながら時系列を遡って思い出したものを書くようなことをしている。


要するに、その気まずい年末以来の親戚が絡む行事。姉夫婦が甥っ子を連れてきて、小さい子が主役になる場で、今だにうまく、自分の主張もできない、居場所を見つけられない大人の私。


罪悪感からか、というより、私もキレたら迷惑な人になるから、ていうか、みんな好きに言ってるんだからどうして私も言ったらダメなの?という逆ギレだったりもするんだけど、嫌われたり憎まれたりすることには慣れてなくて、そういう理由を自ら作ってしまった自分をどこかで許せないし、嫌われても仕方ない、と思ってしまってて、周りにとっては私のことを嫌いになったり邪魔扱いしてもいいという理由を私が与えてしまったことになってて、要するに居心地悪くて、苦しいんだ。


失敗は仕方ないし、自分で自分を責めても辛いだけだから、自分を許すしかないけど、誰も味方になってくれないのは、ずっと自分が大人しく周りの話の聞き役としていい子にしてきた分、とても苦しいものに感じる。でも、だったら、そこは諦めて、自分の場所を探すしかないのかな。


コメント

背中が痛い

2018-05-01 23:05:51 | 日記
ジョブパークの面談の日だった。面談の間隔があいているのと、前回面談行った時、キャリアカウンセラーの人の話の進め方が自分の期待してる感じよりだいぶ早くて、自分の気持ちがついていかず、メールを送って進め方が正直つらくかんじることを伝えて無理だと訴えてしまって。返事なかったけど、気持ち的に気まずさもあり、でも言わないとダメだった感もあり、今日の日にちは覚えてたけどなぜか時間をどこにもメモしてなくて、行けなくて、向こうから電話がかかってきて、その留守電をきいて掛け直して、話をすることができた。

次の日程を、ということになったけど、電話で、今気持ちをきいてもらっていいですか、と言って、正直な気持ちを話した。話はちゃんときいてもらえた。次の予約もとった。でも、やっぱり次までにまた間が少しあるし、このままで大丈夫なのかという気持ちになる。うまく話が噛み合わない部分があって、向こうに何を期待されてるのか、自分がそれを勝手に受け取り間違いしてるかもしれないし、自分の気持ちはやはり言わないといけない。でも、うまく自分でも伝えられなかったり。噛み合わない理由や、違和感の正体がわからなかったり。

人に期待しても仕方ない、という気持ちは、そもそも私は誰にも相談しなかったタイプで、手っ取り早くそうした方がもしかして話は早いのではという気持ちと、でも、こうして背中の痛みがでたりすると、臆病にもなるし、一人でやってまたうまくいかなかったら今度は誰にも助けてもらえないかもしれない、という怖さがあって。

とにかく、痛いのが怖い。

コメント