barayuka雑記

時々立ち寄る場所

あの人たちは何もわかっていない

2018-03-31 04:29:26 | 日記
病院が人を追い出すということ

その人を社会から追放すること



人間不信。どうせやっぱり誰も助けてなんてくれない。

孤独死の未来しか見えない。
コメント

浮き沈み

2018-03-30 10:28:56 | 日記
普段引きこもりなのを色々変えようと思ってやってみたりすると、妙にテンションが上がって、気がついたら疲れてる時ある。あれ?私もしかして躁状態だった?とか…。

今の打開方法わからないから、とりあえず寂しかったりして、若者の間でソフレとかいうのが流行ってるらしい私もなんか寂しいし添い寝してくれる人探そうかなー…とか、別に悪いわけじゃないけど、気がついたらテンション上がってて。

世の中についてけてないこととか、妙に寂しくなって、携帯みんな何使ってるんだろう?とかそういうのも情報交換しないから自分がガラパコス状態で、安く使うにはとか、割引きはとか、色々考えてみたり。

まぁ、そういう時期もあってもいいんだと思うよ、と、少し落ち着いて自分に理解を示す。

みんなどんな髪型してるんだろう。メイクは?髪の色は?口紅を色々試して、ちょっと無駄な買い物して、でも、そういえばやっぱり私は世代でナチュラルメイク流行ったし、ベージュの口紅ってしっくり落ち着くなぁ。でもなんか物足りないかなぁとか、改めて考えたり。

まぁでもそれを披露したり共有する場所がないのがつらいし、それより肝心のことからは現実逃避かな…とか。

色々考える。

でも、何かしようと思える気持ちがあることは大事に思えて少々しんどくても、その火を絶やさないようにしようとか今は思う。
コメント

誰にも理解してもらえなくてつらい

2018-03-29 21:37:48 | 日記
自分の頑張ったことがどんどん消えていく。なかったことのようになっていく。

私が責められることはあっても、私が理解されることはなかった。そのことは多分、どうしようもない暗い穴のようになってる。自分の中で。

さびしい。虚しい。悲しい。
コメント

デスクトップより

2018-03-29 13:30:56 | 日記
水がいっぱいある、とよく自分の内面を表現するけど、今はさらに、その水でおぼれてるかもしれない。
忘れがちになってしまうのだけど、blogは外部から人が読むことができるもので、これだと一応匿名のような形にはなっているのだけど、でも、自分と他者の境目がわからなくなってしまいがちだ。と思う。

人と話す機会が極端に減っている。自分が思っている以上にそのことは自分にとってダメージなはずなのに、自分の中だけで自己完結していたら自分の問題に気づけないというか。

自分が思っている以上に今の自分は病んでると思うのに、誰も指摘してもくれないし、おしえてもくれない。これがおかしいと思うんです、と思って病院にいったとしても、説明できるなら大丈夫と言われてあまりとりあってもらえないことまで想像してしまう。

私は言語化というものにある意味なれているところもあるのは、こういった文章化で、話し言葉にするということに関しては全然人よりできなくて、そういうところでなんか自分に関する評価を誤ってしまうのだろうな。

今の自分がどうやって外の世界とかかわっていくかということに関して、自分を見失っている。

福祉サービスや行政サービス、情報はものすごくたくさんあふれているのに、自分が何を求めてるかがよくわからなくて、中途半端にやっては支援を無駄にしてしまう、そういうところが自分にはあって、わかっているのだけど、自分で自分を責めてしまうときもある。

今日は、パソコンから記事を書いてみた。机に座って書くことでちょっとでも違いがわかりますように。
コメント

アンガーマネジメント

2018-03-22 20:10:47 | 日記
今日は何故かドーンと落ちて朝から鬱。何かがペキッと壊れる瞬間みたいなのがあって、なんとか起きれたのだけど病院に行くことになった。

病院に行ったら代診で、ただでさえ病院変わったばかりなのに、知らない先生。しかもなんとなくあまりいい雰囲気じゃないような…。(好み?)

途中、年末に餅つきで喧嘩した従姉妹と偶然出会い、普通に話せた(謝ったりはできなかったけど)普通かどうかもわからん。問題避けてるだけかな。

病院行ったあと、なぜか急に、怒りの感情がコントロールできなくなって、ソワソワイライラして、アンガーマネジメントについていっぱい調べたりした。解決できるか自信がないのでカウンセリングを急遽予約。アンガーマネジメントの講座も申し込んだ。

でもそれより、多分やることがあって集中してれば少しは忘れられる気がするのに。

居場所を探したい。やること見つけたい。急務。
コメント