barayuka雑記

時々立ち寄る場所

惨め

2017-05-31 06:24:32 | ひとりごと
ズタズタになる


惨めだと言われた言葉が惨めだと思う


相手をそんな気持ちにさせるなんて、最低ね


隠してる気持ちを無理に引きずり出して、先回りして、お前は惨めだと言う


うまく自分を取り扱えないことを誰より一番自分が恥じているのに


惨めを受け入れたら私がその価値観に屈してることになる


勝手にそんなことくらいで傷つきたくなかったのに


傷つく私がいて


憎んでしまう自分までいて


死にたいとか思う自分までいて


私は何も言っていないのに


相手を敬うことすらできない野蛮人ね


見かけは綺麗なのに、完璧そうなのに、礼儀も知らないのね


あなたには私をこんなに傷つける力があって


時に殺すことすら出来るのかもしれなくて


私は負けを認めないといけないのでしょうか


勝ち負けなの?


どうして?


惨めだと思う。


何も知らなかったことが。


こんなに無防備だったことが。


無防備な人間に刃を振るう傍若無人な人間を見抜けなかった自分が。


私はあなたが嫌いです。



コメント

憎んでいる

2017-05-31 04:36:09 | ひとりごと
そうだ、私は憎んでいる


あなたたちも私が嫌いなんでしょう


さっさと、殺しなさいよ


勝った、と私を見下ろして、楽しいですか?


そんな浅ましいことがしたいですか?


人間は残酷だ


自分は耐えられないかもしれない


私はついにひとつになれず


たったひとりで追放までされないといけないのか


誰かたすけて


コメント

壁の向こう

2017-05-30 17:35:38 | ひとりごと
トントントン


あけてください。


壁の向こうにいるあなたは


嘘をついているのね


私を遠ざけるんだね


イライラして、激しい感情をぶつけたい衝動に駆られた


何事もなかったかのようにしないで


嘘が下手な人


こっちを見る菱形の目は嘘をついている時の目


それは優しさなの?


最後に見せた、目を逸らした、罪悪感が映る目の方が


私は好きだった


コメント

自問自答

2017-05-30 12:29:37 | ひとりごと
何度も自問自答する。


何度も行き来する


これでいいのか、間違っているか、どうしたいのか、どうありたいのか


自分には、傷つけてしまった人がいる


そのことを、どうしたらいいのか。


どうありたいのか。


何度も、忘れそうになりながら、振り切れそうになりながら、繋ぎ止め直す。
コメント

生まれ直した時の話

2017-05-30 09:38:49 | 日記
私が産まれたのはちょうど30になる少し前だったと思います。正確には覚えていない。


あ、自分はまだ産まれてなかったんだ、とその時思いました。


天体は魚座に星がたくさん集まっていた、魚座ステリウムの時期だった。


とにかく、訳がわからないくらい毎日泣いていました。自分が水で出来てるのかと思うくらい、半端ない涙を毎日流してました。


それよりもっと前、20代のなかばに、心の葛藤で背中が刃物で切られたようになる症状がでたとき、病院にいって、他にも色んなカウンセリングにいったけど、その中で、ジョブパークにいたカウンセラーさんに、何が辛いか言語化出来ないと言ったら、じゃあ絵だったら描ける?と言われて絵を描いた。


家族のこと、家のことを絵にしてみて、ということで、イメージを描いて見せたら、その時言われたことが、「お母さんの子宮みたいね」ということ。深い谷のようなものを描いて、その底にへばりついているのが自分で、他の人は外に向かって出ていけるのに、自分は表面張力のようなもので底にへばりついて、出て行こうとすると、すごく大変。
その時は、わからなかったけど、まさに私が生まれてなかったんだってことだと思います。


あと、出生時のトラウマを癒すセラピーを受けた時にも、産まれるのがちょっと大変だったみたい、と言われたから、もしかしてそれだったのかもしれない。


何せ、何ヶ月かは泣き続ける時期が続いたと思います。だけど、それがなんなのかわからないから、とりあえず自分が生きていける状態にならなきゃ、とは思うよね。


なので私は、それ以前の経験が、経験としてあんまり役にたってないのかもしれない。


まだ子供です。


でも、子供の時のことも覚えてるので、今の自分がなんなのかという結論は出してなくて、これからどうして生きていくかというと、やっぱり何か心残りなことをしていくんだと思うんです。


コメント